花粉症の代表的な症状と言えば、くしゃみや鼻水、鼻づまり、
目のかゆみですが、症例は少ないけれども胃痛などいろいろな症状があらわれるようなのです。
花粉症の症状で胃痛はあまり聞かないのですが、いったい何が原因なのでしょうか?

ここでは花粉症の症状で胃痛の原因と花粉症の予防・対策について詳しく紹介していきます!

<Sponsored Link>

花粉症の症状で胃痛の原因とは?

Young woman sitting in underwear, arms across stomach and eyes closed

花粉症の症状で数少ない1つである胃痛について調べてみました。

花粉症の症状で胃痛が起こる原因はいくつかあるみたいで、
まずは寝るときに鼻水や鼻づまりの影響で寝ることができず、
睡眠不足からくるストレスによって胃痛が起こることがあります。

この他に花粉症の薬が原因になることもあるようで、
抗アレルギー薬を服用したときの副作用として胃の粘膜が傷つけられることで
胃痛を起こしてしまう
ことがあります。

それから、これらとは少し違って花粉が直接胃の粘膜に反応して、
炎症を起こすことによって胃痛があらわれる
ことがあるようです。
花粉は粘膜に反応するので、鼻や目の粘膜だけではないということです。

稀になのですが、胃や腸の粘膜、喉や気管の粘膜に反応することもあるようで、
その結果として、胃痛胃もたれ吐き気下痢耳の奥がかゆい
などいろいろな場所で症状があらわれるようです。

鼻水や鼻づまり、目のかゆみだけではなく、花粉の飛散する春と秋の季節になると
咳が一定期間止まらないや胃痛がするなどなんだかずっと胃の調子がおかしい
なんていう方は一度花粉症の可能性を疑ってみるようにしましょう。

また、食物性アレルギーの花粉症によっても、
胃痛など胃腸の調子が悪くなることもある用です。

花粉症の典型的な症状とは別に胃痛などの症状があらわれてしまうのは
本当に辛いものだと思います。
特に花粉症の薬の副作用については、鼻水や鼻づまりなどのつらい症状を
和らげるために服用しているのに、副作用で胃痛など
別の症状があらわれてしまっては悩みが増えるばかりで大変です・・・

このような場合は、一度病院へ行って医師に薬についてきちんと相談するようにしましょう。

花粉症の予防・対策はいったいどうすればよいの?

花粉症の症状の予防・対策で完全に防御したつもりでも、
花粉はどこからか付着してしまうとてもやっかいなものです。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

ですから、花粉の飛散する時期に外出するときは、
花粉を体の中に吸い込まないようにマスクメガネを着用し、
服も花粉が付きにくい素材の洋服を着るようにしましょう。

マスクは花粉やウイルスのブロック率が高いものを選びましょう。
マスクのお探しはこちら

また、乾燥して髪が傷んでいる状態では花粉が付きやすくなってしまい、
その上髪に付いた花粉は落としにくいので、外出するときはなるべく帽子などを被るようにしましょう。

そして、花粉症の予防・対策で徹底したいことが、
花粉がついたらすぐに落とすということです。
家に帰宅したときは、必ず花粉を払い落としてから家の中に入るようにして、
すぐに手や顔を洗い、うがいをする習慣を身に付けるようにしましょう。

花粉症の予防・対策のポイント

  • 1日3食をなるべく決まった時間に食べるようにこころがけましょう。
  • 積極的に緑黄色野菜や豆類などを食べるようにして、栄養バランスの良い食事をしましょう。
  • ファーストフードやインスタント食品はなるべく控えるようにしましょう。
  • 睡眠不足にならないように、規則正しい生活を送るようにしましょう。
  • 毎日欠かさずに、花粉の飛散情報などをチェックするようにしましょう。
  • 窓を開けて部屋の換気をするときは、花粉の飛散する量が少ない時間帯を選びましょう。
  • 外出するときは、必ずマスクやメガネを着用するようにしましょう。
  • 花粉の飛散する量が多い日には、セーターなど目の粗い服を着ることは控えましょう。
  • 帰宅した時は、玄関の前で必ず花粉を払い落としてからから家に入るようにしましょう。
  • 帰宅した後は、真っ先に手や顔をよく洗うようにして、うがいをしましょう。

まとめ

最後になりますが、花粉症の症状で胃痛が起こる原因は、
鼻水や鼻づまりの影響で寝不足によるストレス、花粉症の薬の副作用、
花粉が直接胃の粘膜に付くことによる炎症、食物性アレルギーによる花粉症のようです。

この中でも花粉症の薬の副作用によるものは、
花粉症のつらい症状を和らげるために服用しているにも関わらず、
薬によって胃痛など他の症状が起こってしまっては意味がないので、
早めに医師に相談するようにしましょう。

そして、このような胃痛を起こさないためにもやはり花粉症をしっかりと
予防・対策することが重要になってくるので、
ここで紹介した花粉症の予防・対策のポイントをぜひ参考にしてみてください。