最近注目の果物、ジャックフルーツ
皆さんは、どんな果物か知っていますか?

このジャックフルーツが身体に良いという噂がありますが、
一体どんな効能や栄養があるのでしょうか。

また、どの部分をどんな食べ方で摂れば良いのかも、気になりますよね。

そこで今回は、ジャックフルーツについて調べてみました。

ジャックフルーツってどんな果物?

2016-12-03b

ジャックフルーツという果物をご存知でしょうか。
まず、こちらの動画を見て、どんな果物か確認して下さい。

大きくて割るのも大変そうですね!

ジャックフルーツは世界最大の果物で、
大きいものだと果実が一個40~50kgにもなります。

東南アジアや南アジア、アフリカ、ブラジルなど
温かい地域で食用を目的に広く栽培されています。

トゲトゲした見た目はあの果物の王様、ドリアンに似ています。

また、ドリアンほどでは無いものの、
近い独特の香りを持つので、初心者は受け付けられないこともあるようです。

でも、慣れるとクセになる味だとも言われています。

健康への効果や栄養価は

美味しさへの評価が高いジャックフルーツですが、
栄養価の方も放ってはおけません。

ジャックフルーツのカロリーは、
100gあたり94kcalとフルーツの中では高めです。
ダイエットの観点ではあまり魅力的ではありませんが、
食料に困った時に、
重要なエネルギー源となり得る果物だと考えられています。

インドあたりでは貧しい人々のための果物として、
とても大切にされているのだとか。

ただカロリーが高いだけでは、
これだけジャックフルーツが注目される理由にはなりません。

ジャックフルーツにはビタミンCを始めとする
抗酸化物質が豊富に含まれていて、
海外セレブの間ではゴジベリーやアムラと並ぶ、
スーパーフルーツと高い評価を受けています。

日本ではまだ入手困難な地域が多いジャックフルーツですが、
これからさらに注目を浴びて、身近なものになるかもしれません。

その他スーパーフードについてはこちら♪

食べる部分、食べ合わせは?

ジャックフルーツは、外側のトゲトゲの部分の内側、
黄色い果肉の部分が主に食べられます。

食べ方は、熟したものを生でそのまま、
もしくはドライフルーツにしたり、
未熟なものを料理に使うのが多いようです。

ジャックフルーツ料理として有名なのは、
ココナツミルクで煮たものやカレーなどです。

上手に料理したジャックフルーツは
お肉のような食感になって、ベジタリアンに好まれるそうです。

また、果肉の中には大きながありますが、
この種の部分も食べられるのです。

煎ったりゆでたりして火を通し、皮をむいて食べると、
ホクホクしてまるで栗のような味がするのだとか。

ところで、ジャックフルーツとお酒を一緒に飲むと良くない、
という噂があります。

見た目が似ているドリアンはお酒との食べ合わせ
血圧が上昇するのでNGと言われていますが、
ジャックフルーツの場合はその根拠は明らかではありません。

また、ジャックフルーツを食べる時は
お水、または何か別な物と一緒に食べるようにとも言われています。
これは、単品で食べると胃腸への負担が強すぎるせいだそうです。

まとめ

2016-12-03c

いかがでしたでしょうか。
日本人にとっては未知のフルーツ、
ジャックフルーツについてお伝えしました。

生の果実は今のところ
入手困難と言われるジャックフルーツですが、
沖縄でのみ栽培されているそうです。


生で食べたい人は是非沖縄へ!と言いたいところですが、
誰もが行けるわけではありませんよね。

そんな人のために、
缶詰やドライフルーツが通販などで手に入るようです。

缶詰は料理に、
ドライフルーツはそのままおやつに適した味なので、
興味がある人は一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

また、生産地に旅行する機会があったら是非、
生のジャックフルーツに挑んでみて頂きたいものです。
初めて食べる時はとても癖が強く感じますが、
食べ慣れると大好きになる人が多いと言われています。

健康や美容のためにも注目されつつあるジャックフルーツが、
もっと気軽に食べられるようになると良いですね。