口内炎ができてしまうと、気になってしまいとても不快ですよね。
口内炎は、寝不足による生活習慣の乱れによってもできるようなのです。
そんな口内炎には塩を塗ると早く治るという噂があるようなのですが、
本当のところはどうなのでしょうか?

今回は口内炎と寝不足の関係性と口内炎に塩を塗ると
本当に早く治るのかについて詳しく紹介していきます!

<Sponsored Link>

口内炎は寝不足による生活習慣の乱れによってできてしまう!?

120312badsleepaftercare-thumb-479x358-35500

口内炎寝不足をはじめとする不規則な生活習慣疲れやストレス
暴飲暴食不規則な食事、ビタミン不足といったことが
積み重なってできやすくなると考えられています。

ここ最近なんだか寝不足だな・・・と思っていたら、
いつの間にか口の中に口内炎ができてしまい痛い思いをした
という方は意外に多いのではないでしょうか?

口内炎はできる場所によって、食べ物を飲み込むだけでも
痛くて食事もまともにできなかったり、
しゃべるだけでもつらい場合もあるのではとても厄介なものです。

口内炎はウィルスが原因でできるものや口の中をかんでしまったために
できるものなどその原因がはっきりとしているものに対して、
口内炎の中でも最も一般的なアフタ性口内炎というには
発症する原因が完全に解明されているわけではないようです。

誤って口の中をかんで傷つけてしまったわけでもないし、
うがいなどで口の中を清潔にしているはずなのに、
いったいなぜ口内炎ができてしまったのだろうと疑問を抱く方もいるのではないでしょうか?

アフタ性口内炎は、表面が白くまわりが赤い潰瘍が1個から数個でるのが特徴です。
この原因はよくわかっていないようなのですが、
寝不足をはじめ不規則な生活習慣、疲れやストレス、暴飲暴食、
不規則な食事、ビタミン不足などが積み重なって、口内炎ができやすくなっていると考えられています。

口内炎はほとんどの場合、そのまま放置していても、
1週間~10日ぐらい経てば自然と治るのですが、再発することもよくあります。

口内炎ができてしまったということは、寝不足が続いていることや
心身ともに疲れていることをあらわしていると考えても間違いではなく、
体が休息を求めている状態なのかもしれません。

口内炎の直接的な原因が寝不足ということではないですし、
寝不足が解消されたからといって、口内炎が治るというわけでもないのです。

しかしながら、寝不足によって口内炎ができやすい状態になっているということは事実なのです。

口内炎に塩を塗ると早く治るってホント!?

知らぬ間に口の中にできている口内炎は、できる場所によっては
食べ物を飲み込みことが痛くてできなかったり、
話すことさえ、つらいときもあると思います。

口内炎は一度できてしまうと、1週間~2週間ぐらいは悩まなければならない・・・
できるなら、1日でも早く痛みから解放されたいものですよね。
口内炎は、そのまま放置しておいてもいつかは治るものなのですが、
やはりなるべく早く治したいですよね。

そんな口内炎を早く治すための方法として、
塩を塗るという民間療法があるのですが、これは本当なのでしょうか?

口内炎に塩を塗るなど聞いただけでも痛くて、
なかなかやってみようという気持ちにはならないのですが、
塩を塗ると本当に口内炎が早く治るようなのです。
2~3日でキレイに治るというので、とても効果はあるようです。

口内炎を早く治すために塩を塗る方法として、直接口内炎の患部に塩を擦り込みます
痛みが激しいときは、患部に塩を乗せる感じでも大丈夫です。
そして、しみる感じが落ち着いたらうがいをします。
これを1日1回行います。

たったこれだけの方法を2~3日続ければ、
口内炎がキレイに治るというので、非常に回復が早いといえるのです。

では、いったいなぜ塩を塗ることで口内炎にを治すことができるのでしょうか?

塩には強い殺菌作用があり、ミネラルなども豊富に含まれています。
塩を使うことで、ウィルスや細菌を殺菌して、免疫力を高めることができるのです。
その結果、口内炎が早く治るだけではなく、再発を防ぐこともできると言えるでしょう。

塩と言っても、塩化ナトリウムの多い食卓塩やミネラル分を豊富に含む天然塩があるのですが、
ミネラル分が豊富に含まれている天然塩の方がより高い殺菌作用があると言われています。

したがって、口内炎を早く治すためには、天然塩がおススメです。

口内炎に塩を塗るという民間療法はイメージしただけでとても痛そうなのですが、
噂だけではなく、実際に早く治るという効果が期待できそうです。
口内炎が悪化してから塩を塗るのでは、激しく痛むことがあるので、
悪化する前にぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

最後になりますが、口内炎は寝不足によってもできるようです。
正しく言うと、寝不足によって口内炎ができやすい状態になっているのです。

ですから、もし口内炎ができてしまったら、体からの
無理をしないようにというサインと考えてみてはいかがでしょうか?
寝不足ではないか、食事はちゃんと取れているか、疲れがたまっていないか、
ストレスはたまっていないかなど普段の生活と健康を見直すいい機会です。

また、口内炎を早く治す方法として塩を塗るということは
効果があるようなので、悪化する前にぜひ一度試してみてください。