花粉症症状鼻水鼻づまりなど鼻の症状、
目のかゆみ充血など目の症状だけではなく、頭痛喉がかゆい
ぼーっとするなど体全身や精神的な症状もあらわれるようです。

ここでは花粉症の症状でぼーっとするなどいろいろな症状について、
花粉症の症状と風邪との違い、そして花粉症の対策について詳しく紹介していきます!

ぼーっとするなど鼻や目、体全身、精神的にあらわれる症状とは?

concentration

花粉症によって鼻や目、体全身、精神的にあらわれる症状を紹介します。

鼻にあらわれる花粉症の症状

  • 鼻水が出る
  • くしゃみが止まらない
  • ひどい鼻詰まり

目にあらわれる花粉症の症状

  • 目のかゆみ
  • 涙が出る
  • まぶたが腫れる
  • 目が充血する

体全身にあらわれる花粉症の症状

  • 発熱
  • 呼吸がしにくくなる
  • 頭痛
  • 手や足のむくみ
  • 喉がかゆいなど不快感がある

このように花粉症の症状を見ていくと、くしゃみが出たり、
鼻水が出たりするなどなんだか風邪の症状とよく似ています。
鼻水が出たり、涙が出たり、喉がかゆいなど不快感があったりするのは、
粘膜が花粉から身体を守ろうと、アレルギー反応を起こしているからです。

そして、風邪と花粉症のどちらでもなかった場合、また他の違う病気の可能性もあるので、
あまりに長引く場合は自己判断せず一度病院で診察してもらうことをおススメします。

精神的にあらわれる花粉症の症状

  • イライラする
  • 憂鬱になる
  • ぼーっとする
  • 集中力が低下する

このように精神的にあらわれる症状の多くは、
鼻の違和感目の不快感が原因で起こることが多く、
イライラぼーっとする集中力の低下などの症状が1つずつあらわれるわけではないのです。

ですから、勉強や仕事に支障をきたす前に、きちんと病院で診察を受け、
症状を和らげる薬を処方してもらいようにしましょう。

主にくしゃみや鼻水などの症状を抑える効果のある「抗ヒスタミン剤」を処方されることが多いようです。
ただし、薬の効果には個人差があるので、きちんと用法・用量を守って服用するようにしましょう。

花粉症の初期症状と風邪の違いとは?

「季節の変わり目に風邪を引きやすい」という方は、
もしかしたら花粉症かもしれません・・・

もうすでに花粉症とわかっているのなら問題はないのですが、
花粉症の症状と風邪の症状はとてもよく似ているので、
実際に病院で診察してもらわなければ区別がつきにくいものです。

花粉症の初期症状と風邪の違いを主な症状で比べると、
以下のようになるので参考にしてください。

くしゃみ

花粉症の場合、何回も連続して起こるのが特徴で、風邪の場合は2~3回ぐらいでおさまります。

鼻水

花粉症の場合、透明でサラサラとした水のような鼻水がいつまでも続きます。
風邪の場合、治りかけると黄色くネバネバした鼻水に変わり、だいたい1~2週間ぐらいでおさまります。

鼻づまり

花粉症の場合、症状が悪化すると両方の鼻が完全に詰まってしまい、口呼吸になります。

この他にも花粉症の場合は、我慢できないぐらいの目のかゆみや結膜の充血、
涙目などの症状が目にもあらわれ、鼻水が喉へ流れることで咳が出たり、
のどがイガイガと不快感が続きます。

しかしながら、花粉症ではなく何か他のものが原因によるアレルギーの可能性もあるので、
このような症状が続く場合は、早めに耳鼻咽喉科などへ行くようにしましょう。

花粉症の症状には個人差がある!?

一概に花粉症の症状と言っても、いろいろとあるのでそのあらわれ方にも個人差があるのです。

花粉症を患っている方を対象に取ったアンケートによると、
クシャミがとまらない、耳と喉の奥と肌もかゆい、体がだるい、
疲労、ぼーっとする、咳が出る、耳のかゆみや痛み、微熱、あごや喉の奥の痛み、
かゆみ、関節痛、口の中が腫れる、腹痛、じんましん、発疹、
下痢など花粉症の症状には個人差があり、本当にいろいろな症状があらわれることがわかります。

なので、少しでも早く原因を特定して、つらい症状を和らげるためにも、
やはりきちんと病院へ行って診察してもらうようにしましょう。

こちらの記事もご参考に!

花粉症の対策とは?

Woman Sleeping Peacefully

花粉症はいきなり発症し、上記の花粉症特有の症状があらわれると言われています。
なので、今は花粉症ではないからと安心せず、日頃から花粉症にならないように
対策をすることが重要なのです。

花粉の飛散情報をチェックするようにして、
花粉が多く飛散する時期にはマスクメガネを着用するようにしましょう。

そして、家に入る前は服や髪の毛などについた花粉をきちんと払い落し、
うがいや手洗いを行うなどの一般的な花粉症の対策をしっかり行って
花粉を体の中に入れないようにしましょう。

また、花粉症は免疫機能の異常が原因で起こる症状なので、ストレスも花粉症には大敵です。
ですから、なるべくストレス溜めないような生活を心がけて、
栄養バランスの良い食事をしたり、きちんと睡眠を取るようにしましょう。

日頃から予防習慣を!

マスクやメガネはその時の対処法ですよね。
最後に日頃からできる予防法についてお話しますね。

それはお茶を変えることです。
緑茶のカテキンが花粉症に良いと言われているので、今飲んでいるお茶を緑茶に変えましょう。

でも、ただの緑茶よりもっと効果的なお茶があります。

田七人参を配合することで、緑茶の効果をより引き出しています。
田七人参にもたくさんの栄養素が含まれているので、摂取して損はありません。

日頃から気がついた時に飲むだけでムズムズから解放されるなら
今からお茶を変えるしかありませんよね!

花粉症についてはこちらの記事もご参考に!

まとめ

最後になりますが、花粉症の症状は鼻や目だけではなく、
体全身やぼーっとするなどの精神的にあらわれる症状もあるようです。

また、花粉症は風邪とも間違われやすいので、
ここで紹介した花粉症と風邪の違いを参考していただき、
自分がどちらなのか確認してみてください。