朝起きると顔がむくんでしまい、ブサイクな顔になっていることはありませんか?
この「むくみ」を甘くみてそのまま放置していると、
たるみやシワ、色素沈着の原因になってしまうのです。

そこで今回は顔のむくみとたるみの関係性とむくみの予防法について紹介していきたいと思います!

<Sponsored Link>

顔のむくみとたるみの関係とは?

kagami

顔のむくみを引き起こす原因として、水分の摂りすぎ
塩分の摂りすぎアルコールなどいろいろとあります。

とにかく顔のむくみの原因というのは、
正常に代謝が行われなくなってしまうことが大きな影響を与えているのです。
ですから、どんなに水分や塩分、アルコールを摂取しても、
代謝が活発であれば顔はほとんどむくんだりしないのです。
正常に代謝が行われていれば、水分も塩分もアルコールも時間が経てばきちんと排出されるのです。

基本的に、顔と言うのは、体の一番上にあるのであまりむくんだりすることはないのです。
もしむくんでしまったとしても、時間が経てば解消されることが普通なのです。
それなのに顔がむくんでいるということは、代謝が悪くて、
摂取したものや老廃物がきちんと排出されていないということです。

また、顔のむくみをそのまま放置しておくと、それがたるみを引き起こしてしまう恐れがあります。
むくみは、皮膚の下に血しょう成分が溜まってしまっている状態で、
これをそのまま放置しておくと、重力によって皮膚が垂れ下がってしまいます。
つまり、血しょう成分が下の方に引っ張られることで、
皮膚も下に引っ張られてしまい、それがたるみになってしまうんです。
したがって、顔のむくみはたるみを引き起こす原因にもなってしまうのです。

顔のむくみは体のむくみと違い、気がつかなかったり、
気づいてもケアをしない人が意外に多いものです。
よって、気がついたら目の下がたるんでいたり、
フェイスラインや頬がたるんでしまったということになるのです。

たるみを引き起こさないためにも、きちんと毎日ケアをして顔のむくみを取るようにしましょう。

たるみにつながる顔のむくみを予防する方法は?

Fotolia_44615029_XS

体のどの部分にできるむくみもそうなのですが、
とにかくむくみを解消するためには、
むくみを引き起こす要因となるものへの対処が必要になっています。

顔のむくみの場合、足とは逆で寝てから起きたときの方がひどいという方も多いでしょう。
このようなむくみは、特に予防が大切なのです。
アルコールを取りすぎないや塩分を取りすぎないというのはもちろん基本的なことです。

そして、疲れや老廃物を翌日に持ち越さないようにするということも大事です。
半身浴をして汗をたくさん出したり、寝る前にはストレッチをするということは、
顔のむくみ予防には効果抜群なのです。

きちんと疲れを取って、リラックスした状態で寝ると、
体内の循環も良くなるので顔のむくみを予防することができます。

もし予防しても顔がむくんでしまっていたら、
軽く運動をして血流やリンパの流れを促してあげましょう。
ラジオ体操などはしっかりと全身を動かすので効果的です。

また、即効性を求めるなら、やはり顔のマッサージがおススメです。
目のまわりがむくんでいる場合は、ツボを刺激するようにしましょう。
目頭と眉頭の間のくぼみ、黒目の上のところ、目尻、目頭の下のところ、
黒目の下のところを20秒ぐらいずつ軽く押してください。

そして、溜まっている水分を優しく押し流すような感じで
目のまわりを目頭から目尻まで数回マッサージしましょう。

頬がむくんでいる場合は、小鼻から頬骨の下の部分を通って、
耳の手前まで水分を押し流してあげましょう。
フェイスラインがむくんでいる場合は、人差し指と中指で
フェイスラインをはさむようにして、あごから耳の後ろまでを
マッサージするようにしましょう。

これだけでも、顔がスッキリとした印象になります。

マッサージをするときは必ず乳液などを塗って
指が滑りやすいようにしておきましょう。

かっさプレートを使うのもオススメです。
手でやるよりも、リンパが流れているような気がしますよ(*^^*)

まとめ

最後になりますが、顔のむくみやたるみは、太ってみえるだけでなく、
老けた印象も与えてしまうものなので、むくみの原因を
きちんと理解してたるみにならないようむくみの予防を心がけましょう。