これまでまったく気にならなかったのに、
ある日突然嫌なにおいを感じるようになり、しかもそれが自分の口臭かも!
と思ったことはありませんか?

または、常に口臭が気になりつつもその治し方がわからず困っていませんか?
実は口臭は誰にでもあるもので、また、正しい治し方でしっかり予防もできるのです。

今回は、そんな口臭の原因と対策法をお伝えします。

<Sponsored Link>

 口臭の原因

2015-04-23b

主な原因は
口臭のほとんどは、口の中にある気体が原因です。
この気体というのは、口の中にいる細菌が、
古くなった細胞や食べカスなどを分解して、
臭いの元になる物質を作り出してしまって発生するものです。

そのため、虫歯や詰め物が取れた状態で放置されている歯や、
歯周病などがあると、そこに食べカスが詰まってしまい
細菌のエサも増え、口臭が増すことになります。

細菌自体は、人の身体の中に必ずいるものですので、
細菌を退治したりすることはできませんが、
できるだけ活動させないようにすること=餌となる食べかすなどを
口の中に残しておかないことが重要です。


心因性(ストレス性)のものもある

特に歯の異常がなくても口臭が気になるあなたは、
ストレス睡眠不足などを感じていないかを確認する必要があります。

ストレスが溜まったり、緊張状態が続くと、
口の中に唾液が少なくなり、結果口臭が強くなることがあります。

緊張すると口の中がカラカラするという経験をしたことがありませんか。
それが結果的に、口臭を強くさせてしまいます。

口臭の治し方

唾液は口臭の強い味方
唾液の分泌量が少ないと、細菌が増殖し口臭が発生します。
例えば、朝起きたときに口臭を感じることはありませんか?

それは、眠っている間は唾液の分泌が抑制されるので、
口の中で細菌が増えてしまっているからです。

そうです、口臭の予防対策には唾液分泌はとても重要なのです。
唾液の分泌量は自律神経の働きに左右されます。

緊張すると唾液の分泌が減ってしまい、
逆にリラックスしているときは唾液が出やすくなりますので、
できるだけ緊張せずにリラックスすることが口臭予防につながります。

他にも、ガムを噛むことも、唾液の分泌を活発にしますので口臭予防に有効です。

舌みがきも有効
歯磨きをして歯を清潔にしていても、
舌に臭いの元になる舌苔(ぜったい)があると口臭はなくなりません。

舌苔を取り除くために、専用の舌ブラシで舌みがきをしましょう。

歯ブラシで舌をみがくと、舌の表面の突起がちぎれ、
出血することがありますので、必ず専用の舌ブラシで行ってください。

1日の舌みがきの回数は、起床時の1回で十分です。
それ以上行うと、舌の粘膜を傷つけるおそれがあります。

また、舌に傷があるときは舌みがきは控えましょう。

歯の病気に気を付ける
歯の病気では虫歯をはじめ、歯周病も挙げられます。
歯周病はほとんど痛みなく進行し、自覚しにくいものですが、
進行すると歯周ポケットに食べカスや細菌がが詰まってしまい、
口臭の原因になりますので、歯周病や虫歯を防ぐためにも
定期的に歯医者で定期検診をするようにしましょう。

まとめ

2015-04-23c

口臭は、口の中の細菌によって引き起こされることがわかりました。
細菌自体は全ての人の体内に入るものですので、
口臭は誰でも起こる可能性があります。

その分、しっかりケアをすれば防げますが、
その方法としては、細菌の増殖を防ぐ唾液の分泌を活性化させること、
歯磨きや舌みがきをして口の中を清潔にしておくこと、
そして虫歯や歯周病などの歯の病気にならないように、
定期的に歯医者へ行って診てもらうことが挙げられました。

意外と簡単なケアで防げそうに感じますよね?
正しい治し方で、口臭に悩まない毎日を手に入れましょう。