なんだか熱っぽい・・・風邪をひいたのかな?もしかしたらインフルエンザかも?
と感じたときには、まずは手洗いとうがいをするようにしましょう。

そしてきちんと睡眠を取ることが大切なのですが、
インフルエンザ予防に最も大切なことは、しっかりと栄養を摂取することなのです。

ここではインフルエンザの症状とインフルエンザの予防に役立つ食事について紹介していきます!

<Sponsored Link>

インフルエンザはいったいどんな症状なの?

2009-1204-2300

まずはインフルエンザの症状はどのようなものなのか紹介します。

発熱

インフルエンザは風邪とは違って、鼻水や咳から始まることはほとんどなく、
急に38度以上の熱と一緒に悪寒だるさを感じた場合はインフルエンザを疑うようにしましょう。
インフルエンザの発熱は2~3日ぐらい、長くて5日ぐらい続きます。
特に子供の場合は一度熱が下がったとしてもまた上がったりすることがあるので要注意です。

また、インフルエンザの場合時間帯を問わず高熱が出るので、
朝から38度以上の熱がある場合はすぐに病院へ診察を受けるようにしましょう。

全身の痛み

インフルエンザの症状として特徴的なのは、関節痛や筋肉痛などの全身の痛みです。
風邪の場合でも発熱した直前直後は関節が痛くなるのですが、
インフルエンザの場合はその状態が長く続き、痛みも強いようです。

鼻水・乾いた咳・のどの痛み

発熱してから鼻水や咳などの症状がでる場合が多いようです。
ただし、風邪とは違い症状があまり長引かず、
熱が下がるのと一緒にこれらの症状も和らいでいきます。
特に子供はのどの痛みがあらわれることが多いので、
喉越しの良い食べやすいもので栄養を摂るようにしてあげましょう。

また、咳や鼻水の中にはインフルエンザウイルスが大量に存在しているので、
まわりに移さないように注意するようにしましょう。

たとえ熱が下がっても1週間以上はインフルエンザウイルスが体内に残っていることは忘れないようにしましょう。

頭痛

発熱による頭痛を伴います。悪化してしまうと、
インフルエンザ脳症を引き起こす恐れもあるので、早めに病院へ行って診察を受けるようにしましょう。

嘔吐・下痢

インフルエンザにはA型・B型などの種類があるのですが、
特にB型に感染すると嘔吐・下痢などの胃腸症状があらわれることが多いようです。

特に小さい子供に起こりやすいので、脱水症状にならないように気をつけましょう。

インフルエンザの潜伏期間とは?

インフルエンザは、風邪とは違い潜伏期間が短いのが特徴です。
短くて24時間後長くても4~5日後に症状があらわれます。
インフルエンザ患者と接触して1週間以内に上記の何らかの症状があらわれて場合には、
インフルエンザを疑うようにしましょう。

インフルエンザウイルスはとても感染力の強いウイルスなので、
簡単にまわりの人に感染させる力を持っています。
流行している時期はまわりに移さないよう、また移されないよう過ごすようにしましょう。

インフルエンザを予防する食事(食べ物)とは?

e0afa8b0

インフルエンザはとても強い感染力を持っていて、
合併症を引き起こす恐れもあるので、きちんと予防してインフルエンザに感染しないようにしたいものです。

インフルエンザの予防法としては、手洗いやうがい人混みを避ける
マスクの着用ワクチンの接種などいろいろとあるのですが、
1番の予防はインフルエンザウイルスを体内に侵入させないということです。

したがって、ウイルスに負けない強い体を普段から作っておくことが大切になってきます。

インフルエンザウイルスを寄せ付けない、免疫力の高い体を作るために
効果的な食事
(食べ物)を紹介していきます。

しょうが

しょうがは風邪の症状を改善させるために良いと言われている食べ物なので、
風邪をひいたらよくしょうがを取り入れた料理を食べると思います。

生姜は様々な食品に含まれていますね。
生姜飴や生姜紅茶、生姜醤油など、取り入れやすい方法を見つけましょう。

やはり飲み物から摂取するのが手軽ですよね(*^^*)

しょうがには発汗作用があり冷え性予防にもおススメで、
このほかにも喘息や胃腸障害の改善、吐き気を抑える作用もあるので
普段からしょうがを毎日の食事に取り入れていれば、強い体を作ることができるでしょう。

レンコン

レンコンには糖質やビタミン、ミネラル、食物繊維などの栄養がたくさん含まれています。
毎日の食事に少しずつ取り入れることで体の免疫力がアップするので、
体内へのインフルエンザウイルスの侵入を防ぐにはぴったりの食べ物です。

山芋

山芋のヌルヌルの成分は、食物繊維とたんぱく質が結合したものです。
人体の器官や消化器、目の粘膜を守る働きがあるので、
インフルエンザウイルスが付着するのを防ぐ効果があります。

ワカメ

ワカメなど海藻に含まれるフコイダンには、免疫を高めたり
インフルエンザウイルスの感染を抑制する作用があると言われています。
フコイダンには癌細胞を自滅させる作用もあるので、
インフルエンザを予防するのに役立つ食べ物と言えるでしょう。

わかめスープはたくさんわかめを摂取しやすいですよね。
しかも、お手頃価格なのが嬉しい( *´艸`)

肉、魚、卵、牛乳

たんぱく質を含んだ食べ物は体の免疫力を高め、ウイルスを排除する効果があります。
よって、病気への抵抗力を高めることができるので、
インフルエンザに限らず風邪をひきにくい体を作ることができます。

たんぱく質は肉や魚、卵、牛乳などに多く含まれています。

緑茶

緑茶の成分であるカテキンには強い抗菌作用や抗ウイルス作用があります。

インフルエンザが流行している時期には、
外から帰宅したら緑茶でうがいをすると予防効果がありますよ。

きのこ

マイタケやしいたけなどのきのこ類には、β―グルテンが豊富に含まれています。
β―グルテンはビタミンCと一緒に摂取することで優れた免疫力アップ効果を発揮するので、
毎日摂取することをおススメします。

まとめ

最後になりますが、インフルエンザウイルスに負けない強い体を作るためには、
やはり栄養バランスの良い食事をきちんと食べることが1番です。

毎日の食事の中に上で紹介した食べ物を意識的に取り入れながら、
抵抗力の強い元気な体を作るようにしましょう。