インフルエンザに罹った子供が
突然異常行動を行ったりする症状が発症するのが
インフルエンザ脳症の症状の1つです。

インフルエンザ脳症の症状は、起きている時には
痙攣などの形で発症しやすいのですが、
睡眠中には異常行動を起こしやすくなります。

また、睡眠中に突然死を起こしたという報告もあり、
インフルエンザ脳症については厳重な注意が必要となります。

<Sponsored Link>

インフルエンザ脳症とは

2015-08-22b

インフルエンザ脳症とはインフルエンザの合併症の1つで、発症するのは
インフルエンザに罹った8歳以下の子供がその8割以上に上っています。

この事から、主に子供の合併症と言えます。
この合併症は大変危険な合併症で、中枢神経が侵され、様々な異常行動を起こします。

症状が発症して後遺症なく助かった子供は全体の約4割、
後遺症が残った子供が約3割、そして亡くなってしまった子供が約3割となっています。

インフルエンザ脳症の治療は時間との勝負とされていて、
子供の痙攣などの異常に気付いたらなるべく早くお医者さんに駆け込む事が大切です。

この合併症になぜなってしまうのか?という詳しい原因は、
まだはっきりとわかっていないのですが、
一説には解熱剤の使用によって発症するとも言われています。

実際にインフルエンザ脳症に罹っていた人のツイートがありましたが、
とても他人からはうかがい知れない苦労をしたのではないかと感じました。
https://twitter.com/yu_drums_1121/status/627059356626857984
こんなに長い間苦しまなければならないというのは恐ろしいです。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

いきなり症状が現れたときに、
パニックにならず冷静かつ迅速に動くことが大切です。
そのためには基本的な知識を身につけておくとタメになりますよ。

インフルエンザに負けないための基礎知識の詳細はこちら

インフルエンザ脳症で起きる症状

インフルエンザ脳症で恐ろしいのは、中枢神経が侵されるせいか、
発症者が異常行動を起こしてしまう所にもあります。

インフルエンザ脳症の患者は起きている時は
主に痙攣や麻痺、嘔吐や興奮などの異常行動が見られます。

しかし、これが睡眠状態になると、
熱性譫妄(ねつせいせんもう)という症状が起きる事がよくあるのだそうです。

親しい人の判別が出来なくなったり、
幻覚を見たり、うわ言を言ったりするのです。

この症状は主に夜に起き、寝ていて起きた時や寝ている時に発症します。
この合併症を引き起こした場合、
とにかく早く治療を行う必要があるのですが、
完全に治療法が確立している訳ではなく、
対症療法を行いながら効果があるとされる治療を行っていくのが現状のようです。

それでも治療を行えば助かる患者さんがいるのですから、
早い時期に治療を受けさせる事の大切さが分かるでしょう。

⇒インフルエンザにかかってしまい嘔吐や下痢が?治療法は?

インフルエンザワクチンについて

このインフルエンザ脳症について分かっている数少ない事の1つに、
この合併症を起こした患者さんの中に
インフルエンザワクチンを摂取した事のある人はいなかったという事があります。

その為、インフルエンザワクチンの有用性が再び見直されています。
今までは幼児にインフルエンザワクチンを摂取する事についての有用性は
あまり認められていませんでした。

しかし、この事実からワクチンが合併症に対して有用なのではないか?
と推測するお医者さんも多いのも事実です。

インフルエンザワクチンは他のワクチンと安全性においては
変わらないという事なので事前に摂取して危険を避ける事が出来るのなら、これも1つの選択と言えます。

特にインフルエンザ脳症を引き起こしていると思われるインフルエンザが
A香港型と言われるものなので、
このインフルエンザが流行すると予測される時期は
特に警戒して、ワクチン摂取を行った方が良いかもしれません。

薬と病気の関係

2015-08-22c

インフルエンザ脳症を始めとするいくつかの病気は、
治療中に特定の薬を使ったせいではないかとも言われています。


薬というのは人の体に普段とは違う状態を引き起こす成分ですので、
極端に言ってしまえば毒薬を薄めて反応を弱くして薬にしているような感じなのです。

それはそれで上手に使えば
人の体を良い状態にする為に適しているのですが、
やはり状態異常を引き起こすものである事は理解して、
いい加減に使用しないように普段から注意しておく事が大切です。

いざという時には使うように、しかしめったやたらに使うのも不安があるので
出来るかぎり控えめに使っていく事が、
最も効果的な薬の使い方ではないかと思うのです。

但し、その場合は本人の回復力、免疫力頼りになる部分が大きいので、
普段の食生活や生活習慣を健康的に過ごしているかどうかが重要になるのだと思います。

出来ればくれぐれも大切な人には健康に日々を過ごして貰いたいし、
自分自身も健康にずっと過ごしたいものですね。