お腹にくる風邪といわれるものがあります。
風邪症状+胃腸症状があるのでそう言われていると思われます。

正確に診断していくと、
ウイルス性胃腸炎または感染性胃腸炎と呼ばれるものになります。

症状では発熱、咽の痛みがあるので、
「風邪」と称される場合があります。
ですから単なる風邪の治療では改善されません。

<Sponsored Link>

軽くも考えられない胃腸風邪

2015-11-13b

ウイルス性胃腸炎の場合、健康体で増悪しなければ、
身体の外にウイルスが出てしまえば症状の治まってしまいますので、
「暖かくして休んでいれば治るよ」ということになります。

しかし、感染した菌やウイルスによっては
そうばかりいっていられない場合もあります。

また、感染力の強いケースでは感染源が次々と変わり、
一家で治るまでに時間がかかるといった事態に陥ったり、
職場に行けない(感染による出勤停止)と社会的に損失となることもあります。

仕事ができないということになれば、
収入にも影響しますから、「胃腸風邪」と軽く考えることはできませんね。

胃腸風邪にはどんなものが?

胃腸風邪と言われるものには、
ウイルス性のもと細菌性といわれるものがあります。

ウイルス性のものは、ロタウイルス、
ノロウイルス、アデノウイルスなどで主に冬場に見られます。

細菌性のものでは病原性大腸菌、サルモネラ(卵の殻につく)、
腸炎ビブリオ(魚介類につく)、カンピロバクター(加熱不足で発生)などがあります。

原因となるウイルスや細菌で症状に違いはありますが、
共通しているものとして、下痢、吐き気、嘔吐、腹痛、発熱が現れます。

治療法は?

治療法はそのウイルスや菌で違ってきますが多くは対処療法となります。
発熱に対しては解熱剤の投与、水分確保のための補液の点滴等があります。

下痢は体内に入ったウイルスや菌を排出する作用ですから、
単純に下痢を止めれば良いということなりません。
症状に応じて整調剤、吐き気がひどい時は吐き気止めを使用します。

猛威をふるうノロウイルス

排泄物、嘔吐物の中にウイルスは潜んでおり、
あっという間に繁殖して数を増やしていきます。

ですから、看護する場合も排泄物、
嘔吐物の処理、食器など患者の使っていたものの扱い、
患者が使用したトイレや洗面所また手すり、ドアノブなどの扱いを注意しなくてはなりません。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

感染力の強いノロウイルスの場合は特に注意が必要です。
排泄物や嘔吐物を処理する時は、
使い捨てのゴム手袋やビニール手袋を使用するのはもちろん、
使い捨てのエプロン、マスクや目からの感染を防止するため
ゴーグルを使用して作業することが望ましいです。

汚物の処理セットの詳細はこちら


感染を防ぐには

排泄物や嘔吐物が付いたものは原則、
処分してしまうのが良いとされています。

他のものと一緒に洗濯しては、ウイルスを広げてしまいます。
しかし、処分できないものもありますよね。

いろんな殺菌方法に耐えるノロウイルスですが、
85℃以上の熱湯や次亜塩素酸ナトリウムによる消毒に効果があります。

この次亜塩素酸ナトリウムが含まれているものは
ハイターやブリーチという商品名で販売されている漂白剤です。

しかし、ワイドハイターには
次亜塩素酸ナトリウムが含まれていませんので効果がありません。

使用する前に成分を確認しておきましょう。

消毒液の使い方

次亜塩素酸ナトリウムの使い方ですが、
希釈割合(倍率)を正しく使うことが大切です。

使い方で希釈度が違ってきますので説明書をよく見て行うようにします。
また、消毒液を作りおくのではなく、使用時に作るのが良いでしょう。

洗濯に使用する場合は250倍に薄めたもので行います。
水の量が10リットルなら約40㏄。キャップ1杯が20㏄ですから2杯程度となります。

洗濯機のような大量の水が入る場合はその割合で増やしていきます。
50リットルならば200㏄となります。

よく混ぜた、消毒液に洗濯物を30分漬け、
白色の衣類の場合は通常の洗剤を加えて洗濯し漂白が気になる衣類は
いったん消毒液を捨てて洗濯をします。
すすぎは丁寧に2回は行うとよいでしょう。

用心に用心を、持ち運びに注意

2015-11-13c

洗濯のしかたに注意が必要なことはもちろんですが、
洗濯物を持ち運んださいのかごや洗濯機のふたや角に触れているケースがあります。

洗濯が終わったと安心しないで、
次亜塩素酸ナトリウムによる消毒液で触れたと思われるところは必ずふき取るようにしましょう。