口内炎はただ痛いだけではなく、食欲がなくなったり、
憂鬱な気分になったりするなどとても苦しいものです。
そんなつらい口内炎を早期治療するためには、やはり薬が効果的なようです。

今回は口内炎の早期治療で効果的な薬による方法と
口内炎とはどのようなものなのかや特徴、症状、発症期間について詳しく紹介していきます!

<Sponsored Link>

口内炎の早期治療は薬が効果的!?

img_cl_menu09

口内炎ができてしまったときに治療として最も大事なことは、
口内炎ができはじめと感じたら早期治療をすることです。

口内炎はできてしまうと、自然に治癒するまで1~2週間ぐらいかかります。
しかし、口内炎のできはじめに早期治療を行うことで、
かなりの確率で完治するのが早くなるようです。

口内炎の早期治療にはが効果的で、直接口内炎に塗って治していくタイプの薬と
体の内側から改善していく飲み薬などがあります。

口内炎ができてしまったときには、まずできはじめに口の中を
清潔な状態に保つために歯みがきうがいを行うようにしましょう。
そして、塗り薬(軟膏や液状のもの)または貼り薬を使用するようにしましょう。

まずは、これらをやっておけば、飲み薬は後でも良いでしょう。
口内炎の早期治療に効果的な薬は、種類が豊富にあります。

うがい薬には、どのようなものがあるのでしょうか?
うがい薬にも消炎タイプ消毒タイプがあったりします。

口内炎に効果的な薬には、どのようなものがあるのでしょうか?
口内炎の塗り薬としては、軟膏もありますし液状のものもあります。

そして、貼るタイプもあるようです。この貼るタイプにもゼリータイプや
シールタイプがあったりして、貼るタイプは軟膏や液状のものよりも
少し金額が高くなってしまうようです。

しかし、口内炎の早期治療としては早めに治療を開始することがポイントなので、
最初はどんな薬でも大丈夫です。
とにかく、まず口内炎を発見したら、

歯みがき→うがい→直接患部への薬

この流れをきちんと行うようにしましょう。

口内炎の早期治療に最も効果的な薬は「ケナログ」?

口内炎の早期治療に効果的な薬として、最も人気がある薬は軟膏タイプの「ケナログ」です。
薬箱に常備しやすくて、持ち運びにも便利で、口内炎ができたと感じたら、
いつでもどこでもすぐに塗ることができるのです。

このケナログは薬局などで普通に販売されているのですが、
ステロイド系なので使用するときには注意が必要になってくるのです。
このケナログ以外にも口内炎の薬はたくさんあります。
ケナログと同じ軟膏タイプで「大正口内軟膏」は非ステロイド系の薬です。

しかし、軟膏タイプの薬は唾液や食べ物を食べたりすることで
流されてしまいという難点もあります。
そこで、その欠点をカバーするために直接患部に貼るタイプの薬があるのです。

直接患部に貼るタイプの薬としては「アフタッチ」と


口内炎パッチ大正A」の2つがあり、同じようで違いがあります。
そして、この貼るタイプの薬の評判はいろいろとあるようなので、紹介します。

貼るタイプの薬の良い評判(長所)

  • 直接口内炎をカバーしてくれるので、食事のときに痛くない。
  • 寝る前など長時間貼ることができる。

貼るタイプの薬の悪い評判(短所)

  • 貼ってすぐにはがれた。
  • 口内炎の場所によっては使えない。
  • 値段が高い。

軟膏タイプや貼るタイプの薬が気持ち悪いという場合には、
口内炎が広範囲に広がっている場合などに使うことができる液体状の薬もあるようです。

口内炎とは、どのようなものなの?

口内炎は名前の通り、「口の中で起こる炎症」のことです。
口の中では、食事をしたり発声をするときなど歯で頬の内側を傷つけてしまうなど、
いろいろなトラブルが起こっているので、口内炎ができる可能性は常にあるのです。

口内炎の特徴

口内炎は、口の中が傷ついてしまうなどの影響によって
傷ついた場所が潰瘍化することで起こります。
口内炎は多くの場合、赤くなった瘢痕状または白い水ぶくれ状になります。
口内炎の色は、血液や食べカスなどに影響されていて症状や種類によって色が変わります。

口内炎の主な症状

口内炎の症状としては、炎症が起こっている患部の痛みがです。
この痛みは何もしていないときに起こる場合と食事中に起こる場合があります。
食事中は口を最大限に活用するので、どうしても食べ物が炎症を
起こしている患部に触れて痛みを生じさせてしまうのです。

口内炎の痛みがひどい場合は、滲むような出血が起こり、
口の中をボロボロにしてしまうこともあるのです。
また、口内炎の症状としては痛みだけでなく、口臭が発生することもあります。

口内炎の発症期間

口内炎をはじめとする口の中の炎症は、患部ごとの差はあるけれどもだいたい2週間ぐらいで自然に治癒します。

しかしながら、早期治療など適切な処置を行わずにそのまま放置してしまうと、
完治するまでに2週間以上かかってしまい、症状があらわれる期間も長くなってしまうのです。
口内炎の場合、炎症が起こるのが口の中ということもあって、
完治するのが長引くということは珍しくないのです。

口内炎の発生する場所

口内炎は名前の通り、口の中に発生する炎症のことなのですが、
発生する場所は1つではありません。
口内炎は多くの場合、頬の粘膜の部分にできるのですが、
上下の歯茎や唇のまわりなどにもできることがあります。

場合によってはにできることもあるので、食事するのが難しくなってしまうこともあるのです。

まとめ

最後になりますが、とにかく口内炎を発見したら、
早期治療を行うことが最も重要になります。

歯みがき→うがい→直接患部への薬

この流れをきちんと頭の中に入れておいて、
口内炎を早く完治させるためにぜひ実践してみてください。