「花粉症は体質だから仕方ない」と諦めないでください!
花粉症予防として食べ物(食事)や生活習慣を見直して改善すれば、
つらい花粉症の症状をやわらげることはできます。

ここでは免疫力を高めて花粉症に負けないカラダを作るのに役立つ
花粉症予防のための食べ物について紹介していきます!

<Sponsored Link>

花粉症が増えているのは食べ物(食生活)が原因?

7-macaroni-1420814260kng84-520x346

花粉症は、鼻水やくしゃみ、目のかゆみなど不快な症状を引き起こしてしまい、
頭はボーっとして、何をしていても集中できないですよね。

スギ花粉が飛散する3月は、花粉症の方にとっては最もつらい季節だと思います。
重症化してしまうと、鼻づまりで夜も全然寝れなくて、寝不足や体調不良を訴える方も多いようです。

花粉症増加の理由とは?

ここ最近、こんなにもアレルギー疾患が増えたのは、
食事の洋風化により「高たんぱく、高脂質」の食べ物が増えたことや
環境汚染など時代の変化が背景にあるといわれています。
炭水化物が食事の中心になる発展途上国では、花粉症が少ないと言われています。

以前は日本も米や野菜が中心の食生活だったのですが、
体内の免疫を刺激しやすいたんぱく質や脂質の摂取量の増加に伴い、アレルギー疾患が多くなってきたのです。

また、アレルギーの原因となる食品添加物や加工食品、
甘いものを多く食べ過ぎる
ことによって炎症物質である
ヒスタミンやロイコトリエンの分泌が増えてしまい、花粉症の症状を悪化させやすくなってしまうのです。

あなたは普段どんなものを好んで食べていますか?普段の食べ物(食生活)について確認してみましょう。

多く食べ過ぎていませんか? 気をつけたい食べ物

  • 脂肪の多い肉・・・霜降り肉、バラ肉、ベーコン、脂身など
  • 加工品・・・ファーストフード、レトルト食品、インスタント食品
  • お菓子・・・チョコレート、スナック菓子など糖分と脂肪の多いもの
  • 嗜好飲料・・・清涼飲料水、缶コーヒーなど冷たく糖分が多いもの

花粉症予防は食べ物から?カラダの内側から花粉症対策!

767fee2d89b2f3e717090e99f6855939-500x333

花粉症予防の1つの方法として、食べ物(食生活)の見直しを行うようにしましょう。
花粉症予防も他の病気と同じで、まずは動物性タンパク質や
脂肪の取り過ぎに気を付けて、野菜中心のバランスの取れた食事をとること
が基本になってきます。

野菜に含まれるビタミン類には、他の栄養素が働くのを助けたり、
身体の生理作用を調整したりするといった大切な働きをしてくれます。
この働きが身体の免疫力を高めてくれるので、花粉症予防だけではなく、
アレルギー全般や風邪予防などにも野菜は欠かせない食べ物なのです。

逆に、インスタント食品やファストフードなどのジャンクフードは、
食品添加物が多く使われています。
これらの食品添加物がアレルギーの原因となるという調査結果もあるので、
花粉症の人や花粉症の発症前でもアレルギー体質を自覚している人は、
なるべくこのような食べ物は食べないようにすることも大切になってきます。

また、お酒や香辛料などの刺激物は鼻の粘膜の毛細血管を広げてしまい、
鼻づまりの症状をひどくするので、控えたほうがよいでしょう。

花粉症予防にはヨーグルト?

花粉症予防を食べ物から考えるときに気になるのが、
やはり最近話題になっている機能性食品です。
花粉症予防に効果があると言われている食べ物を毎日の食事に取り入れることによって、
花粉症の辛い症状がすこしでも和らぐのであれば一度試してみる価値はあると思います。

そこで今花粉症の症状を和らげてくれると言われているのが、
乳酸菌」と「ポリフェノール」です。
花粉症予防として、ヨーグルトやポリフェノール成分のお茶を
花粉症シーズンが始まる前から取り入れているという人も増えているようです。

乳酸菌はヨーグルトやチーズ、乳酸菌飲料などに入っていて、
腸で働く「善玉菌」としてとしてよく知られている成分です。
またさらに、キムチや味噌などの発酵食品にも乳酸菌はたくさん含まれています。

中でも今注目したいのが、花粉症の症状を和らげてくれるとされる「L-92株」という乳酸菌です。

実験としてすでに乳酸菌「L-92株」を摂取することで、
花粉症の方の目のかゆみや鼻の症状が軽くなったという結果が出て話題になりました。

この乳酸菌「L-92株」は、腸内の免疫細胞のバランスを整えることで、
花粉症の不快な症状を抑えてくれると言われています。
よって、花粉症のシーズンになる前から乳酸菌を積極的に取り入れることで花粉症予防につながり、
症状を軽くしてくれるでしょう。

ポリフェノールの花粉症予防効果とは?

花粉症予防として、「ポリフェノール」もとても効果的な成分です。
以前から甜茶を花粉症予防や対策に取り入れている人も多いと思うのですが、
実はこの甜茶にも甜茶ポリフェノールが含まれているのです。

花粉症予防としてポリフェノールが効果的とされているのは、
花粉症の症状を引き起こす原因となる炎症物質である
ヒスタミンやロイコトリエンの分泌を抑制する働きがポリフェノールにあるからみたいです。

一般的に花粉症予防や花粉症の症状が出てからの対策に効果があるとされている
ポリフェノールが含まれている食品やサプリメントにはどのようなものがあるのでし ょうか。

まずは甜茶なのですが、花粉症に効果的なのはバラ科の甜茶だけなのです。
バラ科の甜茶に含まれる特有の成分GODポリフェノールが花粉症の症状の鼻づまりや咳などを鎮めてくれます。

ここ最近、花粉症予防に効果があるとして話題になっている
ミニトマトの皮に含まれるというナリンゲニンカルコン、
フキに含まれるフキノール酸、しその葉に含まれるロズマリン酸、
お茶に含まれるカテキンもすべてポリフェノールの一種なのです。
ミントにはミントポリフェノールが含有されています。

まとめ

最後になりますが、花粉症は発症してからでは完治することが難しいと言われているので、
普段の食べ物(食生活)から見直すように心がけて、
免疫力を高めていくことが何よりの花粉症予防や対策になるといえるでしょう。