会話中に相手の口臭に対して不快感を持たれた事がありませんか?
困ったことに、本人は自分の口臭が人に不快感を与える程の悪臭だとは気付きにくい物です。

だからこそ、もしかしたら自分はどうなのだろうかと不安になります。
一生懸命に口臭を予防しようと歯磨きをしても、
正しい方法でしないとあまり効果は期待できません。

何故、人を不快にする口臭が起こるのかの理由を踏まえたうえで、
正しい口臭予防を行いませんか?

<Sponsored Link>

口臭を感じやすい時

2015-08-14b

まず、どんな人にも自然な口の臭いはあると云う事を知っておいて下さい。
同一人物でも、口臭を感じる時とあまり感じない時があります。

口の中は湿っていて、いつも一定の比較的高い温度が保たれている為に、
食べカスなどが溜まると雑菌が増殖して、匂いが発生しやすい環境になります。

普段は唾液の中に含まれる抗菌作用によって、口臭は抑えられていますが、
起床時や空腹時には分泌する唾液量が減る為に、
口の中の雑菌が増えてしまい、いつもよりも口臭が強く感じられます。

つまり、唾液の分泌量によって口臭の強さが左右されると云う事です。

大切な仕事や大事な人に合う時に緊張すると、
口臭がするのではないかと気になるようになるのも、
緊張によって唾液の分泌量が減る事で、口臭が強くなるからです。

また、月経時や妊娠中には、
ホルモンの働きにより普段よりも口臭を強く感じる事があります。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

このような口臭は、一時的な事ですので、
歯磨き・マウスウォッシュ・ブレスケア用品を使う事で解消出来ます。
オーガニックマウスフレッシュナーの詳細はこちら

また、ガムを噛んだりアメを舐める事で、唾液の分泌を促せば、
口臭が薄くなりますので、歯磨きなどが出来ない時は、ガムやアメを利用すると良いでしょう。

正しい口臭チェックの仕方

口臭がするかチェックをする時、殆どの方は口に手を持って行って、
手の平に息を吹きかけて、鼻で嗅ぎます。

この方法ですと、そのまま嗅覚を刺激する為に、
どうしても口臭を強く感じてしまいます。

また、手に付いている臭いが混じってしまう事もある為に、
きちんとした口臭の強さが分かりません。

簡単に自分で口臭をチェックするなら綺麗なコップを用意して、
コップを水平に持ち、コップの中に軽く息を吐きます。

息を吐いて、2~3秒してからコップに鼻を近づけて、匂いを嗅いで下さい。

おおよそ、自分以外の人が自分の口臭を感じる位の臭いがしますが、
殆どの場合臭いは感じられないと思います。

きちんと、自分の口臭が知りたい場合は、
歯科に口臭をチェックする機械がありますので、
歯科で調べて貰えば、客観的な口臭の強さが分かります。

オーラルケアで口臭予防

口臭には飲食物や煙草等から生じる生理的口臭と虫歯や歯周病、
蓄膿症・胃腸の病気など病気による病的口臭の二種類があります。

生理的口臭では、ニンニクやアルコール等を摂取して起こります。
牛乳を飲むことで、かなり口臭が抑えられます。

また、口臭を薄めてくれるブレスケア用品を上手に使うのも有効な方法です。
病的口臭として、様々な病気が原因になると書きましたが、
実際に口臭の原因になる物の殆どは、虫歯と歯周病です。

ですので、口臭予防にはオーラルケアが一番有効な方法となります。
ただし、漫然と歯を磨けば良いと云う訳ではありません。

虫歯を予防する為には、歯磨きをすることは当たり前です。
出来れば、食事後の歯磨きは必するべきです。
どうしても仕事の関係等で出来ない場合でも朝晩は必ず歯磨きをして下さい。

なかでも、寝る前の歯磨きは睡眠中に
口の中に虫歯菌が繁殖しやすいので、必ず歯を磨くようにして下さい。

歯磨きは、歯を一本一本磨く事を基本とします。

また、20歳を過ぎると誰でも徐々に歯肉は後退して、
歯と歯との隙間が広がり、その隙間の間に食べかすが溜まりやすくなり、
虫歯や口臭の原因になります。

歯間に溜まる食べカスは、歯ブラシだけでは綺麗に取れませんので、
デンタルフロスや歯間ブラシを使って、こまめに食べカスを取り除いて下さい。


まとめ

2015-08-14a

口臭の原因のほとんどは、虫歯や歯周病です。
正しい歯磨きを行って、いつも口の中を清潔にして行くことが大切です。

自分で行うだけでは口臭が気になると云う方は、
定期的に歯科に通って歯を磨いて貰っては如何でしょうか?

口臭が気になって、話をすることに躊躇してしまい、
口臭がコンプレックスになっている位ならば、
歯科できちんと治療をする等した方が、明るい気持ちで生活が送れますよ。