汗疱とは指のアトピーと言われていて、
手や指、足の裏などの主に指の付け根に水ぶくれが出来る病気です。

皮膚に水ぶくれが出来、それが破れて湿疹になり最後に皮が剥けて治ります。
ウィルス性のものではないのでうつる心配はありませんが
何度も繰り返している内に、皮膚が固くなり
亀裂を生じてあかぎれなどになったり、
ジュクジュクしていると痒みを伴ったりして日常生活に支障が出ます。

今日は汗疱の対策や予防方法、薬の効果などをお話したいと思います。

<Sponsored Link>

汗疱のヒビ割れの対策方法

2016-05-23b

汗疱にくり返しなると皮膚が固くなりひび割れを起こしてしまいます。
そうなった時の対処はどのようにすればよいのでしょうか?

傷の保護は絆創膏包帯で!
ひび割れをしてしまうと、痛みを生じたりします。
その時には絆創膏や包帯で傷を保護してあげましょう。
他の人にうつすというよりも、
傷を保護することで直接的に物に触れずにすみますので、汗疱がひどくならずにすみます。

絆創膏でも、ずっとつけておくだけで治癒に向かうものも出ていますので
そういった物など、自分にあったのを探してみましょう。

痒みがひどい場合は病院へ!
汗疱が破けてジュクジュクとし始めると痒みを伴う方が多くいます。
その場合は病院へ行き痒み止めを処方してもらいましょう。

保湿をしっかりと行いましょう!
汗疱が湿疹になり乾燥してくると、ヒビ割れの原因になります。
絆創膏などで保護することが大切ですが
他にも周りをしっかりと保湿し、ひどくならないようにしましょう。
保湿剤やオイルなどを小まめに塗ったり、ワセリンでカバーすると水も弾くので予防にもなります。


ステロイド剤で治った方もいます。

ヒルドイドの保湿効果は?

病院で処方してもらえる保湿剤でヒルドイドという薬剤があります。
赤ちゃんからお年寄りまで誰にでも使用することが出来、高い保湿性があるのが特徴です。
汗疱の場合もヒルドイドは効果的なのでしょうか?

乾燥に効果あり!汗疱の悪化を防ぐ。
ヒルドイドは皮膚科や小児科で多く処方されており、
乾燥からくる痒みやひび割れなどにとても効果があります。
また、ヒルドイドには血行を促進する成分も配合されているので
一時的に塗った箇所が赤みを帯びますが、時間とともに消えていくので心配はいりません。

ビオチンの効果は?

ビオチンとは最近話題になっている成分で、
美肌を作るためには高い効果を発揮してくれる成分です。
薬局のサプリメントのコーナーや栄養補助食品などにも表示があるので
ご存じの方もいらっしゃるかもしれません。

皮膚の再生能力を高めてくれる
ビオチンが不足すると、爪がもろく割れてしまったり
湿疹ができてしまったり、寝付きが悪くなったりします。
逆に、ビオチンを摂取すると、ハリのある肌を手に入れることができます。

それは、酵素の働きを助けてくれる補酵素としての役割や代謝も促してくれるからです。

他にも様々な働きを助けてくれ、
皮膚の炎症を抑えたり、血液を循環する力も持っています。
そして、何よりも皮膚の機能を正常に保ってくれるため再生する能力を高めてくれます。

このように、皮膚の再生能力を高めるビオチンは
汗疱からくる肌荒れにも効果的に働いてくれます。

ビオチンは、くるみやレバー、牡蠣やきなこ、
卵黄などに多く含まれていますので日常的に摂取することが望ましいでしょう。

ビオチンが効かない時にはどうすればいいの?

汗疱など、皮膚の炎症を抑えてくれる働きがあるビオチンですが効かない時があるようです。
そんな時にはどうしたらよいでしょうか?

病院を受診しましょう!
もしもビオチンを摂取していて悪化したり
一向に治まらない場合は一度専門科に診てもらうことが1番良いです。

もしかすると、汗疱ではないものかもしれませんし
ビオチンでは補えないほど悪化が著しいのかもしれません。
素人では判断がつきにくいので、きちんと指示通りに薬を塗りましょう。

サプリはビタミンと一緒に摂取しましょう!
もしもビオチンのサプリを単体で飲んでいるならばもっと効果を上げる方法があります。

それはビタミンCと一緒にとることです。
ビオチンは乳酸菌のエサになるので、ビオチンだけ摂取していても
乳酸菌を増やすだけで、効果をいまいち感じることは少ないかもしれません。
ですので、ビオチンの吸収率を高めてくれるビタミンを一緒に摂取しましょう。
今はビタミン剤も薬局で多く販売されています。

汗疱の予防方法は?

ひどくなるとに日常支障をきたす汗疱。
実は汗疱は原因がわかっていません。
では、予防するにはどのような法が良いのでしょうか?

乾燥をしっかり防ぐこと!
汗疱になる原因として乾燥が考えられます。
なので指や手の保湿をしっかりと行うことが大切です。
ハンドクリームなのでマメに保湿をしたり
洗い物の際にはゴム手袋をしたりして予防しましょう。

規則正しい生活と食事をすること!
体調が優れなかったり、ビタミンが減っていると汗疱になりやすいです。
そのために、は、生活習慣をきちんと改め、
食事もきちんと栄養が偏らないようにすると良いでしょう。
特にビタミンを多めに取るよう意識すると良いですね。

アレルギー物質を取り除くこと!
金属や食べ物のアレルギーが汗疱の原因とも考えられています。
もしもアレルギーがある場合にはしっかりと除去して生活をすることが大切です。

まとめ

2016-05-23c

原因がはっきりとわかっていないので、
しっかりと予防策は未だにわかっていません。
しかし、規則正しい生活や食生活を送ることは汗疱以外にも予防することが出来ます。

もしも発症した場合も慌てずに対処し、もし気になることがあれば病院を受診しましょう。