花粉症症状鼻水や目のかゆみがつらい・・・
さらにかゆい・・・痛い・・・
花粉症の症状で鼻水や目のかゆみはよく聞くのですが、
喉がかゆいや痛いというのは、いったいなぜ起こるのでしょうか?

喉のかゆみや痛みの原因は何なのでしょうか?
今回は花粉症の症状で喉がかゆいや痛い理由と鼻水を止める方法についてくわしく紹介していきます!

花粉症の症状で喉がかゆいのはなぜ?

7cc92b2b8d860b9a957d45c1ba95f9c4_s-427x420

花粉症の症状で喉がかゆいのは、花粉や鼻水によって喉が炎症を起こしているからなのです。

花粉が大量に飛散する花粉症の時期には、
鼻がかゆいという症状があらわれることはよくあるのですが、
喉がかゆいという症状もあらわれるのです。
特にスギ花粉による花粉症は、この症状があらわれることが多いと言われています。

花粉症によって起こる喉がかゆいという症状の原因は、いったい何なのでしょうか?

喉がかゆいという原因の1つは、花粉を吸い込んだときに
花粉症の症状をあらわすアレルゲンが喉にも付いてしまい
炎症を起こしてしまうということがあります。

そして、もう1つは花粉症の症状で鼻水が出るのですが、
この鼻水が喉にまで流れてしまい炎症を起こすことも原因になってしまうようです。

また、花粉症を発症したときには、特定の食べ物に対してアレルギー反応を起こしやすくなります。
例えば、スギやヒノキの花粉による花粉症の場合は、
トマトを食べたときに喉がかゆいという症状があらわれることもあります。
これを口腔内アレルギーと言います。

このように花粉症によって喉がかゆいという症状があらわれたときは、
鼻水が出ないように薬で調節したり、鼻うがいを行ったり、
鼻水がのどに流れないように外へ出すように心がけることが大切になってきます。
のど飴などもうまく活用して喉が乾燥しないようにも心がけるようにしましょう。

花粉症の症状で喉が痛いのはなぜ?

花粉症の症状で喉が痛いというのは、口呼吸鼻水が原因になっているようです。

花粉症の症状による鼻水や鼻づまり、何回も出るくしゃみなどの症状はとてもつらいものです。
しかしながら、花粉症はつらい鼻の症状だけではなく、喉が痛いという症状があらわれることもあるようです。

いったいなぜ、花粉症で喉が痛いという症状があらわれるのでしょうか?

この原因はいくつかあるのですが、鼻が詰まってしまったときに
鼻から空気を出せないので鼻で呼吸をするのが難しくなります。

その結果、鼻ではなく口で呼吸することになってしまいます。
口呼吸になってしまうと、喉が乾燥して粘膜を痛めてしまい
炎症を起こしてしまうことで痛みがあらわれるのです。

また、鼻水が出ることで鼻水が喉にまで流れてきて、
その流れてきた鼻水がのどに炎症を起こす原因になってしまい、
痛みを感じることもあるようです。

ですから、花粉症で喉が痛いという原因は鼻水にもあるので、
喉の痛みを軽減するためには鼻水そのものを出さないように
薬で対処する事が対策の1つになります。
鼻水を止めることで鼻づまりも解消されるので、
鼻で呼吸することができるようになって喉の痛みを軽減することができるのです。

そして、鼻水がのどに流れてこないようにするため、
できるだけ鼻水は飲み込まないように気をつけましょう。

花粉症についてはこちらの記事もご参考に!

喉がかゆいや痛いという症状の原因になる鼻水を止める方法とは?

0320008

鼻水を止めるためにはやはり薬が対処することが最も効果的です。

しかし、薬ばかりに頼っていてはいけないと思うので、
ここでは薬を使わずに鼻水を止める方法について紹介していきます。

垂れてくる鼻水を簡単に止める方法

早速ですが、ズルズルと垂れてくる鼻水を簡単に止める方法を紹介します。

お茶を変える

まずは体の中から改善する方法です。

こちらは緑茶なのですが、緑茶の効果をより引き出してくれる
田七人参も配合されています。

緑茶のカテキンは花粉症などに効果があると言われていますよね。
田七人参も含まれているので、より効果に期待ができますね。

毎日飲むお茶と置き換えるだけでいいので簡単に始められます。
粉包装になっているので持ち運びも便利で外出先でも飲めちゃいます。

お茶を飲んで中からムズムズを改善してスッキリな毎日を手に入れましょう(*^^*)

一時的に鼻水が止まる方法

  1. 深く息を吸い、深呼吸する
  2. 息を吐ききり、息を止めて鼻をつまむ
  3. 2秒ぐらいを目安に頭を上下にゆっくりと動かす
  4. 息が苦しいと感じる限界まで行う
  5. 限界を感じたら、鼻から手を放して息をする

たったのこれだけで、びっくりするぐらい鼻の通りがよくなるので、ぜひ一度試してみてください。

こっそりと鼻水を止める方法

  1. 口の中の上の部分を舌で押さえつける
  2. 舌を離し、眉間をギュッと指で押さえる
  3. 1と2を20回ぐらい繰り返す

口の中の上の部分を押さえつけるとき、舌が平らになるように押し付けるのがポイントです。
目が疲れたフリをしながら、眉間を押さえるようにして行うと、
まわりに気づかれずこっそりと鼻水を止めることができます。

うなじを温める

首が冷えてしまうと、鼻水や鼻づまりなどの鼻の症状が悪化するようです。
ですから、首を暖めることで症状が緩和されるので、
マフラーやホッカイロなどで首は冷やさないようにしましょう。

そして、首が冷えてしまい鼻水や鼻づまりがつらいときに無理矢理温める方法がドライヤーです。
ドライヤーを使って直接首のうなじを温めます。

うなじ付近には体を温めるツボがあるので、熱を与えることで
鼻水が止まるのと同時に体全体を温めてくれるのです。
この方法は意外だと思うのですが、即効で鼻の通りがよくなるのでぜひ一度試してみてください。

温めるといえば湯たんぽですよね。
ドライヤーを首に当てる体勢は少ししんどいです。
首に密着するタイプの湯たんぽを使ってみましょう。

鼻のツボを指圧する

鼻水や鼻づまりを解消するために鼻のツボを指圧することも効果があります。

迎香(げいこう)
鼻のトラブル全般に効くツボで、小鼻の脇にあります。このツボは、ゆっくりと5秒×5回を目安に押指圧します。

鼻通(びつう)
小鼻の少し上のくぼんだところにあるツボで、指圧すると鼻の通りが良くなります。
このツボは、鼻筋に添って上下にやや強く50~60回こすります。

まとめ

最後になりますが、花粉症で喉がかゆい痛いという症状があらわれるのは、
鼻水が喉に流れてきてしまい起こる炎症や口呼吸による喉の乾燥、
喉の粘膜に花粉が付くことによる炎症が理由としてあげられるようです。

この中でも鼻水が喉に流れてきてしまい起こる炎症によって
喉がかゆいや痛いという症状があらわれることが多いようなので、
ここでいくつか紹介した鼻水を止める方法を参考にしてぜひ一度試してみてください。