食物によって、蕁麻疹や粘膜の腫れを引き起こす、食物アレルギー。
でも、アレルギーの症状は、それだけではありません。

例えば、強い吐き気寒気、呼吸困難などが起こっている場合。
これは、「アナフィラキシーショック」という状態かもしれません。

今回は、アナフィラキシーショックと、その対処法についてご説明します。

アナフィラキシーショックは命に関わる!

まず、こちらの動画をご覧ください。

この報道によると、乳製品アレルギーを持つ小学生の女の子が、
給食に入っていたチーズを食べたせいで、
急性アレルギー反応によるアナフィラキシーショックを起こし亡くなったとのことです。

この例の他にも、何年も前から、給食でアレルゲンのあるものを
誤って食べたせいで、子供が亡くなるという事例が、何件か見られています。

大人も子供も、アナフィラキシーショックにより
命を落とす危険性は変わりませんが、子供の場合は
摂取しても良いものかどうかを自己判断するのが難しく、
特に食べ物の場合は、好奇心や判断ミスで食べてしまう事例が後を絶ちません。

そんな子供の命を守るためには、
保護者や学校側がアレルゲンを含むものを食べないように監視してあげる必要があります。

大人の場合は、自ら食べてはいけない、
服用してはいけないものを自覚していることが多いですが、
それでも、日常からアレルゲンには細心の注意を払う必要があるのです。

アナフィラキシーショックのメカニズムと症状

では、アナフィラキシーショックが起こるメカニズムについてご説明します。
アナフィラキシーショックは、簡単に言うと、アレルギー反応が暴走してしまい、
ショックが起こっている状態です。

通常のアレルギー反応は、本来無害であるアレルゲン物質に対し、
身体の免疫機能が敵と見なして反応することにより、
ヒスタミンという物質を作り出し、鼻水や皮膚炎、
気管支ぜんそくや目のかゆみを引き起こします。

しかし、このヒスタミンが急激に作り出されると、
気管支が痙攣して呼吸困難に陥ったり、
細動脈が拡張して血圧が低下することにより寒気が出たり、吐き気を催したりします。

また、皮膚症状も出ることが多く、皮膚に蕁麻疹が出て、
粘膜が腫れ上がるため、周囲の人も見た目ですぐに異常に気付きます。

一般的なアレルギー反応と、アナフィラキシーショックが起こる条件の違いは
人それぞれで、一概に何が原因とは言えません。

ですが、いつ起こってもおかしくない症状なので、
アレルゲンとなるものの摂取や接触はなるべく避けるようにして下さい。

最近ではこのようなアナフィラキシーショックに繋がる
食品の使用を極力避けたスイーツなども販売されています。

食べない事が一番ではありますが、乳製品は美味しい物も多いですし
どうしても食べたい場合はこのような食品で代用するのも手かもしれません

アナフィラキシーショックが起こったら、どうすればいい?

このアナフィラキシーショックが起こると、呼吸器障害や意識障害が出るので、
すぐに処置しなければ、命に係る事態になります。

その適切な処置とは、病院に行くことのほかありません。

軽い症状なら、自分の意志で病院に行くことができますが、
強いショック症状が起こっている場合、
当事者が自ら判断するのが難しいため、周囲の人が救急車を呼ぶなどしてあげて下さい。

また、「アドレナリン自己注射薬」という、
事前に病院で処方してもらって持ち歩くタイプの注射薬があります。

可能であれば、このような薬剤を持ち歩くと、安心でしょう。
ただ、あくまで応急処置ですから、
この注射薬を打った後は、必ず病院に行くようにしましょう。

まとめ

2015-09-17c

アナフィラキシーショックの恐ろしさと、その対処法について、ご説明しました。
今回は、給食による食物アレルギーの事例を基にご説明しましたが、
実際は、食物だけでなく、薬品やラテックス(ゴム)、
そして蜂毒によるアナフィラキシーショックの事例も少なくありません。

ただ、食物アレルギーの事例に関しては、
自己判断が難しい子供に起こりやすく、
また大人の場合も加工食品や外食などで、
うっかりアレルゲンを含むものを食べるリスクが高いことから、特に注意を呼びかけられています。

アナフィラキシーショックは恐ろしいもので、いつどのような条件で起こるかは
実際に起こってみないとわかりません。

ですから、「私は軽いアレルギーだから大丈夫」と、
安全な食品を見分けることをしないでいると、命を落とす可能性だってあるのです。

ご自身がアレルギーを持っていたり、お子様がアレルギー持ちだという方は、
くれぐれも、ご用心ください。