低血糖塩分不足、貧血はだれでも起きる体のSOSサインです。

けれど、通勤中・通学中、大切な時・・・・起きてしまったら困りますよね?
今日はもしも低血糖症や貧血、塩分不足が起きてしまったらどう対処すればいいのか、

また、何を行えば予防になるのか教えちゃいます!

<Sponsored Link>

低血糖・貧血・塩分不足の症状は?

低血糖症貧血、塩分不足によって起きる体の症状は似ているとよく言われます。
どこが似ているのかそれぞれの症状についてまとめてしました。

低血糖症

血糖値が低くなると、自律神経に異常がみられます。
いきなりをかいたり、手足の震え動機、強い不安感に襲われるなどです。
さらに血糖値が低下すると目がかすんだり、頭痛の他に体の力が抜けたり失神などを起こします。

貧血

貧血の症状で一番メジャーなものは立ちくらみではないでしょうか。
実はこれは立ち上がる時などの際に
一時的に脳が十分な血液をとれず酸欠状態になる「脳貧血」のことなのです。

貧血の症状は急激には起きません。
進行性のある病状なため、軽い頭痛や肩こり、顔の血色が悪くなるなどから徐々に蓄積されていきます。
貧血は身体全体の酸素欠乏により全身に現れるのです。

塩分不足

塩分が不足すると、塩分に含まれるナトリウム体に足りなくなってきます。
ナトリウムが不足すると、体の中に循環していたナトリウムを溜め込もうとする働きが体内で起こり、
体の水分に溶けていたナトリウムを取り込む代わりに水分が放出されていくため脱水症状が現れます。

これによって頭痛吐き気、倦怠感、痙攣、口の渇きなどの症状が起きます。


低血糖症や貧血、塩分不足は体に足りないものができたために起きる症状なので、
顔色から判断するのは難しそうですね。

また、頭痛はどの病気でも初期症状のようです。
しかし、他の症状を見定めることができると何が体に起きているのか把握できるようになりそうですね。

それぞれの対処法

万が一、低血糖症や貧血、塩分不足の症状が起きてしまったら?
症状を緩和できるそれぞれの対処法をいくつかご紹介します。

低血糖症

低血糖症は食事の量が不十分なとき、不規則な食事をとっている、
激しい運動を行う、飲酒した場合などに起こりやすいです。

ブドウ糖体内で不足しているため血糖値が下がるので、
ブドウ糖を摂取すると症状が緩和されます。

amazonや楽天でもタブレット状のブドウ糖などが販売されています。
他にもコンビニやスーパーで手に入る森永ラムネもブドウ糖が摂取しやすいです。
砂糖とはまた違う成分なので、チョコレートや飴などはブドウ糖の吸収が遅いためあまり効果が感じられません。

貧血

貧血は酸素が欠乏していることがその症状をより辛くしてしまいます。

もし、貧血を起こしてしまったら、体の血流を良くしてあげましょう
衣類で体を締め付けているものがあればゆるめ体を温めると血流はよくなり、
体内のヘモグロビン酸素をめぐらせてくれます

塩分不足

塩分不足の場合はスポーツドリンクや経口補水液などで効率良く水分を摂取しましょう。
このときに、少量ずつ時間をかけて飲むように心がけてください。
一気に取ってしまうと、そのほとんどが汗や尿になってまた放出されてしまいます。

低血糖や貧血についてはこちらの記事もご参考に!

それぞれの予防法

やっぱり、できれば遭遇したくないこれらの病状。
それぞれについて効果的な予防法をまとめてみました。

低血糖症

残念ながら、低血糖症を完全に予防できる方法はないようです。
しかし、普段から低血糖になりやすい方は
その時の症状とどのような状態の時に起こったのかを自身で把握しておくとそれが予防に繋がります。

貧血

体内に酸素を運んでくれるヘモグロビンが不足しないように、積極的に鉄分を摂取しましょう。

食事やサプリメントを活用すると予防になりそうです。

塩分不足

適度に水分補給を心がけましょう。
一度にたくさん飲むのではなく、こまめにコップ一杯程度でもいいので少量ずつ摂取すると良いようです。

今すぐできるそれぞれの改善方法は?

最後に今日から実践できそうな生活の改善方法などをまとめてみました!
こちらを参考に今日から元気な身体で過ごせるといいですね!

低血糖症

スイーツなど精製された砂糖をたくさん含む食べ物や炭水化物は体内の血糖値を上昇させます。

するとそれを下げるためにインスリンが大量に分泌されますね。
この生活に身体が慣れてしまうと低血糖症になりやすい身体になってしまいます。
おやつを控えてみる、糖質の摂り方を変えてみるなどこれらの食事を減らすことが大切です。

貧血

貧血専用の薬が市販薬でいくつかあります。

また、鉄分を摂れるサプリメントもあるので活用すると症状が良い方向へ向かうことが期待されます。

用法用量など詳細は楽天やamazonなどでチェックしてみてくださいね。

塩分不足

こちらもサプリメントや塩飴で塩分不足を補うと体質の改善が見込めます。

持ち運びに便利なタブレットのものなどもあるので、自分に合ったものを探してみてください。
また、ドリンクは経口補水液が体内への吸収力が水よりも良いといわれています。
重たいので楽天やamazonなどで届けてもらいましょう( *´艸`)

まとめ

いかがでしたでしょうか?
女子には辛いこれらの急なトラブル。
ぜひ自分に合った方法で予防や対処を行なって、いざという時に慌てたりしないようにできたらよいですね!