口角炎になった事はありませんか?
あまり聞きなれない名前ですが、口を開けた時に口角のところがひび割れたりして痛いアレです。
字面が似ていますが口内炎とはまた別のものです。

今回は、口角炎と胃の関係性について紹介していきます!
そもそも、口角炎とはいったいどのような病気なのでしょうか?

<Sponsored Link>

口角炎とは

0210182あなたは、ご飯を食べるために口を開けた時、
口の角が切れてしまって「痛っ!」と感じたことはないでしょうか?

「痛っ!」と、口の端が切れたような感じがする、
これが口角炎なのです。

辞書的に言うと、口の外側に出来る炎症のことです。
口角がひび割れたり、口を開けて切れてしまったり、

ただれてかさぶたができたりする皮膚疾患なのです。
口角炎になると、口を開けることがつらく、

痛くて大声も出しづらい状態になります。
皮膚疾患やアレルギーをお持ちの方はすでに経験されているかもしれません。
口角は口の運動、変形の回数が多いので、患うととても不便でつらいものです。

息をするだけでも口を使いますし 、
それくらい重要で毎日使う口なので、口を動かすと、
引き裂くような痛みが生じるので開口障害が起きます。

つまり、口を開けたくないという守りに入ってしまうことになります。
口角が裂けて、ただれるまで行くとやっぱり守りに入ってしまうと思います。

最終的には、出血する恐れもあるのです。

口角炎の原因は胃にあるの?

 

ここ最近、胃医学についてとても興味深い研究がされています。

それは、胃の調子がすべての健康の指数であるとも言われているのです。
胃の病気は、体のいろいろな場所に影響を及ぼしてしまうのです。

口角炎の原因は本当にいろいろとあり、
ストレスやビタミン不足、睡眠不足、不規則な生活、
食事などいろんな要因が重なり合って起こるものなのです。

しかしながら、ここで特に注目したいことは、胃と口角炎の関係性についてです。

近年、東洋医学の発展が著しく、医療の観点では西洋医学が主流なのですが、
東洋医学での見方が少しずつ増えつつあります。

東洋医学の考え方としては、胃の消化器は口(口の両端)から始まり、
そこがただれたり、荒れたりすると胃にも支障をきたすというように考えられているそうなのです。

したがって、胃の調子が悪いときは口角炎になりやすいと考えられるのです。

例えば、口が臭い場合、
「胃や内臓の調子が悪いのでは?」と思うことはないでしょうか?

つまり、口と胃は一体化しているという事実です。
もちろん個人差はあると思うのですが、
胃の調子の良し悪しは口に反映されているのではないでしょうか。

もし口角炎になってしまい、なんか胃の調子も悪いなと考えられるなら、
口角炎の原因は胃になるでしょう。

もちろん、規則正しい生活やビタミン、
食事など他にもいろいろ気をつけないといけないのですが、
胃の調子を整えるということが大事になります。

漢方薬で治してもよいですし、
胃の負担にならないような食事を心がけるようにしましょう。

東洋医学では食べ物にも陰性と陽性があるとされており、実に興味深いものがあります。

ですから、胃にあまり刺激のかからないような食事を心がけることで口角炎も治り、
健康でいられるという素晴らしい結果が期待できると思います。

口角炎の原因は、本当に胃??

4ef7e26e3c9f6bf6a7c11d92ace529c7

口角炎になってしまったら、こうすればいいということはホームページなどで調べることができるのですが、
その中でも自分に合った対策をとることが重要になります。

口角炎の原因はいろいろとありますし、
体調が悪くなった時に症状が表れるところも人それぞれなのです。

原因としては胃の調子が悪い場合もありますし、
ビタミン不足、寝不足、ウイルス感染などの原因が主にあります。
口は女性にとって口紅を塗る部分なので、毎日鏡で見ると思います。

その時、唇が乾燥していたら、リップのノリも悪くなるので、気分が良いものではないでしょう。
ここで、少し胃との関係性について触れてみたいと思います。

胃の調子が悪い時に口角炎の症状が現れたら、
その原因は間違いなくであるといえるでしょう。

どうしてかというと、体内の水分が不足しているからです。
胃腸が悪いと感じたら、まず胃腸薬を飲むことを考えるのですが、
それは逆によくないそうです。

まずは、胃を休ませてあげることが第一なのです。
胃の調子が悪くなってしまうと吹き出物も出てくるしいいことは全くないです。

ですから、消化のよいものを食べるなどして胃の健康を最優先に考えましょう。

健康上では、食後すぐに寝ない方が体にいいそうです。
食べてすぐ寝るということは本当に健康によくないみたいです。

牛乳やヨーグルトなどの乳酸菌は胃の粘膜を保護してくれます。
毎日摂取するようにしましょう。

夜食はもってのほかで常に腹8分目を心がけるようにしましょう。
刺激を避けるのは口と胃です。

つまり、消化器官全体なのです。
もともと胃の調子が悪い人は口角炎になりやすいのだと思います。

最後になりますが胃を健康に保つことで口角炎を予防することができ、
美しい口を取り戻すことができるでしょう。

ぜひ参考にしてください!