今話題になっている角質培養をご存知ですか?

沢山の基礎化粧品を使うのではなく、あくまでシンプルな方法で行い
肌の調子を整える角質培養は、肌本来の力を取り戻します。

今日は角質培養に大切な保湿や、
角質培養に効果がありそうな物を徹底比較してみました!
これを参考に、肌本来の力を引き出してみませんか?

角質培養の保湿におすすめのものは?

2016-06-01b

角質培養は、様々な基礎化粧品によって薄くなり、
バリア機能が低下してしまった肌を、いたってシンプルな形でスキンケアを行い
角質層の機能を健全に育てるためです。

その為、多くの成分が入ったスキンケア用品ではなく
洗顔や化粧など出来るだけ何もせずに角質が正常に育つまで見守ります。
しかし、唯一して良いことが保湿です。
では保湿にはどのようなものが良いのでしょうか?

保湿能力が高い化粧水や乳液

肌に対しては唯一行える保湿は、保湿能力に重きをおいているものがおすすめです。

中でもセラミドは、角質層で水分を保持する機能と
バリア機能を担っている成分なので、セラミドが含まれているものが良いでしょう。

白色ワセリン

赤ちゃんの保湿剤としても有名な白色ワセリン。
黄色ワセリンよりも純度が高く、添加物が入っていないものになります。

白色ワセリンは保湿成分というよりも、
肌を刺激から保護してくれる役割があります。
肌を刺激から守り、本来の力を発揮しやすい環境を整えてくれるので、角質培養が行いやすくなります。

ちなみに、昔はワセリンを使うと日焼けをすると言われていましたが
現代のワセリンは精製度が高く、不純物がほぼないので日焼けすることはまずありません。

ベタベタした感覚なので少量を伸ばして使うと良いでしょう。

よく角質培養に良いって効くけど効果はあるの?

角質培養も、個人個人によって様々な方法があります。
ここでは角質培養に効果があると言われているものを、調べてみたいと思います。

ホホバオイル

角質培養といったらホホバオイルといわれるくらい、メジャーな存在です。

ホホバオイルは、ロウエステルという液状のワックスで、
人の皮脂と同様の成分になります。

酸化しにくく、皮脂を調節してくれるということもあり、大変優れ物になります。
ホホバオイルを使用する時には、
シアバターも併用して使用すると効果が高まります。

角質培養を始める方は、一度試してみると良いかもしれませんね。
しかしホホバオイル日焼けをしてしまうことがあるので
外出するときなどには気をつけましょう。

アルガンオイル

アルガンオイルとはアルガンノキの種から取れるオイルで
抗酸化作用、活性酵素の除去力が高いのが最大のメリットです。

少しべたつくので好みは別れますが、少し年齢が上の方には
アルガンオイルのほうが良いと言われる方が多いです。
肌を保護し潤いを保ちながらも、
肌の角質を育てることを補助してくれるので角質培養には効果があると思われます。

ホホバオイルとよく比較されるのですが、
ホホバオイルは比較的サラサラとしていて、
アルガンオイルは少しベタつきがあるので両方手にとって比較してみると良いでしょう。

化粧水

日頃のスキンケアには必須の化粧水ですが、
角質培養には基本的には化粧水は必要ありません。

理由として化粧水の成分の大半が水になるので、保湿成分が入っていても
ごく少量になる上に、肌には必要ないケミカル物質も多く含まれているので
基本的には使用しなくて大丈夫です。

しかし、セラミドやヒアルロン酸といった保湿成分が多く含まれているものならば
使用するのにも効果は感じられるでしょう。

しかし、セラミドなどは多く含まれれば含まれるほど
粘り気が出てくるので化粧水よりも美容液に分類される事が多いです。

何が入っているかをきちんと確認し目的に応じて使用することは良いですが
角質培養には、化粧水ではなくオイルなどを使用するほうが良いでしょう。

ファンデーション

角質培養は何もつけないことで角質を育てるので
ファンデーションも極力控えることが望ましいです。
しかし、生活をしているとそんなわけにはいきませんよね。
では、どういったファンデーションが良いでしょうか?

ファンデーションを使用すると必ず必要になるのがクレンジングですよね。
できるだけクレンジングも控えたいので、
すぐに落とすことが出来るファンデーションが良いでしょう。

角質培養中にはリキッドファンデーションではなく
パウダーファンデーションを使用しましょう。
リキッドファンデーションには肌になじませるために
油分や乳化剤が多く使用されていて、尚且つ落としにくい物が多いです。

それに比べて、パウダーファンデーションは油分などは含まれてはいないので
落とすときにも負担は減らすことが出来ます。

ミネラルファンデといったタルクが入っておらず、
石鹸だけで落ちるものも出回っているので、こちらも利用してみる価値はあります。

しかし、あくまでも最低限の使用に控えましょうね。

まとめ

2016-06-01c

今は沢山の化粧水に乳液、
美容液…と肌に良い成分を謳っているものがありますよね。

もちろん一概にそれらがいけないのではありません。
目的を持って使用することは良いことですし、必要なときもあると思います。

しかし、いつまでたっても肌の調子が治まらない、といったことがあるならば
一度角質培養をしてみてはいかがでしょうか?

沢山のものを摂取したり利用している現代で、
シンプルなものに変えてみて本来の力を取り戻すことも良いのではないでしょうか。