花粉症の時期になるとくしゃみ鼻水が止まらない、
さらにがとまらないという経験をしたことはありませんか?
花粉症の症状は鼻だけではなく、にも涙が止まらないなどの症状があらわれるのです。

ここでは花粉症の症状で涙が止まらないなどの目の症状とその原因と対策
そして花粉症にはヨーグルトが本当に効果的なのかについて詳しく紹介していきます!

花粉症の症状で目から涙が止まらないなどの原因や対策とは?

120305kafunshohanaugai

花粉症によって目にあらわれる症状として、涙が止まらない
目のかゆみまぶたが腫れる、目が赤く充血するなどがあります。
このようなとてもつらい症状は、花粉の飛散が終わる時期まで続きます。

花粉症による目の症状と勘違いされやすい症状は、
片目だけ症状があらわれるや目の症状だけで鼻水や鼻づまりなどの鼻の症状はない、
目がかすむや物が見えにくいなど視力に問題があることなどです。

これらの症状は、ハウスダストダニによるアレルギー症状やドライアイ
コンタクトレンズの問題が原因という場合もあるので、
花粉症による目の症状ではないこともあります。

また、風邪の場合は目のかゆみを伴うことはほとんどないので、
涙が止まらなかったり目のかゆみがあれば花粉症か
ハウスダストなどによるアレルギー症状の可能性が高いでしょう。

花粉症によって目の症状があらわれているときに、目をこすったり、
かいたりしてしまうとさらに症状が悪化し、
さらに涙が出て止まらなくなったり、目がゴロゴロしたり、
かすみやまぶしさを感じたり、かゆみだけでなく痛みを感じるようにもなります。

そして、結膜角膜傷つけてしまう恐れもあるので、
絶対に目をこすったりかいたりしないように気を付けましょう。

涙が止まらない、目のかゆみ、まぶたがはれる、目が赤く充血するなどの
目にあらわれる症状は、スギ花粉による花粉症患者の約9割の人に見られるようです。

このような花粉症による目の症状があらわれる大きな原因の1つとして、
花粉がまつ毛に付くということがあります。

外出するとまつげに大量の花粉が付着してしまうので、
帰宅した後は顔を洗い、意識してまつ毛に付いた花粉を洗い流すようにしましょう。

それから、顔を拭くタオルも注意しないといけません。
外に干したタオルには花粉が大量に付いているので、
せっかく顔を洗ったにも関わらず、花粉まみれのタオルで顔拭くことで
再び花粉が顔に付いて目に入ってしまい、症状があらわれる原因になってしまうのです。

花粉症による目の症状の対策としては、
目薬や洗眼薬で目を洗浄することが基本になります。
洗浄することは目のかゆみや充血、涙目、眼病予防に効果があります。

そして、花粉が目に入らないようにメガネサングラスなど
(横から花粉が侵入しないゴーグルのようなデザインがおススメ)を使用すると
さらに花粉症の目に対する予防になります。

いずれにしても一時的な対症療法なので、根本的な治療にはならないのですが、
花粉による目の症状を和らげるためにもぜひ一度試してみてください。

花粉症についてはこちらの記事もご参考に!

花粉症にヨーグルトが効果的ってホントなの?

毎年花粉の飛散する時期になると、テレビなどで
「花粉症に効く〇〇」というフレーズをよく見かけるようになるのですが、
花粉症にヨーグルトは本当に効果があるのでしょうか?

結論から言うと、ヨーグルトを食べたからと言って、
すぐに花粉症の症状がおさまるというわけではないようです。

花粉症に全く効果がないというわけではないようですが、
一度花粉症の症状があらわれてしまうと、
やはりヨーグルトは薬ではないので即効性はないようです。

では、いったいなぜ花粉症にヨーグルトが効果的と言われるのでしょうか?

花粉症だけではなくアレルギー体質の人は、
腸内環境のバランスが乱れている人が多いのですが、
この腸内環境のバランスの乱れに効果的なのがヨーグルトなのです。

ヨーグルトに含まれている乳酸菌(善玉菌)は、腸内細菌のバランスを整え、
腸の粘膜を強くすることで体本来の免疫力が高まり、
花粉症の症状を和らげてくれると言われています。

したがって、花粉が飛散して花粉症の症状があらわれる時期の前だけではなく、
日常的にヨーグルトを食べるようにすると、体の免疫力を高めることができるのです。

ヨーグルトは苦手だという人は、乳酸菌飲料や乳酸菌入りの
サプリメントなどでも同じ効果を得ることができるようです。

ヨーグルトは花粉症だけではなく、大腸がんの予防やコレステロールの低減
肌荒れ便秘などにも効果があるので、
毎日の食生活の中に取り入れてうまく活用‎するようにしましょう。

まとめ

最後になりますが、花粉症の症状で目から涙が止まらないや目のかゆみなどは、
直接目に花粉が入ること以外にもまつげに花粉が付くことでもあらわれるようです。

ですから、対策としては目薬や洗眼薬で目を洗浄することが基本になり、
帰宅した後は顔を洗って意識してまつ毛に付いた花粉を洗い流すようにしましょう。

そして、予防としてはメガネやゴーグルをかけるようして花粉が目やまつ毛に付かないようにしましょう。

また、即効性はないのですがヨーグルトは、腸内環境のバランスを整えて
花粉症の症状を和らげてくれるようなので、花粉症の症状がつらいという方は
日々の食生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか。