ファッションやメイクはばっちりと決まっているのに、
かかとや膝、くるぶし、ひじはガサガサで粉吹き肌・・・
外見がきちんとしている分、残念感が半端ないと思います。

乾燥肌が原因のこの粉吹き肌なのですが、やはり冬場の乾燥時が最も酷いのです。
中には体全身がかゆみを伴って寝れないという人もいるそうです。

そんな粉吹き肌について紹介していきます!

<Sponsored Link>

粉吹き肌でカサカサする理由とは?

img_mix-skin01

粉吹き肌は、寒い冬に空気の乾燥によって皮膚のバリア機能を果たしている
皮脂膜が減少し、皮膚のバリアの力が弱くなるために外部からの刺激を受けやすくなり、
その刺激がかゆみとなって表れるのです。

また、皮膚のクッション的な役目をしている美容成分のセラミドも減少してしまうのです。
子供や若い人はこのセラミドなど皮膚の水分となる成分がもともと多いので、
どちらかというと中高年での発症が多かったのですが、
最近では暖房設備などの向上から若い人でも粉吹き肌で
カサつきかゆみを訴える人が増えているのです。

皮脂欠乏症から皮脂欠乏性湿疹へ?

粉吹き肌で皮膚が乾燥してカサついたり軽いかゆみが出ることを
皮脂欠乏症と言うのですが、まだこの段階では
冬の乾燥期を過ぎると自然に症状は治まってきます。

しかしながら、かゆみがひど過ぎてかきむしったりしてしまうと、
皮膚表面の角質に大きなダメージを与えすぎてしまうため炎症から
皮脂欠乏性湿疹を発症させてしまう場合があります。
こうなってしまうと一度治まっても次の冬のシーズンにはまた繰り返し発症してしまい、
しかもだんだんとそのサイクルが早まると言われています。

体の中でも特に太ももや背中がかゆくなる?

体の皮膚の中でも最初にカサつきが気になってくるのが、
上でも記したかかとひざくるぶしひじなのです。
しかし、これらの場所は他の場所と比べて皮膚が厚いので、かゆみを伴うことはあまりないと思います。

体の中でもかゆみが出やすい場所は、皮膚が薄くてデリケートな
太もも二の腕です。背中の皮膚はそれほど薄くないのですが、
ここは乾燥によるかゆみを受けやすい皮膚のひとつなので症状が出やすいです。

これらの場所の皮膚はかゆみが表れやすく、またかきむしってしまうと
ミミズ腫れや湿疹となりやすいので皮脂欠乏性湿疹になりやすいのです。

粉吹き肌の体のかゆみを防ぐための方法は?

1106a
冬の乾燥からくる粉吹き肌の体のかゆみを防ぐためには、
とにかく肌を乾燥させないことが重要になってきます。
化粧水やボディクリームなどは保湿力の高いものを使うようにしましょう。
決して高価なものではなくて大丈夫です。

腕や脚といった場所はもちろんのこと、腕は肩から脚は太ももにまでたっぷりと使うことが大事です。
特に乾燥が酷いときには、1度塗ってからしばらくしてもう一度塗るなどの対処をするようにしましょう。

このように外部の刺激から乾燥を防ぐ方法としては保湿剤や
スキンケア用品を塗るというのはごく当たり前の処置なのですが、
これ以外にもやはり身体の内部から乾燥を防ぐことも考えないといけないでしょう。

例えば、入浴後や寝るときなのですが、これらのタイミングは
思った以上に身体の水分が失われてしまい乾燥してしまうのです。
夜のトイレなどのことを考えてお風呂上がりや寝る前は
水分を取ることを控える人も多いようなのですが、
身体の内側の水分が減っていては皮膚にまわすことができないので、
肌の乾燥を招いてしまうのは当然のことなのです。

したがって、お風呂上りや寝る前・朝起きたときには
しっかりと身体の水分を補給してあげることが大切になってきます。

この他にも、電気毛布などを敷きっぱなしで寝ていませんか?
電気毛布などで外部から人工的に温めた状態での睡眠は避けるようにしましょう。
布団は睡眠前にきちんと温めておいて、布団に入る前にスイッチを切ってから寝るようにししましょう。

また、保湿成分が配合された入浴剤を入れたぬるめのお風呂にゆっくり浸かるのも、
肌の乾燥を防ぐためにはおススメの方法です。

かゆみを防ぐ効果のある薬用の入浴剤も販売されているので、
これらをうまく活用して粉吹き肌はもちろん、
悪化させてしまい皮脂欠乏性湿疹を発症させないようにしましょう。

まとめ

最後になりますが、粉吹き肌で体がかゆいときは、
とにかく乾燥を防ぐことが最も大切になってきます。

外部からだけではなく、内側からもきちんと感想を予防するように心がけましょう。