唇のまわりに赤い水ぶくれができてしまい、きになるかゆみや痛み・・・
精神的ストレスや疲労が溜まって体が弱っているときにあらわれるのが、口唇ヘルペスです。

早め早めの対策を行うことで症状も早く治るので、
今回は口唇ヘルペスの原因や症状、治療、日常生活での予防法について紹介していきます!

口唇ヘルペスの原因はストレス? 

口唇(こうしん)ヘルペスとは、口のまわり
小さな水ぶくれができる病気のことで、
別名「風邪の華」や「熱の華」などといわれてます。

口唇ヘルペスの原因は、単純ヘルペスという
ヘルペスウィルスの中にあるウィルスの感染によるものです。
このヘルペスウイルスは、年配の日本人の方なら
ほとんどの人がすでにこのウィルスに感染しているそうです。

しかしながら、感染していたとしても単純ヘルペスを持ってることに気がつかない人も多くいるのです。
年齢が若くなるにつれて感染者はだんだんと少なくなっているのですが、
30歳前後の約半数は感染してるそうです。

口唇ヘルペスには2つの発病パターンがあり、
初めて感染して発病する場合再発によって発病する場合があります。
そして、直接ヘルペスの患部を触ったり、
唾液によっても感染してしまうので気をつけましょう。

まだ小さい子供の頃で、初めて発病する場合は親から感染したりするのですが、
感染したとしても軽症で治ることが多いです。
ですが、成人してから感染してしまうと、重症化しやすい傾向にあります。

再発によって発病する場合は、年に2回ぐらい発病して口唇ヘルペスのほとんどは、
この再発によるものと言われています。
人間の体は1度ウィルスに感染すると免疫ができるのですが、
普段は神経細胞の中に隠れていて免疫力がおよびません。

しかし、風邪を引いたりして熱が出たり、
精神的なストレスを強く感じると免疫力が弱ってしまい、
ヘルペスウィルスの活動が活発になり、再発してしまうのです。

このことからヘルペスは「風邪の華」や「熱の華」といわれることもあります。

口唇ヘルペスの気になる症状は?

口唇ヘルペスに初めて感染して発病した場合は、
口のまわりに広く約5ミリ強くらいの水ぶくれがたくさんできて発熱し、
あごの下のリンパ節も腫れるのですが、その時の体調によって症状は人それぞれです。

そして、再発による発病の場合は、症状の出る範囲は一部分に限られて、
初めて発病した場合に比べると症状は軽く済みます。

口唇ヘルペスは、普通約2週間ぐらいで段階を経て少しずつ治っていきます。
最初の段階では先に水ぶくれができて、ビリビリチクチクと皮膚が
いつもと違うような違和感を感じます。
今までに何回も再発している人は、この違和感にすぐに気付くと思います。

このときはウイルスが増殖しているときで、かゆみやほてりなどの違和感を感じるようになり、
半日以内で赤く腫れてきます。
ヘルペスの初期段階であるこのぐらいのときに早めの治療を心がけるようにしましょう。

次の段階として赤く腫れたところに水ぶくれができてきます。
水ぶくれは初めて感染して発病した場合では大きく、
何回も再発を繰り返す内に少しずつ小さくなっていきます。
水ぶくれが裂けてしまい、ジュクジュクとした患部に粘膜や
傷ついた皮膚が触れてしまうと感染してしまうので、
もし誤って触ってしまった場合はすぐによく手を洗うようにしましょう。

女性の場合で口紅が合わなくてできてしまう水ぶくれは唇全体にできるのですが、
口唇ヘルペスの水ぶくれは唇の一箇所にできるのが特徴といわれているので、
間違わないようにしましょう。(初めての感染して発病した場合を除きます)

そして、その水ぶくれにかさぶたができてきて、
完治するまでにだいたい2週間ぐらいかかります。
ヘルペスの傷の痕ほとんど残らないですが、体力が弱ってしまっている場合は
跡が残ることもあるので注意しましょう。

口唇ヘルペスの治療と薬は?

口唇ヘルペスが発病してしまうと患部がかゆいのはもちろんのことなのですが、
女性の場合は見た目的も気になってしまうものだと思います。
ヘルペスはだいたい2週間くらいで治るとはわかっていても、
薬で1日でも早く治したいものです。

ヘルペスウィルスは感染力が非常に強く、早く治さないと
他のところにも感染してしまう恐れがあるので、
早めに皮膚科へ行って専門医に診察してもらうことをおススメします。
皮膚科へ行くと治療法として抗ウィルス薬や二次感染を予防するための
抗生物質を処方されることがあります。

しかしながら、仕事などで忙しく病院へ行く暇が無いという方は、
テレビCMでなじみ深いアクチビア軟膏という市販薬をおススメします。

このアクチビア軟膏は、アイクロビルという医療用成分が含まれいて、
ウィルスの増殖を抑えてくれる働きがあります。

また、初めて口唇ヘルペスに感染して発病してしまったという方は、
薬局などで買える漢方薬「銀翹散」も効果があるようです。

漢方は即効性はありませんが、副作用がないので安心です(*^^*)

口唇ヘルペスの予防法としては、まず何よりも精神的ストレスを抱えて
体力や抵抗力を低下させないようにし、栄養バランスの良い食事
十分な睡眠をとって休息することが重要になってきます。

そして、口唇ヘルペスは非常に感染力が強く、たとえ家族であっても
タオルなどを一緒に使わないようにし、洗濯したらなるべく日光に当てて
きちんと消毒するようにしましょう。

また、口が直接触れるコップも要注意なので、
食器類はしっかりと洗剤で洗うようにしましょう。

そして、口唇ヘルペスができてしまった場合は、患部を常に清潔な状態にして
水ぶくれは絶対に破らないように気を付けましょう。
もし破ってしまうと痕が残ったり、長引いて治りにくくなってしまいます。

まとめ

最後になりますが、口唇ヘルペスは精神的ストレスによって
体が弱ってしまったときに再発することが多いようです。
ですから、普段からなるべくストレスを抱えないようにし、
普段から栄養と睡眠をきちんと取って体力を落とさないようにしましょう。