毎年花粉が飛び散る季節になるとなんだか吐き気や下痢を起こすという場合、
花粉症が原因であることがあるようです。
また、毎年つらい症状があらわれる花粉症はどうして治りにくいのでしょうか?

ここでは花粉症と吐き気や下痢の関係性や花粉症はどうして治りにくいのか、
そして花粉症に効果的な漢方について紹介していきます!

<Sponsored Link>

花粉症と吐き気や下痢の関係性とは?

lgf01a201311291100

花粉症の症状はいろいろとあり、人それぞれで体質や
生活習慣によって大きく異なってきます。

また、人の体にはまだ解明されていないことも多く、
一般的に言われている花粉症の症状とは違うとしても、
花粉が原因の場合もあるのです。

花粉症が下痢や吐き気の原因になる?

例えば、毎年花粉が飛散する時期に頭痛や吐き気、
下痢などの症状があったとしても、その症状が軽ければ見逃したりそのままにして、
時間が経てば忘れてしまうことも多いでしょう。

実は、花粉症には吐気や下痢、嘔吐の症状もあるのです。
これらの症状は花粉が原因だと知らずに悩まされている人が意外と多いのです。
解剖学的見地から見ると、口や鼻から肛門まではひとつの管でつながっているようで、
内壁は同じような粘膜で覆われ、口や胃、腸はいずれも消化器官としての役割を果たしています。

口や鼻は例えるなら体の玄関で、花粉の影響を最も受けやすい場所なのです。
しかしながら、口や鼻から入った花粉が唾液とともに
胃や腸へ運ばれてしまうと花粉症の症状があらわれる
のです。
このときの主な症状が胃であれば吐き気腸であれば下痢ということになるのです。

花粉症のいろいろな症状はそもそも体内に入った異物に対する過剰な防衛反応によるものです。
口や鼻から運ばれた花粉は胃や腸でも歓迎されることはなく、
体に有害な物質と判断されてしまいます。
そして、各消化器官は防衛反応として花粉を排除しようとする過程で
分泌される物質がアレルギー症状を起こしてしまい、吐き気や下痢などを引き起こすことになるのです。

吐き気や下痢が二次的疾患の恐れも・・・

花粉症の二次的疾患として、花粉が直接の原因ではなく、
花粉症によるいろいろな症状である鼻づまりや目のかゆみ、
頭痛などによりイライラやストレスを感じることで自律神経が乱れてしまい、
吐き気や下痢の症状があらわれることもある
ようです。

吐き気や下痢の原因にもなる花粉症が治りにくいのなぜ?

3111d7290768fe61742d407d8e4de9b1

花粉症は、小さい子供から大人まで多くの日本人が悩まされているアレルギー性疾患の1つです。

花粉症の症状として、鼻水や鼻づまり、目の充血などの症状に
内服・外用の抗アレルギー薬を服用することで一時的には症状を抑えることはできるのですが、
完全に花粉症を治すことは難しいのが現状なのです。

では、いったいなぜ花粉症は治りにくいのでしょうか?

簡単に言うと、他のアレルギー性疾患と同じく、
花粉症体質という生まれながらの体質があるからのようです。

花粉症はアレルギー性疾患の代表的存在と言うべきもので、
鼻の症状が一般的なのですが、目の充血や皮膚炎、喘息など実は症状がいろいろとあるのです。
複数の症状や疾患が組み合わさってしまうこともよくあるようです。

花粉症体質は生まれつきの体質とされているようなのですが、
以前は日本ではあまり多くなかったようです。

では、どうしてアレルギーの原因となる花粉自体の量が増えたのでしょうか?

戦後、スギの植林が進んでスギ花粉は増えたと言われているのですが、
現代社会はダニなどのアレルゲンが増えたり
また大気汚染や食品添加物などの影響でアレルギー体質そのものが増えていると考えられています。

花粉症の場合、同じような生活や食生活でも、
花粉症に悩むことのない方もたくさんいるのです花粉症で悩んでいる方からすれば、
「なんで私ばっかり・・・」 と嘆きたくなる思うのですが、
体質ばかり恨んでも仕方がないでしょう。

そこで、体質を改善するためにここでは漢方をおススメします
花粉症体質とは言ってもどのような症状なのか、
体質などにより適切な漢方は異なってきます。
1つ言えるこは、花粉症は体のアンバランスが一部の器官にあらわれて結果だということです。

花粉症を治すためには、自分の体のバランスの崩れたところを
調整する漢方を使うことが大切になってきます。
そして、漢方は自分に合ったものを見つけることができれば、
長い間続けることも大切になってきます。

花粉症は生まれながらの体質ということなので、
症状が良くなってから漢方をやめたらすぐにまた花粉症が悪化してしまった
ということにもなりかねないので、長く付き合って行くようにしましょう。

花粉症に効果的な漢方とは?

main

花粉症に効果的な漢方は、1人1人の体質によって適した薬が
異なってくるようなので、たくさんあるようです。

このうち、ここでは花粉症の治療によく使われる漢方薬を紹介していきます。

葛根湯加川芎辛夷(カッコントウカセンキュウシンイ)

軽く汗をかくぐらいにからだを温めてくれて、鼻づまり・蓄膿症・慢性鼻炎を改善

小青竜湯(ショウセイリュウトウ)

体を温めてくれ、鼻の症状を改善

荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)

熱や炎症を抑えてくれ、血行を良くして花粉症の症状を改善

まとめ

最後になりますが、花粉症は吐き気や下痢の原因にもなってしまうようなので、
花粉が飛散する時期に起こってあまりにも気になるという場合は、
一度病院へ行って診察してもらうとよいでしょう。

そして、花粉症はなかなか治りにくいものです・・・
マスクやゴーグルで花粉を体の中に入れない対策はもちろん、
合わせて体質を改善するために漢方薬を試してみてはいかがでしょうか。