花粉症の時期に熱や喉の痛みがあらわれたことはありませんか?
風邪かなと思うこともあるようなのですが、花粉が原因の花粉症で
熱や喉の痛みがあらわれることがあるようなのです。

では、花粉症による熱や喉の痛みは、何が原因なのでしょうか?
今回は花粉症で熱やのどの痛みの原因と花粉症の現在の治療方法などについて詳しく紹介していきます!

<Sponsored Link>

花粉症による熱や喉の痛みの原因とは?

2014y03m07d_204502018

まず花粉症によるの原因としては、アレルギー物質が
体の中に入ってくることでなんとかして身体を守ろうとするからなのです。
身体が熱を出すのは、体の中に異物が入ってきて戦おうとする反応なのです。

ただし、風邪とは違って熱が出たとしても37.5度ぐらいです。
花粉症による熱は高熱は出ないのですが、微熱が長く続くことが特徴です。
もし高熱が出るようであれば、風邪や他の病気の可能性があるので気を付けましょう。

次に、花粉症による喉の痛みの原因としては、主に鼻水の逆流
つまり鼻水がのどに垂れてきてしまうからなのです。

少し汚い話なのですが、鼻が詰まって鼻水を出し切れなかったときに
唾液を飲み込むと同時に鼻水が喉へ流れてしまうことはよくあることだと思います。
鼻水が出るということは、体の外へ出さなければいけないということなので、
これが逆に体の中へ流れてしまっては身体に悪いに決まっています。

そして、もちろん鼻水がのどの粘膜に触れることで炎症が起こり痛みがあらわれてしまうのです。

また、鼻づまりで鼻で呼吸することができない場合は、口で呼吸することになってしまい、
喉が乾燥して直接花粉がのどに付着してしまうことも大きな原因となります。
よって、なるべく鼻で呼吸するようにして、どうしてもできない場合はマスクを着けるようにしましょう。

花粉症の治療方法には、どんなものがあるの?

mineraly-i-witaminy2-1024x682

今現在の花粉症の治療方法を紹介していきます。

現代医療によるもの
<薬物療法>

  • 抗ヒスタミン薬の投与
  • 局所ステロイド投与
  • ステロイド注射

<手術療法>

  • レーザー治療

<免疫療法>

  • 減感作療法

民間療法

  • 漢方、ツボ、整体、灸など

補助的な治療法

  • 鼻スチーム療法
  • 鼻うがい

医療以外の花粉症治療方法

  • 効果のある脂肪酸の摂取
  • レンコン

以上が花粉症の治療方法で、完治させるためには何らかの痛みを伴ったり、
一時的なもの、完治するとも言い切れないのに費用がかかるものなど
本当にいろいろとあるのが現状です。

医療以外の花粉症治療方法のレンコンとは?

レンコンには、花粉症の原因となるIgE抗体の生成を抑制する働きがあるそうです。
IgE抗体が生成されなければ、ヒスタミンは分泌されないので花粉症予防につながるのです。

レンコンを1日40グラム、輪切りにして2~3個食べることで
花粉症患者の6割が2週間ぐらいのうちに症状が改善されたという報告があるようです。
そして、日本免疫学会が発表したこの研究結果をもとに「連の力」という錠剤が製品化されています。

レンコンは、花粉症の予防や改善には効果があるのですが、
完治するものではありません。
しかし、レンコンは安全な食材で注射のように痛みも伴わないので、
一度試してみる価値はあると思います。

薬ではないので、子供妊婦中の方にもおススメです。

花粉症を予防・改善するレンコンの成分とは?

レンコンを切ったときに糸をひく成分を「ムチン」といいます。
オクラやモロヘイヤ、納豆、うなぎなどにも含まれている粘り成分のことです。

胃や腸などの消化器官、気管支や鼻などの呼吸器官の表面は、
ヌルヌルとした粘液で覆われて、その主要成分がムチンなのです。
ムチンには粘膜を潤して、強化するという作用があるのです。

消化器官である胃の場合、胃の粘膜を強化することで胃の壁を保護し、
胃潰瘍や胃炎の予防と改善に効果を発揮します。
呼吸器官である鼻の場合、鼻の粘膜を強化して、花粉症や風邪、
インフルエンザなどになりくくしてくれます。

レンコンが花粉症に効果があるといわれるのは、
「ムチン」による働きがあるからです。

レンコンに含まれる他の成分の効果

  • レンコンは「ビタミンC」がたくさん含まれています。
    ビタミンCは体の免疫力を高めてくれるので、風邪などの感染症の予防に役に立ちます。
  • れんこんには食物繊維も豊富に含まれているので、その90%が不溶性で、
    便秘を予防・改善、大腸がんの予防にも効果があるほか、血糖値の上昇を抑えたり、
    コレステロールの吸収を抑えたりしてくれます。
  • ・れんこんを切ると、少し黒ずんだ部分が出てくるのですが、
    これはタンニンというポリフェノールの一種で、殺菌作用抗酸化作用があります。

このように、ムチンをはじめレンコンはとてもメリットの多い食材なのです。

おいしいレンコンの選び方

レンコンは、穴が小さくて肉厚なものがおススメです。
表面がふっくらしていて、表面に傷がないものを選ぶようにしましょう。
みずみずしくて表面が白いということもポイントです。

そして、レンコンは冷蔵庫で新聞紙にくるむなどして保存しましょう。
また、レンコンは冷凍することもできます。

レンコンの食べ方の基本として、サッとゆでるようにしましょう!
時間をかけてゆででしまうと、せっかく豊富に含まれているムチンやビタミンCが流れ出てしまいます。

ですが、れんこんを十分に摂取するのは少し難しいですよね。
れんこんを使ったレシピも限られるし、スーパーで買って帰るのも重いし。。。
そんなときは、れんこんパウダーがオススメですよ。

れんこんパウダーは毎日5g程度が望ましい摂取量だそうです。
味もほとんどないので、様々な料理に忍ばせるだけでいいんです。

ハンバーグ、カレー、味噌汁など、使い道はたくさん!
とろみや、もちもち感が出るそう。
テレビで紹介されてからクックパッドでのレシピ紹介が増えたので参考にしてみてくださいね。

まとめ

最後になりますが、花粉症による熱は身体を異物から守る反応で、
喉の痛みは鼻水が喉へ垂れてきてしまうことが原因のようです。
ですから、マスクを着用するなどして体の中に花粉が入ってこないようにする
基本的な花粉症の対策を行うようにしましょう。

また、花粉症の治療方法には今現在いろいろなものがあるので、
自分の症状や体質に合った治療方法を見つけることが大切になってきます。
やはりなるべく薬には頼りたくないと思うので、
レンコンを食べるという方法もぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。