胃腸炎になったら病院にかかって治療するか、自宅で療養して治すのが一般的ですが、
ホメオパシー」という療法を支持する人々は、胃腸炎もホメオパシーで対処するそうです。

その方法はどんなものか、また本当に効くのかどうかなどについて調べました。
それに併せて、巷で噂のヨーグルトの効果についてもお伝えします。

ホメオパシーのおさらい

ホメオパシーが日本でも知られるようになってかなり経つので、きっとご存知の方も多いと思います。

ホメオパシーとは日本語で「同種療法」と呼ばれる医療疑似行為で、
その病気や体調不良を引き起こす原因物質を薄めたものを摂取することで
身体の抵抗力を引き出すという理由に基づいて行われる方法です。

その原因物質の摂取方法は、原因物質になるものを
ごくごく薄く希釈した水を染み込ませた「レメディ」と呼ばれる砂糖粒を口から摂ります。

ただ、このホメオパシー療法には賛否両論あり、根強い支持者がいる一方、
現時点では科学的根拠がないものとして排除するべきという考え方もあるようです。

もちろん、化学的根拠はどうあれそれを使って「良くなった」という人がいるのなら、
その人がホメオパシーを愛用するのは何も悪いことではありません。

ただ、半信半疑で手を出したり、効かないと思っている人に無理にすすめるのは
病気が良くならないどころか、適切な処置を受けずに悪化させることに繋がるためおすすめできません。

胃腸炎に効くの?効くとされているレメディは

胃腸炎とは、胃腸に炎症が起こって下痢嘔吐を起こす病気の総称ですが、
その大半はウイルスや細菌による感染性胃腸炎だと言われています。

この感染性胃腸炎にホメオパシーが効くかと言えば、それはちょっと難しいものがあります。
なぜなら、感染性胃腸炎はその原因となる病原体を排出してしまわなければ完治しないため、
レメディを摂ることで好転するとは考えにくいからです。

それでも「治った」という人がいるのは、レメディには即効性が無いため、
それを飲み続けているうちに身体から病原体が出切って治ったと考えるのが自然です。
ただやはり、それでも「効く」という人がいる以上は、無意味な行為と決めつけることはできません。

ホメオパス(ホメオパシーを行う人)がすすめる胃腸炎に適したレメディは、

Ars.(アーセニカム)
Sanic.(サニキュラアクア)
Cupr.(キュープロム)」などだそうです。

興味がある方は、お近くのホメオパシーに詳しい人に相談してみてはいかがでしょうか。

胃腸炎についてはこちらの記事もご参考に!

LG21ヨーグルトは胃腸炎に効くの?

ところで、「リスクと戦う乳酸菌」というフレーズでおなじみの
「明治LG21」というヨーグルトがありますが、これは胃腸炎に効果があるのでしょうか。

効果があるかないかを一言で答えることはできませんが、
身体に良いものであるのは間違いないので、食べる意義はありそうだということです。

LG21という乳酸菌には既に起こった胃腸炎を劇的に改善させる効果は無いものの、
普段から食べる習慣を付けることで腸内環境が良くなり、感染性胃腸炎に強い身体を作ることはできるようです。

飲むタイプのほうが忙しい朝でも手軽に摂取できますよ(*^^*)

胃腸炎の後には、病院でも下痢で排出されてしまった善玉菌を補うため、
ビオフェルミンが処方されますから、胃腸炎が良くなって何か食べられるようになった時に、ヨーグルトを食べるのも良さそうですね。

市販薬で対処するなら

では、病院にかかる暇が無いという人が胃腸炎を市販薬で対処するには、何を飲めば良いのでしょうか。

菌やウイルスの排出を止めてはいけない感染性の胃腸炎ではなく、
ストレス性暴飲暴食による胃腸炎なら、

やはり王道の「正露丸」、
下痢によく効く「ストッパ」が即効性があります。

また、急激な胃腸の痛みを抑えるためには、「ブスコパンM」がおすすめです。

これは胃腸の炎症を治すのではなく、けいれんを鎮める薬なのでどんな胃腸炎でも効果が出やすいようです。


https://twitter.com/ensnow/status/29350198013
また、お薬とはちょっと違いますが、下痢や嘔吐で失われた水分と電解質を補う経口補水液
排出された善玉菌を補うビオフェルミンも一緒に買って、こまめに飲むと良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
本文中でもお話しした通り、胃腸炎と言えば感染性胃腸炎であることがほとんどで、
その対処法は菌とウイルスを出し切り、体力の回復を待つしかありません。
そのため、病院へ行っても徒労に終わる人も少なくないようです。

確かに、病院で長時間待ち、短時間の診察と整腸剤の処方だけで終わるのはちょっと残念ですよね。

そんな忙しい人こそ市販薬を常備しておいたり、普段から胃腸を壊さない配慮をしてほしいものです。

ヨーグルトはもちろんですが、それ以外の栄養補給睡眠をしっかり摂って、丈夫な身体を作るようにして下さいね。