かかと角質ってガサガサのコチコチでがっかりしますよね。
何とか綺麗にしたいと頑張ってきたけれど。
そもそも、かかとの角質ってなぜできるのでしょう?

簡単に取れると噂のヘラで取るやつは効果があるのでしょうか?
でも、かかと水虫だったら対処方法が違うのかしら?
日頃のケアの方法も知って綺麗なかかとを手に入れましょう。

<Sponsored Link>

かかとの角質とは

2016-06-24b

かかとの角質とはかかとの角質細胞です。
肌の表面はすべて角質細胞に覆われていて、
角質自体は真皮と言われる肌の奥の部分を守っています。
角質があることで真皮が守られているので必要なものです。

しかし、この角質が足の裏にかかる負担による刺激から
真皮を守るために角質化しているものがかかとのゴチゴチになっています。

角質は肌細胞がターンオーバーによって表面に表れ、
肌細胞が細胞分裂をしなくなって角質細胞となって肌細胞を守っています。
角質細胞はケラチンというタンパク質でできていて細胞としては役割を終えています。

普通はターンオーバーによって28日周期で肌細胞は角質細胞になり
一番外側になった角質細胞は垢として剥がれます。
しかし、加齢などによって新陳代謝が低下した場合は
角質細胞が肌から剥がれずに乾燥してゴチゴチになってしまいます。

ターンオーバがうまくいっていないだけでなく、
キツイ靴やヒールのある靴も足裏に刺激があるために
この角質層が守ろうとして層になっていきます。
かかとの角質硬化症と言われる症状になっています。

角質培養だ根本改善?

肌の角質培養という言葉を聞くことがあります。
肌に出来る限り刺激を与えずに化粧品も極力使わずに保湿はするけど、
極端に栄養を与えず自分の肌にある角質を守り中から出てくる新しい肌を守る美容法です。

その経過の中でモサという白い角栓が顔から出たり
肌荒れしている状況になりますが、耐えれば根本的に肌が改善されるようです。

その方法をかかとにもできます。
こすり過ぎずに保湿を続け自分の角質で自分の肌を守る方法です。
気長に続けなければ改善されないようですが・・・

ヘラで一気に取る効果

今すでにかかとに角質が硬化してしまって歩くのも痛い!
そんな状態になってしまっている場合もあります。
白く固くなっている場合は早めに取り除くほうがいいようです。
そのままにしておくと黄色くなって削っても効果がなくなり、
病院に行って除去してもらうようになってしまいます。

長い時間かけずにかかとを一気に綺麗できる商品がたくさん市販されています。
やすりやスクラブで取る方法もありますが、
削りすぎやこすりすぎることもあってなかなかうまくいかないと思ったら試す価値はありそうです。

いろいろなメーカーからでていますが、
ローション状やジェル状の
かかとを柔らかくするものを塗ってしばらくしてから
専用のヘラを使ってこそげ落とすというものです。

無理な力をかけて必要な肌細胞まで傷つけてしまうことがないので
手軽にかかとの角質を取ることができるようです。

固くなりすぎた肌では一度には取りきれないかもしれませんが、
何回かするうちに取れそうです。
削らないタイプの徐々に角質が、はがれてくるピーリングジェルもあります。

かかとの角質をヘラでとる使用法動画

角質を取った直後、無防備になったかかとを充分に保湿することが大事です。

↑の動画ではこちらのハードスキンリムーバーを使用していますね。

角質を取ったあとも角質を固くゴチゴチにしてしまわないように、
保湿をこころがけることで硬くなるのを防げます。

かかと水虫だったら・・・

かかとが白くなって角質なのか水虫なのかわからない場合は多いようです。
根本的に対処が違うのでこれは見極めることが重要になってきます。

家族に水虫の人がいる、自分の足の指が水虫、
足の裏のかかと以外のところもポツポツと皮がむけている。
このようなことが当てはまればかかと水虫の可能性が高いです。
冬にアカギレのように割れてくることもあります。

かかと水虫の場合は削ったり軽石でこするのは厳禁です。
かかとを保湿しながら適切な薬で水虫の白癬菌を退治しないと治りません。
症状によって市販の薬を使うか、病院で治療が必要になります。

日頃のケア

かかと水虫でなく角質化しているかかとの場合は積極的に
セルフケアして固くならないように対策することで
肌のターンオーバーを助けることはできます。
無理に角質を除去し続ければそれも刺激になってより肌が守ろうと固くなっていきます。

除去したあとはかかと専用の保湿クリームなどで
いつも潤う状態にすることで時間はかかりますが改善されていきます。

やりすぎなくてもお風呂の後清潔なかかとにクリームを塗って乾かさないことで
中の新しい細胞を守ろうとすることを助けることができ、極端に固くなることを防げます。

まとめ

2016-06-24c

日頃のお手入れできれいなかかとを保ってください。
保湿が加齢や刺激から肌を守ってくれるのは顔も同じですね。
自分のかかとの状況に応じて試してみてください。