花粉症の症状で目に関する症状は約90%の人にあらわれているといわれています。

「目のかゆみ」、「充血」、「涙」の症状をはじめ、
目の腫れや結膜の浮腫などいろいろな症状があらわれるようです。

ここでは花粉症による目の症状で目の腫れや結膜の浮腫などについてや
花粉症はどんな病気なのかとメカニズム、
そして外出時や家の中で花粉症対策について詳しく紹介していきます!

花粉症による腫れや結膜の浮腫など目の症状とは?

花粉症対策

花粉症による目の症状として、まずは目のまわりがかゆくなり、
まぶたが腫れて、結膜が腫れてきます。
重症化してしまうと結膜に浮腫(ふしゅ)が生じて、外からは目が見えないくらいに腫れてしまいます。

目がかゆいのでこすったりかいたりするとさらに悪化してしまい、
腫れや結膜の浮腫がひどくなり、結膜や角膜を傷つけて、
目がゴロゴロとする違和感や目のかすみ、まぶしい、目の痛みを感じたりするようになります。


それから、ときには涙が大量に出て止まらなくなってしまいます。
この他にも鼻や喉、気管支、胃腸などにもいろいろな症状があらわれ、
全身のだるさや熱が出るケースもあります。

目の腫れや浮腫などの症状は季節性?通年性?

目の表面にアレルギー反応を起こす物質アレルゲンが付着することで、
結膜に炎症が起こり、目のかゆみや充血、腫れや結膜の浮腫などがあらわれる症状を
アレルギー性結膜炎と言います。

結膜とは、まぶたの裏側と白目を覆っている粘膜のことです。

花粉症で目に症状があらわれるのはアレルギー性結膜炎で、
花粉がアレルゲンとなって発症する季節性アレルギー性結膜炎と言われています。


一方で、ホコリやダニなどがアレルゲンとなり1年中症状がみられるものは
通年性アレルギー性結膜炎と言われています。

きちんと対策をするためには、季節性と通年性のどちら
アレルギー性結膜炎なのかを理解しておくことが重要になります。

また、花粉症と同じように充血や目やになどの症状があらわれても、
細菌やウイルスによる結膜炎の恐れもあり、アレルギー性結膜炎とは
治療が異なってくるので、症状があらわれたときは専門医に相談することをおススメします。

花粉症とはいったいどんな病気?

花粉症は、別名「季節性アレルギー性結膜炎」とも言われており、
眼球に花粉が付着することによってまぶたの裏や白目に炎症があらわれます。
この花粉症の主な目の症状として、かゆみや充血、涙、まぶたの腫れ、結膜の浮腫などが挙げられます。

花粉症の原因は、スギ花粉、ヒノキ花粉、カモガヤ花粉、ブタクサ花粉などで、
時期でいうと3月~4月上旬は季節性アレルギー性結膜炎で
花粉症の目の症状で悩まされている方がとても多くなります。

花粉症(アレルギー)が起こるメカニズム

  • アレルギーを引き起こす物質アレルゲンとなる花粉を
    ある量・ある期間、体に吸い込まれ続けます。
    どのぐらいの量や期間で花粉症となるのかは、体質や健康状態によって個人差が大きいです。
  • 体の中に入って来た花粉を「危険な物質!」と体が判断した場合、
    次の花粉の来襲に備えるため、免疫グロブリンIgEという抗体を生成します。
  • 免疫グロブリンIgEがある一定量そろい、免疫体制が整ったときに
    再び花粉が体の中に入って来ると、肥満細胞とIgEが結合し、
    肥満細胞からヒスタミン・ロイコトリエンなど化学伝達物質が分泌されます。
  • ヒスタミンなどが目や鼻の粘膜の知覚神経から脳へ情報を伝えて、
    かゆみやくしゃみ、鼻水などの症状があらわれます。
    また、ロイコトリエンは直接血管にも作用し、鼻づまりを起こすといわれています。

以上のようなメカニズムで花粉症のいろいろなつらい症状があらわれます。

外出したときと家の中での花粉症対策

Okguide_2218_1

外出した時の花粉症対策

花粉情報をチェック

テレビやインターネットで花粉の飛散情報をチェックするようにしましょう。
花粉の要注意日

  1. 天気が晴れまたは曇り
  2. 最高気温が高い
  3. 湿度が低い
  4. やや強い南風が吹き、その後北風に変化したとき
  5. 前日が雨

以上から、前日または当日の未明まで雨で、その後天気が急に回復して晴れ、
南風が吹いて気温が高くなる日が要注意日となる。(日本気象協会作成)

なるべく外出を控える

花粉の飛散する量が1日の中で最も多い時間帯は、
地域によって差はあるのですが午後1時~3時頃なので
この時間帯の外出はなるべく控えるようにしましょう。

外出するときは完全防備

帽子・メガネ・マスク・マフラーを身につけて、完全防備で花粉から身を守りましょう。
コートも花粉がつきにくいツルツルとした素材を選びましょう。

家の中に花粉を入れない

服や髪などについた花粉は、きちんと外で払ってなるべく家の中へ入れないように工夫や努力をしましょう。

帰宅した後は洗顔やうがい・手洗いをする

洗顔やうがい・手洗いを毎日の習慣にして、体についた花粉をきちんと洗い流すようにしましょう。

家の中での花粉症対策

ドア・窓を閉める

花粉の飛散する量が多いときは、しっかりとドアや窓を閉めて、
花粉が家の中に入るのを防ぐことが大切です。

こまめに掃除をする

いくら家の中へ花粉が入るのを防いでいても、
室内にはかなりの量の花粉が入ってきているので、こまめに掃除をしましょう。

床がフローリングの場合、毎日拭き掃除を行うと効果的です。
そして、キレイな室内はダニアレルギーの対策にもなります。

まとめ

最後になりますが、花粉症による目の症状はかゆみや充血、
涙だけではなく、腫れや浮腫もあらわれるようです。

花粉症の目の症状はとてもつらくイライラしたりもするので、
外出するときは花粉情報をチェックしたり花粉から身を守るために
完全防備で出かけるようにして、帰宅したときは家の中へ
花粉を入れないようにしっかりと対策を行いましょう。