昨日まで暑かったのに急に寒くなったり、
灼熱の外とエアコンが効いた室内などの
気温差が激しい場所を行き来すると起こる寒暖差アレルギー

この寒暖差アレルギーにはどんな症状があり、
どんな対策をすれば良いのでしょうか?
そんな知識について、ご説明します。

寒暖差アレルギーはなぜ起こる?

2016-08-05b

鼻水、くしゃみなど、主に鼻の症状が出やすい寒暖差アレルギーですが、
これがどんな理由で生じるのかを知っておきましょう。

この症状は正式には、「血管運動性鼻炎」と呼ばれていて、
主に7℃以上の気温差で生じる、鼻の粘膜のむくみから引き起こされます。

人の身体は、温度差に合わせて体温管理ができるように、自律神経に支配されています。

ですが、自律神経の反応が追いつかないほどに急激な気温差に晒されると
誤作動を起こし、鼻の粘膜が腫れてしまうのだそうです。

ちなみに、寒暖差「アレルギー」という通称で呼ばれていますが、
これは厳密に言うとアレルギーではありません。
アレルギーとは、アレルゲンという特定の物質に反応を起こすことを言いますが、
この寒暖差アレルギーはアレルゲンが無くても起こる症状だからです。

寒暖差アレルギーの基本的な症状は

血管運動性鼻炎」という名称からわかる通り、
寒暖差アレルギーの主な症状は、鼻水、鼻づまり、くしゃみなどになります。

鼻の粘膜のむくみから起こるのですから、
花粉症と症状が似ているのも納得できますね。

また、と鼻はつながっているため、
寒暖差アレルギーで耳の不調が出てしまうケースもよくあります。
鼻詰まりや鼻水を解消したいからと鼻を勢いよくかんだせいで
耳の内部の圧が変化し、鼓膜をずらしてしまうことがあるからです。

急に垂れ落ちる鼻水を急いでかんでは耳にダメージを与えてしまいます。
ゆっくり、落ち着いて少しずつ鼻をかむようにしましょう

また、鼻詰まりを解消するツボもありますので、こちらも参考にして下さい。

こんな症状も寒暖差アレルギーのせい?!

寒暖差アレルギーによって生じるのは、
鼻水や耳鳴りだけではありません。

寒暖差によって自律神経が狂うのですから、
たくさんの症状が出ても不思議ではありませんよね。

例えば、めまいや立ちくらみ。
寒暖差で血管が急激に拡張するため、
一時的に貧血のような状態になって起こるようです。

また、後鼻漏という症状が出る人もいるようです。
これは、鼻の奥から喉に鼻水が流れ込む症状を言いますが、
実は人体において喉に鼻水が落ちることは異常ではありません。

ただ、寒暖差アレルギーにより鼻水の量が増し、
おまけに自律神経が過敏になって気になるという理由で、
後鼻漏を訴える人が多くなるようです。

他には、自律神経に深いかかわりがあるアトピー性皮膚炎も、
寒暖差によって症状が出てしまうことがあります。

まとめ

2016-08-05c

いかがでしたでしょうか。
寒暖差アレルギーと呼ばれる症状について詳しくお伝えしました。

寒暖差アレルギーを防ぐためには、
急激な気温差を感じないように室温管理をしたり、
このようなカーディガンを着るなどして工夫するのが一番です。

コンパクトなものであれば持ち運びにも便利ですよ。
それが難しい場合は、日頃から自律神経を乱さないような生活を送ることが大切です。

規則正しい時間に就寝し、3食よく食べること。
そして、ストレスを溜めないことも忘れてはいけません。
自律神経はストレスによって簡単にダメージを受けますから、
普段からストレスが少ない暮らしを送ることによって、
外的要因に左右されにくくなるからです。

もし、気温の管理も自律神経の管理も及ばず、
寒暖差アレルギーの症状に苦しめられるようなら、迷わず耳鼻科に行きましょう

適切な薬を処方してくれたり、必要であれば手術などの処置がとられます。

自律神経に関わるものですから、
鼻の症状くらいで……と放っておくのは少し危険です。
寒暖差アレルギーかな?と思ったら、すぐに対処を心がけましょう。