1月になり、インフルエンザが全国的に警報レベルになりました。
そんなインフルエンザの治療薬としてリレンザは有名な薬です。

しかし、治療薬のリレンザは熱が下がらないという悪いという話もあるようで・・・
ここではインフルエンザ治療薬のリレンザで熱が下がらないのはなぜかについて紹介していきます!

<Sponsored Link>

インフルエンザ治療薬のリレンザとは?

21343434

インフルエンザの治療薬としてタミフルはとても良く知られている薬なのですが、
インフルエンザの治療薬には他にもいくつかあります。
その中の1つとして、リレンザという薬があります。

リレンザは、錠剤タイプのタミフルとは違って、吸入器によって服用する薬なのです。

リレンザは世界で最初に開発されたインフルエンザ治療薬であるという歴史があり、
その効果も安定しているのです。
ノイラミニダーゼと呼ばれる酵素に対して、他の細胞への感染や増大を防ぐことができ、
ドライパウダーを非経口経路投与するため、タミフルよりも即効性に優れているというメリットがあるのです。

しかしながら、それとは逆に、リレンザを服用するときに吸入器(ディスクヘラー)を
必ず使わなくてはいけないので、子供や高齢者が服用するには少し手間がかかるということもあり、
年齢を問わず簡単に服用することができるタミフルの発売後は、
使用頻度が減ってきている傾向にあるとされています。

リレンザはタミフルと同じく、インフルエンザA型やB型に効果があるのですが、
ノイラミニダーゼを持たないC型のインフルエンザに対してはあまり効果がない
のです。

また、リレンザを服用するタイミングとしてはインフルエンザウイルスに感染してから
48時間以内に服用することでより高い効果を得ることができるようなのですが、
それ以降の服用ではほとんど効果が確立されていません。

吸入器(ディスクヘラー)を用いたリレンザの使用方法は少し難しいので、
必ず使用方法を確認した上で服用するように心がけましょう。

インフルエンザ治療薬リレンザの作用とは?

インフルエンザウイルスは呼吸とともに鼻やのどに吸い込まれ、気道(肺までの空気の通り道)で増えます。

リレンザは粉状の薬を吸入するタイプの薬なので、ウイルスが増殖する気道に直接作用し、
吸入してから1分後にはウイルスの増殖を抑制しはじめてくれます。
粉上の薬と聞くと苦いというイメージがあるのですが、
リレンザはほんのりとした甘さの広がるのが特徴の薬です。

リレンザの治療用としての作用

A型やB型のインフルエンザウイルスの感染拡大を阻止します。
インフルエンザウイルスの表面に存在する酵素を阻害することによって、
ウイルスが感染した細胞から遊離するのを防いでくれます。
よって、インフルエンザウイルスが体内で増えるのを抑制し、症状を素早く改善してくれる働きがあります。

リレンザの予防用としての作用

A型やB型インフルエンザウイルスの感染を予防してくれます。
インフルエンザウイルスの表面に存在する酵素を阻害することで、
ウイルスが感染した細胞から遊離、増殖することを防いでくれるので
インフルエンザの発症を防いでくれます。

インフルエンザ治療薬のリレンザで熱が下がらないのはなぜ?

a90297bd5c7b9b553aede3f911d93561

インフルエンザ治療薬のリレンザはなかなか熱が下がらない
という声もあるようなのですが、いったいなぜなのでしょうか。

これはリレンザを吸入してすぐに熱が下がったしても、
インフルエンザウイルスはまだ体内の残っている可能性がある
からです。

たとえ熱が下がったとしても、そこで薬の服用をやめてしまうと
再びウイルスが増殖しはじめてしまい熱が上がってしまう恐れがあります。
したがって、リレンザは5日間は服用したほうがよいみたいです。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

インフルエンザをまわりにうつさないためにも、熱が下がっても
2日目ぐらいまでは外出を控える
ようにしましょう。
どうしても外出しなければならない場合は、必ずマスクを装着しましょう。

マスクのお探しはこちら

また、リレンザは吸入するタイプの薬なので体内へはほとんど吸収されないため、
全身への影響は少ないと言われているのですが、まれに副作用として
以下のような症状が出ることも報告されているので、気が付いたらすぐに医師に相談するようにしましょう。

  • 治療用として使用している場合
  • 下痢、発疹、吐き気、嘔吐、嗅覚障害など
  • 口の中やのどの腫れ、動悸、じんましん→アナフィラキシー様症候群
  • 突然の息切れ、ヒューヒューという喘鳴、呼吸しにくい→気管支痙攣・呼吸困難

まとめ

最後になりますが、インフルエンザ治療薬のリレンザは
きちんと服用することで熱は下がるようです。
熱が下がったからといってすぐに服用することをやめず、
きちんと決められた期間は服用するようにしましょう。