もうすぐつらい花粉症の時期になります・・・
毎年鼻づまりや鼻水、くしゃみなどのつらい症状に悩まされている人は多いと思います。

そんな花粉症の時期にのどがイガイガしたり、かゆみ、咳が出る・・・
この原因はいったい何なのでしょうか?
ここでは花粉症の時期にのどがいがいがしたり、
かゆみ、咳が出る原因と対策について紹介していきます!

<Sponsored Link>

花粉症の時期にのどがイガイガしたり、咳が出る、かゆみの原因とは?

2014y03m07d_204502018

花粉症の症状として、例えば鼻に症状が出始めて鼻だけで終わるだけではなく、
鼻の症状が原因で頭痛を引き起こしたり、
副鼻腔炎になってしまったりと症状が複数あることが多いです。

のどのイガイガかゆみ咳が出るなどの症状に関しても、同じことが言えるのです。

花粉症の鼻の症状で鼻が詰まったり鼻水が止まらなかったりすると、
鼻で呼吸をしずらくなってしまいます。
鼻が詰まってしまうと、どうしても口で呼吸をしなくてはいけない状態になることもあると思います。

そして、仕方なく口で呼吸することによって鼻を通過しないで
乾燥した空気が直接のどを通過することで、
のどがカラカラに乾いた状態になってしまいます。
その結果、風邪をひいたときのようなのどのイガイガ感が
症状としてあらわれることになるのです。

また、花粉のアレルギー物質が直接のどを通ることでのどにある
口蓋扁桃という場所で花粉によるアレルギー反応が起こります。
この花粉が付着することによるアレルギー反応でのどがイガイガしたり、
かゆみを感じることにもなってしまうのです。のどのイガイガやかゆみだけではなく、
風邪の症状のように咳き込んだりすることもあるようです。

花粉症の約78%以上の人がのどのイガイガや咳、かゆみなどの症状があらわれている?

花粉症による症状は他の部位と同じく、のどのイガイガや咳、
かゆみなど人それぞれなのです。

また、口腔アレルギーのような症状を併発することもあるので、
鼻が詰まったりしたらそのまま放置して口呼吸で過ごすのではなく、
鼻づまりへの対処も重要になってきます。

花粉症の症状としては、鼻や目に出る症状が多いような気もするのですが、
実は花粉症になっている人の約78%以上の人がのどのいがいがやかゆみも感じているようなのです。
のどの違和感は症状によって、本来機能するはずの喉にある粘膜の
線毛の防御機能の効果が発揮されないので、
風邪などのウイルス感染を引き起こしやすくなってしまいます。

このような症状を病院へ行って医師に相談しても、
口で呼吸をしないようにしましょうというぐらいで、済ましてしまう病院もあるようです。
口呼吸だけに気をつけたところで、アレルギー反応への対策や
治療をしなければ花粉症の解決にはならないので、
自分の症状がどの部位と関連しているのかということもちゃんと把握するようにしましょう。

のどのイガイガや咳、かゆみの原因になってしまう花粉症の対策は?

無題

花粉症による喉のいがいがやかゆみ咳などの対策としては、まずマスクをする
、乾燥を避ける、うがいをするといったものがあるので、
早めに対策してひどくならないよう気をつけまし ょう。

マスクをする

口呼吸によるのどの乾燥や花粉がのどに付着することを防ぐために
マスクをすることはとても効果があります。
最近では保湿効果のあるマスクも発売されているので、
昼間だけでなく寝るときも着用すれば、朝起きたときののどの不快感も防ぐことができるでしょう。

また、花粉以外にも細菌、埃、ウィルスの侵入を防ぐこともできるので、
自己防衛としてうまく活用するとよいでしょう。

乾燥を避ける

暖房のかけ過ぎは乾燥や湿度の低下の原因になってしまうので注意しましょう。
湿度が40%を下回るとのどは乾燥してしまうので、
湿度計などでこまめに湿度の変化を確認するようにしましょう。

湿度を保つために部屋にコップ1杯の水や濡れタオルなどを置いておくことをおススメします。

うがいの徹底

花粉症で鼻が詰まってしまい口呼吸を繰り返すことでのどが乾燥してしまうと、
のどを傷つけやすくなってしまうので外から帰宅したときはうがいを徹底するようにしましょう。
うがいをすることで花粉などを除去し、本来の潤いをのどに取り戻すことができます。

効果的なうがいの方法として、水の代わりにぬるま湯やお茶で行うと良いでしょう。
お茶は殺菌効果があるのでおススメです。

また、鼻の中の花粉を洗い流すために少量の塩を入れた塩水での鼻うがいもおススメです。

花粉症の予防はこちら

まとめ

最後になりますが、花粉症で喉がイガイガしたり
咳が出たりすることが最近増えてきているようです。

これは風邪の症状と間違えやすいのですが、
花粉が喉について炎症を起こしてしまうことが原因なので、
花粉症の対策をしたり、早めに病院へ行って診察してもらうようにしましょう。