インフルエンザにかかってしまうと、高熱だけではなく頭痛や筋肉痛、
喉の痛み、関節痛など体中に痛みとだるさを感じます。

夜は横になって目を閉じても頭がズキズキしたりして眠れるものではありません。
インフルエンザによる頭痛を和らげる痛みにはどうすればいいのでしょうか。

ここではインフルエンザによる頭痛の原因や和らげる方法を紹介していきます!

<Sponsored Link>

インフルエンザによる頭痛などの原因は?

e02dac3c9e06f0eafc3caef6dd51c759

インフルエンザにかかったたとき、頭痛関節痛など体の節々が
痛くなるのはインフルエンザウィルスの仕業ではありません。

頭痛や関節痛の原因はプロスタグランジン(PEG2)と呼ばれる分泌物です。

体内にウイルスが入り込むと、白血球のマクロファージから
「ウィルスが来たからウィルスを退治しろ!」というメッセージを
サイトカインと呼ばれる物質を分泌して脳に伝えます。

このサイトカインを分泌するときに一緒に生成されるのがプロスタグランジンなのです。
プロスタグランジンには発熱作用や発痛作用があるので、頭痛や関節痛が起こるのです。

 

インフルエンザによる頭痛の特徴とは?

インフルエンザは症状が風邪と似ているので、
安全にインフルエンザによる頭痛を和らげるためにインフルエンザと
風邪の症状の違い
についてきちんと理解しておかなくてはいけません。

インフルエンザによる頭痛の場合には、特定の成分が含まれている
解熱鎮痛薬を使うとインフルエンザ脳症ライ症候群
引き起こしてしまうリスクが高まるとされています。

したがって、その症状がインフルエンザと風邪のどちらによるものなのかを考え、
症状に合わせた治療方法を実践することが重要になります。

インフルエンザの症状には、以下の特徴があります。

  • 38~40℃程度の急激な発熱
  • 倦怠感
  • 頭痛
  • 筋肉や関節の痛み
  • 目の充血

そして、風邪の症状には、以下の特徴があります。

  • 38℃以下程度の発熱
  • 鼻水、鼻づまり
  • せき
  • 喉の痛み

症状によってきちんとインフルエンザか風邪かを判断し、
インフルエンザの場合にはすぐに病院に行くようにして、
抗インフルエンザウイルス薬を処方してもらい、
適切な治療を始めるようにしましょう。

また、風邪の場合には十分な休息と水分補給、風邪薬を飲んで対処していき、
それでも長引いて改善しないようであれば病院へ行って診察を受けるようにしましょう。

インフルエンザによる頭痛を和らげる方法とは?

1279855350060788200

インフルエンザによる頭痛は、病院で処方された薬を飲みながら、
できるだけ自然に和らぐ(緩和される)ことを待つ」ようにしましょう。

インフルエンザによる頭痛は、インフルエンザウイルスに対する
体本来の拒絶反応であり、頭痛を無理に和らげようとすると、
完治するまでの期間が長引いてしまう恐れがあります。

また、ボルタレンやアスピリンなど特定の解熱剤をインフルエンザにかかっているときに使用すると、
インフルエンザ脳症ライ症候群といった症状を引き起こすリスクが高まると考えられており、
最悪の場合は死に至ることもあるので十分に注意するようにしましょう。

しかしながら、インフルエンザによる頭痛はとても強い場合もあるので、
あまりにも痛みが強い場合には、氷枕などで患部を冷やして痛みを和らげるようにしたり、
病院へ行って相談して頭痛に対する対処方法の指示をもらうようにしましょう。

湯たんぽの容器に氷水を入れるか、水を入れてそのまま凍らすだけで氷枕が簡単にできます。

保温・保冷対応のものであれば、冬はお湯を、夏は水を入れれば冷暖器具になりますね。

まとめ

最後になりますが、インフルエンザによる頭痛を和らげるときは
自己判断で頭痛薬を使わないようにしましょう。

インフルエンザによる頭痛を和らげるためには、
まず風邪とインフルエンザの違いをきちんと理解しておくことが大切です。
症状がインフルエンザであると考えられる場合には、
すぐに病院へ行くようにして、抗インフルエンザウイルス薬を処方してもらうようにしましょう。

そして、頭痛を和らげるために自己判断で頭痛薬解熱鎮痛剤を利用する場合、
思わぬ重大な病気を招く恐れがあるので絶対にやめるようにしましょう。
インフルエンザによるつらい頭痛に悩まされている方は、
ぜひこの記事を参考にしてもらい、1日でも早く元気な毎日を送れるようにしましょう。