もし感染性胃腸炎になってしまったら、
食事はいつから食べたらよいのでしょうか?
これは誰もが一度は疑問に思ったことであることだと思います。

そこで、今回は感染性胃腸炎の原因や症状、治療や予防について紹介していきます!

<Sponsored Link>

感染性胃腸炎とは?

1384352235XzarvLPlf2o9B3B6_post

感染性胃腸炎とは、
主にウイルスや細菌などの微生物を原因とする胃腸炎の総称です。

原因となるウイルスとしては、「ノロウイルス」、「ロタウイルス」、
「サポウイルス」、「アデノウイルス」など、
細菌には「腸炎ビブリオ」、「病原性大腸菌」、「サルモネラ」「カンピロバクタ」などがあります。

感染性胃腸炎の主な症状としては、腹痛下痢嘔吐発熱です。
「ロタウイルス」「アデノウイルス」による胃腸炎は、乳幼児に多く見られます。

これらの胃腸炎は症状のある期間が意外に短く、特別な治療法がないことから、
ウイルス検査を行わず、流行や症状から「感染性胃腸炎」と診断されることもあるようです。

感染性胃腸炎は、どうやって感染するの?
感染性胃腸炎の原因となるウイルスや細菌などの微生物によって
汚染された食事や水を食べたり飲んだり、
感染した人の便や吐き出したものに触った手を介して、
微生物が口に入ったりして感染します。

これを経口感染と言います。

感染性胃腸炎の症状は?

201351315587

感染性胃腸炎は1〜2日間ぐらいの潜伏期間を経て、
一般的な症状として吐き気嘔吐下痢腹痛37℃ぐらいの発熱が表れます。(症状のひどさ には個人差があります)

ノロウイルスを原因とする場合は、
症状が続く期間は1〜2日と短期間なのですが、
ロタウイルスを原因とする場合は5〜6日間続くこともあるのです。

また、ロタウイルスによる感染性胃腸炎の場合、便が白色になることもあります。

感染性胃腸炎の治療は、どうすればよいの?

感染性胃腸炎でウイルスを原因とする場合は特別な治療法はなく、
症状を軽くするための対症療法が基本となります。

一般的に、お腹の調子を整えるために整腸剤が処方されます。
吐き気がひどい場合には吐き止めが処方されます。
下痢止めは、腸内の細菌や毒素の有害物を
体の外へ排出する体本来の防御反応のこともあるのであまり使用しません。

また、細菌性が疑われる場合には抗生物質が処方されます。

感染性胃腸炎になってしまった場合、食事はいつから?

efa3cf2b69dfcc676bca627f76c14acb

感染性胃腸炎に感染してから
最初の半日ぐらいは吐き気や嘔吐がひどいので、
その間は無理に食事をしないようにしましょう。
吐き気や嘔吐が少しずつ落ち着いてきたら、
水分を少しずつ数回に分けて飲ませてあげましょう。

そして、吐いたりしないようであれば、
うどんや柔らかめのご飯(おかゆ)などを少しずつあげてみるようにしましょう。
(脂っこいものは、避けた方が良いです)
母乳やミルクは、そのままあげてもらって大丈夫です。

お風呂やシャワーは全然大丈夫なので、
特にお尻をきれいに洗うようにしましょう。

また、乳幼児や高齢者の場合は
下痢などによって脱水症状を起こすこともあるので、
その場合は早めに病院へ行って診察を受けることをおススメします。

感染性胃腸炎の予防

感染性胃腸炎の予防として、最も大事なことはうがいと手洗いです。
特に排便後、また調理や食事の前には石けんと流水できちんと手を洗うようにしましょう。

便や吐き出したものを片づける時は、
直接触れないように必ず使い捨て手袋にマスク、エプロンを着用し、
片づけた後は石けんと流水でしっかりと手を洗うようにしましょう。

菌の混ざった嘔吐物などを片付けるのに便利な処理グッズは
1セット常備しておくと、いざという時に大変役立ちます。

また、カキなどの二枚貝を調理するときは、
中心まで十分に加熱するようにしましょう。
(中心温度85℃1分以上の加熱が必要)

感染性胃腸炎になってしまった場合、いつぐらいから学校などへは行ってもいいの?
いったいいつから学校などへ行っても
大丈夫なのかとみなさん疑問を抱くことは多いかと思います。

感染性胃腸炎の場合、学校保健安全法では
出席停止について特に明記された疾患ではないのです。
ですから、嘔吐や下痢がおさまって、
本人の体調が回復すれば、登園・登校しても大丈夫なのです。

まとめ

最後になりますが、感染性胃腸炎の症状がおさまった後も、
約1週間ぐらいは便の中にまだウイルスが排出される恐れがあるため、
手洗いはきちんと行うようにしましょう。