急な吐き気や下痢・・・それは胃腸風邪の可能性があります。
胃腸風邪で最も危険なことは、嘔吐物や汚物からの経口感染による二次感染なのです。

ですから、胃腸風邪を予防するためには経口感染による二次感染を防ぐことが大切になってきます。
この記事では胃腸風邪について症状や潜伏期間、対処法に経口感染を予防する方法を詳しく紹介していきます!

<Sponsored Link>

胃腸風邪とはいったいどんな病気?

kaze

胃腸風邪は、正式にはウイルス性胃腸炎と言われています。
胃腸風邪は、主にバイ菌やウイルス、寄生虫などによって起こるのですが、
冬に流行するのはウイルス性のものが多く、
中でもノロウイルスロタウイルスというウイルスによるものが良く知られています。

ロタウイルスは主に子供に胃腸炎を引き起こして白い下痢で有名なのですが、
ノロウイルスは子供だけではなく大人にも胃腸炎を引き起こします。

胃腸風邪の症状や潜伏期間とは?

胃腸風邪の基本的な症状は嘔吐下痢です。しかしながら、
ノロウイルスとロタウイルスでは症状と潜伏期間が違ってくるので紹介していきます。

ノロウイルスの症状と潜伏期間

ノロウイルスの症状は、微熱嘔吐下痢腹痛が起こります。
ノロウイルスの初期症状としては、まずチクチクとお腹が痛み始め、微熱が出ます。
微熱はすぐに下がるようなのですが、腹痛は悪化して嘔吐や下痢の症状があらわれてきます。

お腹の中に食べ物が入っている場合、ほとんど吐いてしまうことが多く、
感染した初日はとにかく吐きまくると思います。
食べてもすぐに吐いてしまうので、吐き気がある場合は
何も食べずに水分をこまめに少しずつ摂るようにしましょう。

そして、吐き気がおさまってくると、次は下痢の症状が現れます。
下痢は水みたいで、とにかく水分が体の外に出されてしまうので、
こまめな水分補給を心がけるようにしましょう。

ノロウイルスの潜伏期間は、だいたい1~2日で、
完治するまでは約1週間ぐらいかかります。
ノロウイルスはとにかくいきなり嘔吐や下痢の症状があらわれるので、
嘔吐物の処理などで経口感染によって二次感染してしまう恐れがあるので気をつけましょう。


ロタウイルスの症状と潜伏期間

ロタウイルスは主に乳幼児が感染し、まずはが出ます。
熱は高熱になることが多く、38度以上の熱が出る場合が多いです。
それから、嘔吐や下痢を繰り返すようになります。
お腹の中に食べ物やミルクがあるときは本当に噴水のようにいきなり吐くようです。

初めの嘔吐がもっともひどく、1日に3~4回は嘔吐すると考えていると良いと思います。

そして、嘔吐の次は下痢が起こります。
下痢は水のような白色の便が続き、脱水症状になりやすいので気を付けなくてはいけません。
嘔吐と下痢によって一気に体の水分が失われてしまうので、
ロタウイルスに感染した場合は嘔吐がおさまるまでそばで様子を見てあげるようにしましょう。

嘔吐している最中に無理に飲ませるとさらに嘔吐して体力を消耗してしまうので、
嘔吐がおさまってからきちんと水分補給を行いましょう。
嘔吐は胃の中が空っぽになったら落ち着くのですが、
下痢の症状はだいたい2~3日続きます。

ロタウイルスの潜伏期間は1~3日ぐらいで、完治するまでは約1週間ぐらいかかります。

胃腸風邪になってしまったらどう対処すればよいの?

胃腸風邪になってしまったら、吐き気がして嘔吐している間は無理に食べようとしないで、
安静にすることが最も大切になってきます。無理に食べてしまった場合、
消化不良を起こしてしまいさらに吐いたり下痢をしたりしてしまうので気を付けましょう。

嘔吐や下痢がおさまってきたら水分補給を行わなくてはいけないのですが、
水分は塩分と糖分の入ったもの(スポーツ飲料など)を少しずつ摂るようにしましょう。
ここで大切なことは、いきなり大量に飲まないということです。
いきなり大量に飲んでしまうと、逆に気持ち悪くなったり、
おなかがぐるぐるして、さらに下痢がひどくなってしまいます。

少量の水分でも吐いてしまう場合は、脱水症状を防ぐために点滴が必要になることもあるので、
その場合は病院へ行ってきちんと対処してもらうようにしましょう。

胃腸風邪を予防するためには経口感染を防ぐことが大切?

o03000200image0019

胃腸風邪で最も危険なことは、嘔吐物や汚物からの経口感染による二次感染です。

よって、胃腸風邪を予防するために経口感染による
二次感染を防ぐために嘔吐物や汚物は直接触らない、嘔吐後はすぐに処理するようにしましょう。

嘔吐物を処理するときには、使い捨ての手袋やマスクを着用するようにしましょう。

そして、経口感染を予防するために処理をした後は
うがい・手洗いを忘れず行うようにして、手を洗うときは
手首まできちんと石鹸で洗い、消毒をするようにしましょう。

また、胃腸風邪のウイルスは非常に強く、嘔吐物が服についてしまった場合は
洗濯をしただけではウイルスを死滅させることはできません。

そこで、洗濯をする前に85度以上のお湯に1分以上漬けておいたり、
塩素系漂白剤を使っての消毒をおススメします。

まとめ

最後になりますが、胃腸風邪を予防するためには経口感染による
二次感染を防ぐことが大切になってきます。

特に子供が胃腸風邪になってしまった場合、
親が嘔吐物や汚物からの経口感染によって
二次感染してしまう恐れが高いので、きちんと予防をしたいものですね。