美しい肌や美しい髪を保ち、メリハリのある女性らしい体を作ってくれる
女性ホルモンは、いつまでも若く、美しくいたいと願う多くの女性にとって、なくてはならないもの。

しかし、女性ホルモンは体重を増加させ、太る原因に。。。
女性にとって重要なスタイル維持を阻むものでもあると言われています。

そこで今回は女性ホルモンとダイエットの関係について、ご紹介します。

女性ホルモンの働き

2015-05-29b

女性ホルモンには2種類あり、それぞれ役割が異なります。

エストロゲンが女性らしさをUP!
エストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンは、バストを膨らませたり、
ヒップに丸みを出して、女性らしい体作りをサポートします。
排卵に関わり、卵巣や子宮の発達を促します。

また骨からカルシウムが溶けるのを防止する役目も果たします。

プロゲステロンが妊娠をサポート
プロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンは、
妊娠と生理(月経)に深く関わっています。

子宮内膜や子宮筋の働きを整えたり、乳腺の発達を促します。
黄体ホルモンの分泌が少ないと子宮内膜が厚くならない為、妊娠しにくくなります。

その為、妊娠を望む方にとって、黄体ホルモンは不可欠です。

女性ホルモンとダイエットの関係

エストロゲンとプロゲステロンは、分泌量によって、痩せるホルモン、
太るホルモンに変化すると言われていることからダイエットと密接な関係にあります。

エストロゲン減少で、肥満に!
エストロゲンは、脂肪代謝を良くして、
内臓脂肪を減少させる働きがあります。

また満腹中枢を刺激し、食欲を抑えるレプチンという
満腹ホルモンの分泌を調整する働きがあります。

レプチンは、脳の視床下部に作用し、
満腹サインを送ることで、食べすぎを防止してくれます。
この為、レプチンは痩せるホルモンとも言われています。

しかし、エストロゲンが減ると、レプチンが減少します。

そして、空腹ホルモンであるグレリンが増加することで、
食欲がアップして、太りやすくなる為、ダイエット効果は大幅にダウンします。

過剰なエストロゲンで、より肥満に!
エストロゲンが分泌されている時期は、体や心も良い状態で、
集中力も高まっている為、ダイエット効果がUPする時期と言えます。

しかし、エストロゲンには細胞を増殖させる働きがある為、
エストロゲンが増えすぎるとガンや腫瘍などの
恐ろしい病を引き起こす要因にもなると言われています。

そして、過剰なエストロゲンは、脂肪細胞も増殖させます。
そして、脂肪細胞にはエストロゲンを更に増やす働きがあります。

また過剰なエストロゲンは、プロゲステロンの不足を引き起こします。

プロゲステロン不足で、エストロゲン優位となると生理周期が乱れたり、
乳がんや子宮内膜がんのリスクが高まるとされています。

また難産や流産の危険性も高まります。

プロゲステロン増加で、肥満に!
プロゲステロンは、妊娠に備えて、水分や脂肪を溜め込もうとする働きがあります。
その為、プロゲステロンの分泌が増加するとむくみや体重増加が引き起こされます。
また大腸の蠕動運動が低下する為、便秘になりやすくなります。

そして、イライラして、情緒不安定になりやすくなります。

プロゲステロン(黄色ホルモン)が多く分泌されている時期は、
体や心が疲れやすい状態となる為、ダイエット効果がダウンします。

女性ホルモンの乱れで、心身がダウン!

このように女性ホルモンのバランスの乱れは、
体や心に様々な不調を引き起こします。

つまり女性の体や心は、
女性ホルモンの分泌量の変化によって左右されると言えます。

更年期は、要注意!
更年期に入ると卵巣機能が弱まり、
エストロゲンもプロゲステロンも減少することで、
体が混乱し、特に乱れやすくなります。

女性ホルモンバランスが乱れると女性ホルモンと同じく
脳の視床下部でコントロールされている自律神経も乱れていきます。

更年期の特有症状であるイライラやめまい、
ほてりなどが引き起こされるのは脳の視床下部が女性ホルモンの減少を察知し、
ホルモン分泌に集中する為、自律神経のコントロールが疎かになる為とも言われています。

ホルモンバランスを整えるには

エストロゲンとプロゲステロン。
どちらもバランス良く分泌されていることが重要です。

そこでホルモンバランスを整える簡単な方法をご紹介しましょう。

質の良い睡眠を取る
女性ホルモンの分泌には質の良い睡眠が重要。
十分な睡眠は、成長ホルモンの分泌もUPしますので、ダイエットにも有効です。

大豆製品を摂る

納豆や豆腐、みそなどの大豆製品には、
女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンが豊富に含まれています。

味噌汁にすると毎日接種できますね(*^^*)

ビタミンEを摂る

アーモンドやナッツ類、たらこ、
うなぎなどにはホルモン分泌の状態を整えるビタミンEが豊富です。

おやつをナッツに変えるだけでOKです。

EPA,DHAを摂る

いわしやさんま、鯖などと同じ成分を含むえごま油には
血行を促し、ホルモン分泌を活発にするEPAやDHAが豊富です。

話題のえごま油はスプーン一杯で1日に必要なEPAとDHAを接種できます。

まとめ

2015-05-29c

女性にとって、不可欠な女性ホルモン
バランスが崩れると太るホルモンに変化し、女性の敵となってしまいます。

いつまでも美しく、スリムにいる為にも
ホルモンバランスを崩さないように努めましょう。