雀卵斑という言葉を聞いたことがありますでしょうか。
雀の卵のような斑点と書いて「じゃくらんはん」と読みます。

一般的には別名で「そばかす」と言われているものです。
紫外線に当たると肌にできやすくなり、
子供の頃から悩んでいる女性も多いかと思います。

対処法や治療も紹介しておりますので、
雀卵斑がどのようなものか、記事を読んでご確認ください!

雀卵斑とは?

雀卵斑(じゃくらんはん)とは皮膚にできるシミの一種です。
文字通り雀の卵の模様に似ていることから名付けられました。
一般的にそばかすと呼ばれています。

発症の原因は遺伝の可能性が高く肌の色が白い人に症状が出やすいのが特徴です。
症状は直径5mmまでの不規則なシミまぶたや鼻筋など日光がよく当たる部分に現れます
紫外線を浴びると雀卵斑を悪化させる要因となります。

早い人だと3歳頃から発症し、思春期に症状が顕著になります。
また、太陽に当たる時間の長い夏頃に症状が目立ち、
日暮れが早くなる冬になると目立たなくなることが多いです。

治療は改善方法はどんなものがある?

雀卵斑の治療法はレーザー治療、外用薬による治療、内服薬による治療があります。
それぞれをの治療法を組み合わせて効果を高める病院も多くあります。

具体的にどんな治療なのかご説明いたします。

レーザー治療

レーザー治療は1回受けるだけで、
受けた部分の雀卵斑が無くなることもあるほど効果の大きい治療法です。

しかし、レーザーが当たったあとは皮膚が赤くなるためテープを貼ってガードしたり、
女性の場合は化粧ができなくなるなど肌を休めなければならない期間があります。

完全に治療を終えるまで2ヶ月から半年ほどかかるようです。

外用薬による治療

外用薬による治療としてケミカルピーリングがあります。
皮膚に薬を塗って皮膚を剥がして除去する治療法です。

ケミカルピーリングを行うことで皮膚の表面が生まれ変わります。
皮膚に溜まっていた雀卵斑の原因となっているメラニン色素を角質と一緒に落とします。

治療のペースは約1ヶ月に1回受ける方が多いようです。

内服薬による治療

雀卵斑の治療薬として内服薬のトラネキサム酸が処方されます。
トラネキサム酸とは、出血を止める薬で赤みや腫れを抑える作用があります。

トラネキサム酸には肝斑(かんぱん)に効果があるアミノ酸が含まれており、
雀卵斑は肝斑を併発させていることが多いため、両方の症状を薬で治療します。

保険でできるものはある?

3つの治療法を紹介しましたが、
この中で保険が適用されるものは内服薬による治療のみです。
ビタミン剤やトラネキサム酸が保険対象となります。

レーザー治療や外用薬によるは保険適用外で自由診療となります。

しかし、雀卵斑ではなくアザだと認められた場合レーザー治療が保険対象となります。
保険適用かどうかは医師の診断を受ける必要があります。

スキンケアで消したり隠したりできる方法はある?

スキンケアで雀卵斑を隠す方法は、美白化粧品を使うことです。
代表的な化粧品としてアフタリフトホワイトラインホワイトショットがあります。

美白化粧品にはメラニン色素の発生を抑えて
紫外線による雀卵斑の発生を防ぐ効果が期待できます。

また、化粧術で隠す方法もあります。
コントロールカラーという化粧下地に色がついたものを使用し、
雀卵斑の部分はファンデーションを叩いて乗せていきます。

この方法を用いることで雀卵斑を完全に隠せなくても、
肌の色ムラをカバーして、顔の影を飛ばすことで目立たなくすることができます。

雀卵斑対策のスキンケアで肌全体の発色がよくなる効果もあるようです。

日頃からできる予防法はある?

日頃からできる雀卵斑の予防方法は、
肌に負担をかけないこと紫外線対策をすることです。

雀卵斑は光による反射で目立たなくすることができますが、
力強く洗顔をすることで肌に傷ができ、
光の反射率を下げてしまうことで雀卵斑が目立ってしまいます。

また、雀卵斑の原因となるメラニン色素は紫外線を浴びると生成されます。
日焼け止めを塗り、紫外線対策をすることが一番の予防となります。

紫外線は一年中ありますので、夏以外の季節も紫外線対策を行いましょう。

春の日差しがそばかすになったつぶやきもあります。

紫外線対策についてはこちらの記事もご参考に!

まとめ

雀卵斑は聞き慣れない言葉ですが、そばかすのことであるとわかりました。
予防には日焼け止めなどを用いた紫外線対策が重要で、
できてしまった場合でも治療法が確立されています。

保険適用外ではありますが、
レーザー治療や外用薬での治療を行うことで雀卵斑を消す効果が期待できます。

雀卵斑に悩んでいる方は一度治療を受けてみることをオススメします。