口角炎とヘルペスの違いとは、いったいどのようなことなのでしょうか。

また、それぞれの症状と予防法はどんなものなのでしょうか。

<Sponsored Link>

口角炎ヘルペスは、実際のところ全く違う別物だということをご存知ですか?
同じものとして同じ意味で使っている人も多いのではないでしょうか?

口角炎とヘルペスは、そもそもできるところが違うようなのです。
口角炎は唇の端にできるのですが、
ヘルペスは唇以外のところにもできてしまうのです。

ですから、口角炎とヘルペスの違いいったいどのようなものなのかを
きちんと理解していれば自分でできる予防法なども変わってくるかもしれません。

口角炎とはいったい何?

上でも紹介したのですが、口角炎ができるところは唇の端のところです。
口角炎の症状としては、人によって多少の違いはあるようなのですが、
一般的な症状としては唇の端(口角)が切れたり
避けたりひび割れを起こしてしまい炎症を引き起こしてしまうということです。

口角炎で炎症が引き起こってしまう原因は、
カンジダ性の細菌などが原因になってしまう場合もあるようなのですが、
主な原因としては体内のビタミンが不足した状態の欠乏症貧血
過労ストレスからも発症してしまうことがあるようです。

口角炎を発症してしまうと口を開く時に激しい痛みを感じるので、
食事をするのもとてもつらくなってしまいます。

軽い症状の場合は市販薬で直すことも可能です。

五つの保湿成分がトラブルから守ってくれますよ(*^^*)
とりあえず乾燥して割れるのを防ぐために保湿、保湿です!

口角炎が治りかけてくると、かさぶたになって簡単に
剥がすことができるようになるのですが、
自分で剥がしてしまうとまた同じ症状を繰り返してしまい
治るのが遅くなってしまう恐れがあるので、
かさぶたは自然に剥がれるのを待つことをおススメします。

また、ついうっかりして口角炎の患部を舐めてしまう人もいると思うのですが、
これも治りを遅くしてしまう原因の1つになるので舐めないよう我慢するようにしましょう。

口角炎は、普通2~3日ぐらい経てば症状は自然と治まってくるようです。
ですが、かさぶたを触ってしまったり、舐めてしまったりしていると、
口角炎が長引いてしまう恐れが注意するようにしましょう。

そして、口角炎の特徴としては何回も再発してしまう恐れがあるので
気を付けるようにしましょう。

口角炎の予防法としては、まず規則正しい生活栄養バランスの良い食事が基本になってきます
ですから、睡眠をたくさん取ってきちんと体を休めて、
食事ではレバーや納豆、肉類などビタミンB群がたくさん含まれる食事を
積極的に食べるようにしましょう。

ヘルペスとはいったい何?

ヘルペスの発症するところは、口角炎とは違って
唇だけに限定されるものではないようです。
水ぼうそう帯状疱疹、実はあれもヘルペスの仲間の1つなのです。

ヘルペスの症状としては、一般的な口唇ヘルペスを例にあげると、
皮膚に水ぶくれができて患部が熱をもち痛みかゆみといった症状があらわれます

そして、自然とヘルペスの水ぶくれは破れて、
かさぶたになってから1~2週間ぐらいで治ります。
ヘルペスは口角炎と違ってウイルスの感染が原因なので、

単純ヘルペスウイルス1型、2型、水痘・帯状疱疹ウイルスなどさまざまな種類があります。
したがって、ヘルペスを治療する時には、抗ウイルス剤抗生物質が使われます。

また、ヘルペスはウイルス性の皮膚疾患なので、
まわりに感染、つまりうつってしまうのです。
ヘルペスの感染力は非常に強く、直接の接触やウイルスの付いたタオルや
グラスからもうつってしまうことがあるようです。

体に免疫があれば感染しにくいみたいなのですが、
それでも疲れなど抵抗力が弱っているときには感染してしまうようです。

ヘルペスに感染した後は、少しの間潜伏期間があるようで、
個人差はあるのですがだいたい3~7日ぐらいといわれています。

また、赤ちゃんにも感染しやすいようなので、十分に気をつけてあげるようにしましょう。

ヘルペスの予防法としても、やはり規則正しい生活を心がけ、
いつも健康な状態に体を保っておき、免疫力が落ちないように
気を付けることが基本になってきます。

最後になりますが、口角炎とヘルペスの違いは、できる場所です。
予防法としては基本的なことは同じなので、
日々規則正しい生活を心がけ、体を健康な状態に保つようにしましょう。