花粉症は雨でもマスクは必要なの?こんな疑問を抱いたことはありませんか?
結論から言いますと、花粉症の方は雨の日でも
マスクを着用してしっかりと対策をする必要があります。

ここでは花粉症は雨でもマスクは必要なのかや
なぜ雨の次の日は花粉症の症状が悪化してしまうのかなどについて紹介していきます!

<Sponsored Link>

雨の日でもマスクは必要なの?

image1(17)

花粉症の時期には、毎朝天気予報で花粉の飛散状況を確認している方も多いと思います。

よく晴れた日には、花粉症対策としてマスクやメガネで完全防備するけれども、
雨の日は何となく大丈夫かなと思われている方は意外に多いようです。

しかし、本当に雨の日に花粉は飛んでいないのでしょうか?

たしかに雨の日や夜には花粉はあまり飛んでいないと言われているのですが、雨の日も要注意です。

なぜかというと、雨の降り始めというのは
空気中に飛んでいる花粉が雨と一緒に地上に降り落ちてくるからです。
特に、雨で風が強い日などは、雨と一緒に落ちてきた花粉が
風と一緒に舞うことになるので更に注意しなくてはいけません。

さらに、雨の日は気圧が下がってしまうことによって、
体内のヒスタミン(かゆみや痛みの原因になって、
アレルギー症状の原因にもなるもの)が増えてしまいます。

よって、体内の状況的にも花粉症などアレルギーの症状が出やすくなっているのです。

ですから、雨が降っているからといっても油断は禁物です。
雨の日でもマスクなどで花粉症の対策を行い、つらい花粉の症状を和らげるように心がけましょう。

花粉症で雨の次の日は症状が悪化するってホント!?

花粉症の症状は、天気や湿度によって大きく左右され、
一般的には空気が乾燥していて天気がよいときに多く飛んでいます。

しかし、花粉症の方からは雨が降った次の日は何だか
花粉症の症状がひどくなるということを耳にすることがあります。

いったいなぜ、雨が降った次の日は花粉症の症状がひどくなってしまうのでしょうか?

この理由は、雨が降ると飛んでいた花粉が雨と一緒に地面に落ちてきます。
そして、雨のその次の日にはこの降り積もった花粉が乾いて、再び空気中に飛ぶのです。
ですから、雨が降った次の日に特に晴れていたりすると、
空気中の花粉の量がいつもよりも増えてしまい、花粉症の症状がひどくなってしまうのです。

したがって、雨が降った次の日もマスクや眼鏡などを活用してしっかりと花粉症の対策を行うようにしましょう。

地下鉄の駅や車の中でも花粉症の対策としてマスクを着用する

花粉症の対策として「マスク」はとても重要なアイテムで、
花粉症とマスクは切っても切れない関係です。
ですから、マスクの着用を心がけて体の中へ花粉が入るのを防ぎましょう。

外出する時にマスクを着用することは当たり前のことなのですが、
地下鉄の駅や車の中などもマスクの着用をすべき場所なのです。

地下鉄の駅や車の中などは、閉鎖的な空間で空気が乾燥しているうえに、
花粉を身にまとった人達がたくさんいるので、マスクの着用は絶対に欠かせないのです。

地下鉄の駅や電車の中は、花粉だけでなくハウスダストや砂埃、
香水、ペットの毛などいろいろな物やアレルゲンが浮遊していて、
花粉症ではない人も鼻水が止まらなくなってしまうこともあるのです。

花粉症の人の場合、涙が止まらなくなることもあるでしょう。

マスクを着用するだけでも症状は和らぐので、ぜひ試してみてください。
マスクを購入される際はサージカルタイプや立体タイプのものが
機密性が高くオススメです。

また、地下鉄の駅や車の中などの閉鎖的な空間では、
クシャミをすることでまわりの人に迷惑をかけてしまうということも頭の中にいれておいた方が良いでしょう。

マスクを着用することでクシャミをしても、まわりの人に迷惑はかかりません。
マスクの着用は、まわりの人へのマナーでもあることを忘れないようにしましょう。

まとめ

最後になりますが、花粉症は雨の日でもマスクを着用してしっかりと対策を行うようにしましょう。
そして、雨の次の日はさらに症状が悪化してしまうことがあるようなので、
いつも以上に意識してマスクなど花粉症の対策を心がけましょう。

つらい花粉症の時期を乗り越えるためにも、
自分でできる花粉症対策はなるべく取り入れていくようにしましょう。