花粉症症状というと、くしゃみや鼻水などがまず思い浮かぶと思うのですが、
意外と知られていないやっかいな症状もあるのです。
それが花粉症による寒気頭痛がするという症状です。
何だか風邪と間違えてしまいそうですよね。

今回は花粉症の症状で寒気や頭痛がする原因と風邪との違い、
対処法について詳しく紹介していきます!

花粉症の症状で寒気や頭痛もするってホント!?

22423707_10188

まず、花粉症によってあらわれる症状として、くしゃみ鼻水鼻づまり
寒気頭痛だるさ倦怠感微熱関節痛などいろいろと挙げられます。

花粉症でこれらの風邪のような症状があらわれる原因としては、
花粉によって引き起こされたくしゃみや鼻水など1次的な症状が
寒気や頭痛など2次的な症状を招いていると考えられています。

花粉症の症状による寒気の原因

寒気や関節痛も、花粉原因であらわれる症状として考えられています。

花粉自体には寒気や関節痛を引き起こす要因はないのですが、
体の中に花粉が入ってきたときに体が花粉を異物と勘違いしてしまうと、
防衛反応として花粉症のさまざまな症状があらわれます。
この防衛反応、つまりアレルギー症状が寒気や関節痛を引き起こす原因となるのです。

身体が花粉を風邪のウイルスという異物と勘違いしてしまうと、
身体は花粉を体の外へ追い出そうとして体温を上げてしまうのです。
その結果、体温が上がって、花粉症の人は寒気悪寒を感じることになるのです。

一般的に、寒気や悪寒は体調の不調を知らせてくれる働きをしているのですが、
体が花粉を異物と勘違いしてしまうと、風邪をひいていなくても寒気などを感じてしまうのです。

また、花粉症が原因で関節痛が引き起こされることはありません。
関節痛の場合は、花粉症の症状によるものではなく、風邪による倦怠感や関節痛である可能性があります。

花粉症の症状で頭痛の原因

花粉症の症状は、普通に症状が集中しているのですが、
鼻の症状が悪化してしまうと粘膜が腫れて炎症を起こします。

炎症を起こすと鼻水が大量に分泌されて蓄膿状態を引き起こしてしまい、副鼻腔炎になります。
この副鼻腔炎で蓄膿状態になると、副鼻腔の開口部が狭くなり、
脳に十分な酸素が行き渡りにくくなってしまうのです。
その結果、脳は酸欠状態になってしまい頭痛を引き起こす原因になるのです。

花粉によって副鼻腔炎を引き起こしてしまうと、頭痛だけではなく
全身だるさ倦怠感があらわれてくることがあります。
体全身がだるくなることは珍しい症状ではなく、鼻水や鼻づまりと合わせて
頭痛や倦怠感、歯痛、微熱という症状もあらわれます。

この副鼻腔炎の症状が慢性化してしまうと、治るまでに時間がかかってしまうので、
症状が長引くときは早めに病院へ行くようにしましょう。

頭痛の対処法

頭痛って、いきなり襲ってきて気づくと治ってますが、
その間の不快感は大きいですよね。
頭痛薬を飲んでも効くまでに時間がかかります。

そんな不調が起こりにくい体質に改善するサプリメントがあります。

1日3粒を毎日飲み続けるだけで
いきなり襲ってくる不調から解放されるんです!

自然素材で作られているので安心して飲めますよ(*^^*)
しかも美容成分が入っているので美容にも嬉しいサプリを飲んでみてくださいね。

花粉症と風邪との違いは?

花粉症と風邪の症状はとてもよく似ていて、風邪薬を飲んだとしても
症状が改善されなかったりする場合は、
花粉症によって寒気発熱などの症状が起こっている場合があります。

花粉症は基本的に熱だけの症状が出ることは少なく、
くしゃみや目のかゆみという花粉症の代表的な症状が一緒にあらわれている場合がほとんどです。

また、風邪はだいたい1週間ぐらいで治るのですが、花粉症は原因となる花粉が
飛散している時期はずっと症状が続くので風邪かなと思う症状が1週間以上続く場合は、
花粉症による体調不良の可能性を疑うようにしましょう。

花粉症と風邪の見分け方としては、花粉症の鼻水は
サラサラとした水っぽい鼻水なのですが、風邪の場合は粘り気のある鼻水です。
この他にも、風邪の症状にはない目のかゆみがある場合は、
花粉症によるものだという判断をすることができるでしょう。

最終的に、花粉症なのか風邪なのかをはっきりとさせたいという場合は、
きちんと医師に診察してもらうようにしましょう。

花粉症の症状の対処法

 

上で紹介してきた花粉症の症状の対処法としては、全ての症状の原因になっている
花粉症の対策をすることが必要になります。

外出するときは花粉を体の中に入れないようにマスクやメガネなど
物理的な花粉症の対策をきちんと行うようにしましょう。
マスク選びもウイルスや花粉のブロック率が高いものをオススメします。
大気汚染が騒がれている今、花粉以外でもマスクが必要な場合もあるので
必要な時に買うのではなく、常備しておくと便利です。

また、花粉症の症状が悪化してしまうと、ストレスを感じたり、
細菌に対する抵抗力が低くなってしまいがちです。したがって、
花粉症の時期には免疫力を保つために、睡眠や食事といった休養を取ることが大切になります。

つまり、普段の生活を見直して、規則正しく栄養バランスの良い食事
しっかりと睡眠をとることで、体調が良くなって花粉症が原因で引き起こされている
あらゆる症状に対して強い体質になっていくのです。

まとめ

GettyImages_105662779

最後になりますが、花粉症の症状で寒気頭痛といった
風邪に似たような症状もあらわれことがあるようです。

これらの症状を対処するためには、やはり花粉症の対策が基本になってくるので、
外出するときはマスクやメガネ忘れないようにしっかりと対策をするようにしましょう。