花粉症の季節になると、なんだか肌荒れが・・・
このような経験をしたことはありませんか?

実は、花粉症の時期に肌荒れに悩まされている人は意外と多いのです。
そんな花粉による肌荒れを予防するためには、スキンケアが対策として大切になってきます。

ここでは花粉による肌荒れのメカニズムや予防としてのスキンケアについて詳しく紹介していきます!

<Sponsored Link>

花粉による肌荒れのメカニズムとは?

shutterstock_114498214

花粉症の人にとって、春や秋は鼻水や目のかゆみなど
花粉症特有の不快なアレルギー症状があらわれる季節です。
さらに、症状の重い人は肌荒れなどのトラブルも引き起こしてしまうのです。

では、いったいなぜ花粉によって肌荒れが起こってしまうのでしょうか?

花粉症の季節というのは、空気が乾燥していて春先には紫外線もとても強くなってきています。
そこへ花粉の刺激が加わることによって顔がかゆくなったり、
部分的に肌荒れを起こしたりしてしまうのです。

肌というのは、本来バリア機能を備え持っているので、
外部からの刺激を直接受けないようになっています。
よって、バリア機能が高い健康的な肌には、
花粉は侵入することはできないでの、肌荒れは起こりません。

しかしながら、バリア機能が低下している肌は乾燥が進み、
肌の表面の角質がどんどんめくれあがってきてしまいます。
そのめくれあがった部分から花粉が侵入してしまい、
炎症を起こして肌荒れを起こしてしまうのです。

以上が、花粉によって肌荒れが起こるメカニズムです。
バリア機能が低下している肌は、外部からの刺激に弱い肌になってしまうということです。

肌のバリア機能の低下は、目をこすったり鼻を何回もかんだりすることによる
摩擦刺激や日常の間違ったスキンケアの方法など実にいろいろな原因によって起こります。
したがって、まず花粉症の時期には手やティッシュによる摩擦刺激に気を付けるようにして、
毎日正しいスキンケアを行うことで、肌荒れなどのトラブルを抑えることができるでしょう。

また、花粉症の薬には皮脂の分泌量を増やしてしまう作用があるので、
ニキビが悪化してしまうこともあるようです。
花粉症の薬によるニキビの悪化が気になるという人は、
一度医師や薬剤師などに相談するようにしましょう。

花粉による肌荒れは、そのほとんどがに集中して起こります。
これはなぜかというと、顔や首は服で隠れることなく露出しているので、
花粉が直接肌についてしまうからです。

ですから、花粉症の時期に外出するときは、なるべく肌の露出を控える服装を心がけるようにしましょう。

花粉による肌荒れを予防するスキンケアとは?

soigner-ses-aphtes-a-l-aide-d-une-recette-de-grand-mere-3600

花粉によって起こる肌荒れやかゆみ、炎症などの症状の予防には、
毎日の正しいスキンケアが重要な対策と言うことは上で紹介したので、
ここではスキンケアについてもう少し具体的に紹介していきます。

まず、花粉症の季節は空気が乾燥しがちなので、
低刺激タイプの化粧水でしっかりと保湿をしましょう。
保湿力の高いヒアルロン酸配合の化粧水などがおススメです。

そして、メイクをするときはしっかりと下地を作るようにして、
ファンデーションは薄めに押さえるようにのせるようにしましょう。
花粉が付きやすい油性のものはなるべく避けるようにしましょう。

また、花粉症の人はなるべくナチュラルなメイクを心がけるようにしましょう。
アイメイクはアイラインとマスカラぐらいにして、色物は避けましょう。

そうは言っても、完全にノーメイクでは花粉が直接肌に付いてしまうので、
逆に肌が刺激を受けてしまいます。
ノーメイクは皮膚のめくれがひどい場合にして、
その場合でも肌の保湿ケアはしっかりと行うようにしましょう。

花粉による肌荒れの帰宅後のスキンケア

外出して帰宅した後は、すぐにクレンジング洗顔を行い、
肌に付いた花粉を洗い流すようにしましょう。
長い時間花粉が顔についた状態は、肌荒れ肌のかゆみの原因になります。

きちんと洗顔をしたら、化粧水で保湿しましょう。
肌荒れやかゆみがある場合、消炎効果のある化粧水をおススメします。
乳液や美容液などの保湿剤も皮膚の再生を促進する成分を含んでいるものがおススメです。

ダメージを受けた肌の再生を早め、バリア機能を高めてくれます。

化粧水や乳液を肌にのせるときには、軽く叩くように行うことがポイントです。
肌を横滑りしたりすり込むことは、摩擦によって肌を痛める原因になります。

また、スクラブ入りやピーリング系の洗顔料は刺激が強いので、
花粉症の時期には控えるようにしましょう。

クレンジングはオイル系よりクリームタイプか
水性ジェルタイプの方が肌に負担をかけないのでおススメです。

こちらは無添加にこだわり、優しい成分なのに
洗浄力が高く、洗い上がりがさっぱりしています。

美容成分がたっぷり配合されていて美肌へ導いてくれるのも嬉しいですね。

まとめ

最後になりますが、花粉による肌荒れの予防として、毎日のスキンケアを正しく、
いつもより優しく行うようにしましょう。

そして、睡眠と栄養バランスの良い食事を心がけて、
ストレスを貯めない生活を送ることが花粉による肌荒れ予防のポイントになります。