そろそろ、インフルエンザや風邪を心配しなくてはいけない季節になってきました。

昨季より3週間も早くインフルエンザが流行入りしたといわれる今冬・・・
インフルエンザに感染してしまい、嘔吐や下痢も症状としてあらわれるのでしょうか?

インフルエンとはいったい何かやその特徴、治療法に予防法について紹介していきます!

<Sponsored Link>

インフルエンザとは?

624f0e0d199e2aae435506eee3417665
インフルエンザとは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気のことを言います。
一般的な風邪よりも急に発症し、症状が重いのが特徴です。

インフルエンザに感染してしまうと、1~5日ぐらいの潜伏期間を経て、
38℃以上の高熱や筋肉痛などの全身症状が現れます。
普段から健康な人の場合、その症状は3~7日間ぐらい続いた後、回復へと向かいます。

ただし、気管支炎や肺炎を併発しやすく、脳炎や心不全になる恐れもあるので
重症化しないよう気を付けるようにしましょう。

インフルエンザウイルスの感染力はとても強く、いったん流行してしまうと、
年齢や性別を問わず、多くの人に短期間で感染が広がってしまいます。
日本では毎年11月~4月にかけて流行が見られます。

2009年のに春いわゆる「新型インフルエンザ」が流行したことは、まだ記憶に新しいと思います。

インフルエンザの特徴とは?

インフルエンザの特徴を簡単にまとめて紹介します。

潜伏期間
1~3日ぐらい
感染経路
主に飛沫感染(飛沫・・・くしゃみや咳(せき)などで
唾液や鼻水が小さな水滴となって飛び散ること)
発症
急に38℃以上の高熱が出る
症状
悪寒、頭痛、関節痛、倦怠感などの全身症状、
咳、痰(たん)、 呼吸困難、腹痛、嘔吐や下痢などの胃腸症状など
療養期間
1週間ぐらい

インフルエンザの治療法は?

90cfe6a055c25c5ab3ef6de536dd8595_m

もし、インフルエンザになってしまった場合、どのような治療をすればいいのでしょうか?
インフルエンザの治療法として、一般的な治療法対症療法について紹介していきます。

一般的な治療法

インフルエンザになってしまったら、まずはできるだけ安静にし、
十分な栄養と睡眠を取るようにしましょう。
そして、空気中でのインフルエンザウイルスの活動や感染を抑えるため、
加湿器などで室内の湿度を50~60%に保ちましょう。

また、お茶、スープ、ジュースなど何でもいいので飲みたいものを飲んで水分を十分に補い、
体が脱水状態にならないように気を付けましょう。

対症療法

インフルエンザに感染してしまい病院へ行くと、
インフルエンザの症状の発熱や関節痛などに対しては解熱鎮痛薬、
鼻水やくしゃみに抗ヒスタミン薬などが処方されます。

一方、インフルエンザの症状はインフルエンザウイルスに対して
免疫が正常に働いている結果であり、薬で無理に抑えないほうがよいという考え方もあるのです。
よって、市販の薬を自己判断で使用することは、
逆効果になる場合があるのできちんと病院へ行って医師の指示に従うようにしましょう。

※解熱剤については、使用しない方がよいものもあります。
アスピリンなどのサリチル酸解熱鎮痛薬、ジクロフェナクナトリウム、
メフェナム酸が良くないものの代表ですが、決して自己判断はぜず必ず医師に相談しましょう。

インフルエンザの予防法は?

では、インフルエンザに感染しないよう予防するには、
いったいどうしたらいいのでしょうか?

インフルエンザは、ウイルスが存在する空気を吸い込むだけでも感染してしまうため、
効果は限られるのですが、帰宅後すぐのうがい・手洗いは大切なので、欠かさないようにしましょう。

また、マスクはウイルスがマスクの織り目を簡単に通過してしまうため、
あまり大きな効果は期待できなおいですが、
すでにインフルエンザに感染した人がまわりの他の人にうつすことはある程度は避けられますし、
冷たく乾燥した空気からのどや鼻の粘膜を守るのには役立つので着用することをおススメします。

ここからは、日常生活の中で心がけたいことを簡単にまとめて紹介します。

十分な睡眠

睡眠不足からくる疲れやストレスは、風邪に対抗する免疫の働きを弱めてしまうので、
十分な睡眠を取るように心がけましょう。

バランスの良い食事とビタミン補給

栄養バランスの偏りや食べすぎは、体を壊す原因になってしまいます。
お酒の飲みすぎも同じです。

免疫力は体の状態に大きく左右されるものなので、偏食・暴飲・暴食は控えるようにしましょう。

適度な運動

適度な運動は体の調子を整えてくれます。
また、乾布まさつで皮膚を鍛えるのも寒さに対する刺激に強くなるのでおススメです.

極端に厚着、薄着をしない

普段からあまりに厚着をしていると、寒さに対する抵抗力がつかないのです。
とはいっても、無理な薄着は逆効果なので、きちんとそのときの合った服装を心がけるようにしましょう。

うがい、手洗いをする

うがい、手洗いはあらかじめきちんと習慣にしておかなければ、
万全の予防策とはいえません。
「流行り始めてからでいいのではないか」、と思っている間に
感染してしまう場合もあるので、うがい・手洗いは習慣にしておきましょう。

乾燥した場所や人ごみは避ける

インフルエンザウイルスを持っている人のせきやくしゃみの飛沫を
吸い込んで感染してしまうことがよくあります。
とくに空気が乾燥した場所では、空気中に飛び散ったウイルスが
長時間生きているため、感染する確率も高くなってしまうのです。

ですから、なるべく人ごみや乾燥した場所は避けるようにしましょう。

タバコの吸い過ぎに気を付ける

タバコは血管を収縮させ、血液の流れを悪くするだけでなく、
のどや肺に軽い炎症を引き起こし、ウイルスに対する抵抗力を弱めてしまいます。

よって、吸い過ぎには気を付けましょう。
もちろんのことなのですが、インフルエンザに感染してしまったときには絶対禁煙です。

まとめ

最後になりますが、インフルエンザに感染してしまってからでは
とても辛い思いをしなくてはいけないので、
日常生活の中でできる予防をきちんと行い、ウイルスに負けないようにしましょう。

こちらも参考にしてください!