鏡を見るたびに気になるし、恥ずかしい顔の粉吹き肌・・・
空気の乾燥した冬になると、粉吹きやかさつきが特に気になる方が多いのではないでしょうか?

そもそも、顔の粉吹きの原因とはいったい何なのでしょうか?

今回は、顔の粉吹きの原因について内的な原因と外的な原因について紹介していきます!

粉吹き肌とはどんな状態?

kansouhada-475x245

粉ふき肌とは、肌が乾燥して白っぽく粉をふいた状態のことを言います。

この白い粉の正体は乾燥して粉々になった角質層で、
症状がさらに悪化すると肌がひび割れてめくれあがった状態になってしまいます。
何もスキンケアをせずにそのままにしていると、
症状が繰り返してさらに進行してしまうという悪循環に陥ってしまうこともあります。

角質層は、ウイルスや細菌、紫外線、異物、刺激などの侵入を防いだり、
体内の水分の蒸発を防ぐバリアなのです。

この角質層が外部からダメージを受けると亀裂が入り粉ふき肌になってしまうのです。
顔以外ではすねが皮脂の分泌量が少なく、
身体の中でも乾燥しやすいところで粉ふき肌になりやすいと言えるでしょう。

粉ふき肌の原因とは?

kagami%20josei1

粉ふき肌の原因として、環境による外的な原因体調による内的な原因があると考えられます。
特に関連していると思われる原因についていくつか紹介します。
化粧水やボディミルク、ボディオイルなどで保湿しても改善されないという場合は、
環境だけでなく体調のケアをしなくてはいけないでしょう。

まずは、粉吹きの内的な原因について紹介していきます。

血行不良

血行が悪くなり細胞が弱ってしまうと、どうしても乾燥しやすい肌になってしまいます。

血行が悪くなると細胞に栄養や酸素が行き渡らないようになり、
細胞が弱ってしまうのです。
特に冬場は気温が低いので、手や足、耳などの末端部分の血行が悪くなります。

弱った細胞は正常に機能しなくなり、バリア機能も弱くなり保湿機能を失ってしまいます。
その結果、乾燥して粉ふき肌になってしまうのです。

栄養不足

栄養が偏り細胞が弱ってしまうと、乾燥しやすい肌になってしまいます。

新しい肌は皮膚の最下層(基底層)で生まれ、
次に生まれた細胞によって肌表面に押し上げられて行きます。
これを繰り返して最後に垢(角片)となってはがれ落ちるまでの新陳代謝の流れを
一般的にターンオーバーと呼びます。

栄養の偏った食生活をしていると、新しく生まれる細胞に必要な栄養が不足してしまいます。
よって、新しく生まれた細胞が栄養不足なら、
角質層も正常な働きができないという状態になってしまうのです。

ピーリングでターンオーバーを促しましょう。
他のスキンケア商品より刺激がありますので、週一回程度にしておきましょう。

こちらは敏感肌です。詳しくは楽天やamazonでチェックしてみてください(*^^*)
ピーリングのあとはしっかり保湿も忘れずに。

老化

老化により新陳代謝が低下しまうと、乾燥しやすい肌になってしまいます。

新陳代謝は、年を重ねるにつれて低下します。
新陳代謝が低下してしまうと、肌の潤いを保つ天然保湿因子角質細胞間脂質
皮膚膜などが減少してどうしても乾燥しやすくなってしまうのです。

次に、粉吹きの外的な原因について紹介していきます。

洗い過ぎ

洗うときに擦り過ぎて角質層を傷つけてしまうことで、
乾燥しやすい肌になってしまいます。

硬めのナイロンタオルなどで体をゴシゴシと洗う人が多いと思うのですが、
ゴシゴシと強く洗ってしまうと必要以上に角質層を取り去ってしまいます。

傷ついた角質層は正常なバリア機能の役目を果たせなくなり、肌の潤いを保てなくなってしまうのです。

また、必要な皮脂まで洗い流してしまうことで、乾燥しやすい肌になってしまうのです。
肌は、皮脂腺や汗腺などから分泌される皮脂によって守られています。
肌の表面を弱酸性に保つことで菌の増殖を抑えるバリア機能の役目を果たしています。

市販の石けんは弱酸性ばかりではなくアルカリ性の石けんもあるので、
泡立ちが良いからといってアルカリ性の石けんを使用すると
肌本来のバリアまで洗い流してしまうことになるので、潤いを保てなくなってしまうのです。

過度の暖房

過度のエアコンによって乾燥した空気を作ってしまい、肌が乾燥しやすくなってしまいます。

エアコンは、部屋の空気を乾燥させてしまいます。
冬はただでさえ空気が乾燥しているのに、
エアコンによってさらに乾燥した環境を作ってしまうのです。
その結果、肌が乾燥しやすくなってしまい、さらに内的な原因が重なると
完全に乾燥しやすい肌になってしまうということになるのです。

まとめ

最後になりますが、顔に限らず粉吹き肌は上記のような
内的な原因と外的な原因によって引き起こるものです。

原因をきちんと理解することで対策や予防に繋がるので、
心当たりのある人は普段の生活や習慣を見直すようにしましょう。

粉吹きの対処法についてはこちらを参考にしてください!