鮮やかなオレンジ色の小さな小花が可愛らしい
キンモクセイは香りも良く、
どこか懐かしい香り、として定着しています。

切なくなる香りと表現されることも多く、有名なお花ですね。

このキンモクセイ、食用としても色々と利用されています。
お茶やお酒、ジャムなど、
香りの良さを活かして作られた食品には
お正月にしか食べないような縁起の良い物もあり重宝されています。

では、キンモクセイに薬用効果はあるのでしょうか?

キンモクセイについて

2016-12-11b

中国南部が原産となる常緑の小高木で、
ギンモクセイの変種に当たります。

中国では“丹桂”と書くそうですが、
桂花と呼ばれることが多いです。

この“桂花”はキンモクセイが属する木犀属の総称らしく
正しくはない呼び名なのですが、定着してしまっているようです。
桂花陳酒などが良い例ですね。

強い芳香は昔からトイレの芳香剤として日本でも有名で
キンモクセイの芳香=トイレの香り」と結びつく人も多いです。

そのため、香りが苦手な方もいます。
この強い芳香は葉を食べるモンシロチョウなどの
害虫を寄せ付けないためで特定の虫への忌避効果もあります。

薬用効果について

摘んだ花を陰干しにして「桂花」と呼ばれる生薬にもされます。

効能としては、低血圧の改善、不眠症の改善、
そして胃を元気にする効果があるそうです。

開花時期は9~10月の涼しくなってくる頃で、
自宅でも簡単に作れます。
育てやすさで人気のある小高木なので、育ててみてはいかがでしょうか。

季節が来れば、香りの良いお酒やお茶を堪能できますよ。

キンモクセイの育て方の動画をどうぞ。

秋の訪れを身近に感じるのも良いですね。

睡眠に関する記事はこちら♪

キンモクセイ茶の作り方

摘んできた花をお茶に混ぜ込むだけで
手軽に「桂花茶」が楽しめます。
咲き始めの蕾のものが香りが良くてオススメです。

桂花茶はお店でも購入できますが、
販売しているものはだいたい乾燥金木犀を使用しています。

フレッシュな香りの方が飲みやすく、
香りも豊かですのでぜひ摘みたての香りを堪能しましょう。

茶葉2に対してキンモクセイの花を1
ブレンドするのがコツです。
お茶は紅茶なら発酵度の浅い春摘みダージリン
セイロンヌワラエリアがオススメ。

また、烏龍茶にブレンドするのも美味で、
こちらも発酵度の低い阿里山烏龍
凍頂烏龍茶にブレンドすると爽やかな香りを楽しめます。

淹れる時は通常通りの淹れ方で構いません。
少し冷ました90度前後のお湯で入れると甘みを味わえます。

しっかりと香りを楽しみたい場合は
熱湯でサッと淹れるのがコツです。

キンモクセイのお酒の作り方

お酒の場合は少し手間はかかりますが、
出来上がった時の喜びはひとしおです。

お花は3分〜5分咲きぐらいのものがオススメだそうです。
摘む時に注意したいのは、
殺虫剤を撒いていないキンモクセイを使用することです。

水洗いをして
ペーパータオルでよく水気を取ってから使用しますが、
体に害があるかもしれませんので、
よく確かめてから使うようにしましょう。

梅酒などを作ったことがあればわかるかと思いますが、
使用する広口瓶は熱湯でよく消毒しておきましょう。
不十分だとカビの原因になります。

【材料】

氷砂糖
1カップ
キンモクセイの花
1カップ
ホワイトリキュール
750ml

上記の材料を瓶に上から順番通りに入れ静かに振り混ぜます。

これを冷暗所に置いて時々振り混ぜて香りを移し、
一か月経ったら花を取り除きましょう。

その後半年以上熟成させるとマイルドな風味のお酒になるそうです。

キンモクセイジャムの作り方

キンモクセイジャムは、
果実のジャムと似たような手順で作れます。

キンモクセイの花は
咲き始めの香りの良いものを使用しましょう。

陰干しにしてよく乾いたら、これを1/2カップ用意します。
ゴミなどが気になる場合は
水で晒してガーゼ等で水気を切っておきましょう。

  1. フライパンに砂糖100gを入れて弱火で加熱し、
    砂糖の粒がなくなるまで溶かします。

    カラメルにならないように気を付けましょう!

  2. 溶けたらキンモクセイと酒100gを加えて、火を止めてよくかき混ぜます。

  3. これを瓶に入れると完成!!

あまり長時間水に晒すと香りが逃げるので、
数分間だけ晒すのがコツです。
ただ水気はしっかりと切ってください。


キンモクセイジャムにはスコーンがオススメみたいです。


キンモクセイのお酒は毎年
手作りされている方も多数いらっしゃいます。


台湾烏龍はファンが多いお茶で、
そこに金木犀の芳しい香りが追加されると美味しくないわけがない。

キンモクセイ自体が香りを楽しむお花なので、
その香りを活かした食品も鼻から抜けるような良い香りを楽しむのが通です。

キンモクセイ自体に味はなく、
ジャムは蜂蜜のような甘み、
お酒は自家製梅酒のような甘さが特徴だそうです。

おすすめ!キンモクセイの健康食品

ハーブの専門店『生活の木』から販売されている
ハーブ蜜酢にキンモクセイのラインナップがあります。

飲み口はまろやかで話題の
リンゴ酢が元なので飲みやすくオススメです。

すでにお馴染みと言っても良い
桂花陳酒も健康食品としておススメです。

疲労回復効果美肌効果
また記憶力の向上や抗酸化作用も期待できるそうです。
様々なメーカーから出ていますので、お好みのものをぜひ探してみてください!

まとめ

2016-12-11c

桂花陳酒
世界三大美女である楊貴妃も好んで飲んでいたそうです。

美容と健康は紙一重で、
古くから伝わる優秀な健康食品であったことが窺えます。

適度なアルコールは健康にも良いので、
美容のためにもぜひ飲んでみてはいかがでしょうか。

そんな桂花陳酒にも使用されるキンモクセイ
ハーブとしても優秀です。

リラックス効果のある香りで、
日ごろの疲れを忘れてゆっくりと
秋の夜長を甘い香りと共に過ごすのもおススメですよ。