手や足に水ぶくれを伴うかゆみや痛みを経験した方も多いのではないでしょうか。
それらの症状がある場合、汗疱という皮膚疾患の可能性があります。

その水ぶくれが破裂してしまうと、激しい痛みに襲われ、
日常生活もままならないほどになってしまうケースもあるそうです。

汗をよくかく人や、ストレスがたまっている人などが汗疱にかかりやすいそうで、
特に妊婦さんは汗疱になりやすいと言われています。
なぜ妊娠中は汗疱にかかりやすいのでしょうか?

今回は妊婦と汗疱についてをメインに書かせていただきます。

なぜ妊婦は汗疱になりやすいの?

汗疱の症状は前述の通り、多数の水ぶくれが手足にでき、強いかゆみを伴う皮膚疾患です。
水ぶくれが破裂しても、破裂した部分はなかなか乾燥せずに
ジュクジュクした状態が続き、より強いかゆみと痛みに襲われてしまいます。

原因としては、汗をよくかく、精神的なストレスをかかえていること以外にも
自律神経の乱れアトピー免疫の低下などがあげられます。

特に妊婦が汗疱にかかりやすい理由は、
先ほどあげた原因に書いた中でも主にが原因だと言われています。

妊娠中はホルモンバランスの影響で身体がぽかぽかし、汗をかきやすくなっています
更に母体の栄養が赤ちゃんに行き、お腹も重たくなったり子宮に器官が圧迫されたりと、
今までよりも体力の消耗が激しくなり、
免疫も低下しているため病気にもかかりやすくなっています。
これらが汗疱にかかりやすくさせてしまっている要因なんだそうです。

汗疱は温めるも冷やすも個人差あり!

汗疱は温めた方がいいのか冷やした方がいいのか調べたところ、
ネット上にてどちらの意見も見受けられたので自己判断にお任せします。

汗疱は冷やす痛みが和らぐので保冷剤があると便利という意見と、
ぬるま湯に浸かって芯から身体を温めて汗をかくことが良いという意見がありました。

ただ長風呂しすぎるのはよくなく、破けてしまった水ぶくれがある場合は
極力水につけないようにしなくてはならないそうです。

汗疱の対処法

患部にステロイド軟膏を塗ることです。
皮膚の湿疹にはステロイド薬がとても効果が高く
即効性もあるため、皮膚科でも汗疱の方には処方されています。

副作用も長期的に使用せず、
医師に指導された通りに使用していたらさほど心配することはありません
妊娠中の場合はステロイドによる副作用が赤ちゃんに無いのか心配になりますよね。

軟膏の場合は、症状のある部位に直接作用する薬で、
ステロイドなどの成分が体内に吸収されるのは微量なので、
用法をしっかり守れば使用しても問題はないそうです。

ただし、個々の体質や、医師によっては妊娠中には薬を使用するのはよくないと
様子見になる場合もあるので医師の指示を仰いでから使用するようにしましょう。

やっぱりステロイドは怖いという方にはコーフルAという非ステロイド軟膏があります。

こちらも汗疱にはとても効果が高いらしく、ステロイドも含まれていないため、
お腹の赤ちゃんへの影響や副作用も心配することなく使用できます。

薬局で買うことが出来るのでおすすめです。
汗疱にかかる前に、自律神経を正し、免疫が低下しないよう規則正しい生活
適度な睡眠を取ることを日頃から心がけ、汗のかきすぎを防止してくれる手汗クリームなどを使用することで予防になるそうです。

汗疱についてはこちらの記事もご参考に!

汗疱への効果的な塗り薬

マルチビタミンやムヒソフト、メンソレータム、ハトムギは汗疱への効果はあるんでしょうか?
一つ一つ簡単にまとめていきたいと思います。

マルチビタミン

マルチビタミンとは様々な種類のビタミンが含まれたサプリメントです。
その中に汗疱に効果があると言われているビオチンも含まれています。

ビオチンとは汗疱とよく似た皮膚の疾患である掌蹠膿疱症の治療の際に
摂取されているものなのだそうですが、
両者とも症状がよく似ているため汗疱の治療にも使用されることがあるそうです。

ビオチンは単体では乳酸菌のエサにされてしまうため、
ビタミンC併用することで吸収を助けてくれるそうです。

なのでビタミンCも含まれてるマルチビタミンが汗疱の予防に良いとされているようです。
https://witter.com/zadkielheart/status/882752443192270848
妊娠初期はビタミンAの過剰摂取はよくないとされているので、医師に相談した上で飲むか、控えておいた方がいいです。

ムヒソフト

ムヒソフトにはかゆみを抑える効果があります。
汗疱を治してくれるわけではないそうですが、
刺激が少なく即効性があるので辛いかゆみを出来るだけ早く抑えるのに良さそうですね。

メンソレータム

メンソレータムもムヒソフトと同様にかゆみを抑える成分が含まれています。
即効性がある非ステロイド薬なので妊娠中でも使用できますね。

ハトムギ

ハトムギは肌荒れイボむくみに良いとされています。
汗疱への効果については根拠のある情報が出てきませんでしたが、
ハトムギ茶を飲んでたら良くなってきたという声もあったので試してみるといいかもしれません。

ただ、妊娠中の方は子宮収縮作用があると言われていて、
流産や早産になってしまうかもしれないので絶対に飲まないようにして下さい。

まとめ

私自身も中学生の頃に軽いですが汗疱に悩まされていました。
今では免疫もついたのか、手汗クリームを使用しているだけで汗疱になることはなくなりました。

私の使用しているクリームは
テサランというものなのですが、汗腺を覆って手汗を抑えているそうです。

肌への負担も少なく、最長72時間効果が継続するということで購入してみたら、
サラサラで塗り心地も良くて汗も抑えられるし、私にはとても合っていました。

もしも、興味があればぜひ試してみてくださいね。