首の後ろが痛いときに頭痛もある場合は、
いったいどのように対処すれば良いのでしょうか?

頭痛や熱を伴う首の後ろの痛みの対処法を紹介します!

首の後ろが痛い原因とは?

首の後ろが痛いとき頭痛や熱を伴うということがあります。
この原因はいろいろとあり、とても恐ろしい病気からくるものもあるのです。

逆に、頭痛や熱が首の後ろの痛みを引きだしているということもあるのです。
首の後ろが痛いということは誰でも一度は経験したことがあるぐらい
日常的にいつでも起こることなのでとても軽く考えられることが多いのです。

しかしながら実は脳梗塞や心不全、脳溢血、くも膜下という恐ろしい病気の前兆であることもあります。

この他にも肩が異常に凝ったり、吐き気を伴う場合もあります。
この時点で首の痛みを見逃さなければ早めの治療によって治り、
死に至ることにはならないで済むこともあるのです。

もちろん、この他にも例えば首自体の問題で、
頸椎椎間板ヘルニア頸椎炎症、頸椎捻挫など頸椎の部分の疲れ、
疲労、老化などからくるものの痛みのために頭痛が起こることもあります。

そして、頭痛が原因で首の後ろまで痛いということも起こります。

頭痛の原因はさまざまで、今現在まだ解明されていないこともあるのですが、
頭痛が起きる原因の1つとして脳の血管に血液が行き渡らないことが考えられます。

よって、頸椎の部分の血行も悪くなりそれが首の後ろの痛みにつながってしまうのです。

また、肩の血行が悪くなれば肩が凝ったり、
特に肩から上の血行の問題が頭痛のある首の痛みには大きく関わってくるようです。

しかしながら、首の後ろの痛みには重大な原因が隠れているかも知れないので、
できれば病院に行くことをおススメします。

ただし、首の後ろの痛みには
原因がまったく分からないということもあるようなのですが、
重大な原因がないかだけでもきちんと検査を受けておくと安心できると思います。

頭痛を伴う症状についてはこちらの記事もご参考に!

首の後ろの痛みを対処するには、どうすればよいの?

今回は、首の後ろが痛いときの対処法について考えていきます。
しかしながら、首の後ろの痛みの原因によってはその対処法も変わってきます

まずは、数日前までのことを思い出し、
首を大きくひねったとか首を強く打ったという記憶はないでしょうか。

もし、数日前までにさかのぼってそのようなことがあった場合は
頸椎挫傷などの疑いがあるので、そのままにしてすぐに病院へ行くようにしましょう。

また、めまいや吐き気などを伴っている場合や上を向いたときに強烈な痛みが走った場合は、
何か内科的な重大な病気の疑いもあるので、この場合もすぐに病院へ行くようにしましょう。

上記の場合、脳梗塞脳溢血、心不全、心筋梗塞、
くも膜下などの病気の前兆ということもあるので、早めにきちんと検査を受けて治療しましょう。
これらの疑いを少しでも感じたときの対処法としては、
まず病院へ行きちゃんと検査を受けることです。

そして、重大な病気ではなかった場合は自分でもできる対処法を実践してみましょう。

まず、首の後ろの痛みの対処法としては痛みの原因は
肩から首にかけての血行の悪さから来る場合もあるので、
肩や首をしっかり温めることが大事になってきます。

ゆっくりとお風呂に入るなどで温めることも良いと思います。

この他、頸椎付近、肩周辺のマッサージなどを行うことで
血行を良くしてあげると痛みは随分と少なくなるでしょう。

また、首の痛みは頭部の血行が悪くなったことが原因ということもあるので、
空気のキレイなところで深呼吸して心も体もリラックスすることで案外楽になることもあります。

このように、ただ血行を良くすることで首の後ろの痛みは改善されることも多いので、
まずは温めたり深呼吸をしたりするなどの対処法を行うようにしましょう。

首の後ろが痛いときには、マッサージが効果的!?

上でも簡単に紹介したように、首の後ろが痛いときにはマッサージも効果があるのです。
もちろん、首の後ろに激痛が走ったり、吐き気やめまい、頭痛、発熱、
食欲不振がある場合や数日内に首を強く打ったりひねったりしたことがあるときなどは、
重大な病気や頸椎挫折などの恐れがあるので、
すぐに病院へ行き検査を受けるようにしましょう。

内科的な病気としては脳梗塞やくも膜下の恐れがあるので、
決してすべてを甘く考えないようにしましょう。

その上で、首の後ろが痛いときには、特に肩から首までの筋肉の凝りが考えられます。
凝りの場合は、血行を良くすることがとても大切になります。

そこで、頸椎部分と肩のマッサージをおススメします。

まず、首や肩に温かいタオルを乗せて温めてあげましょう。
これだけでも血行は随分とよくなると思います。

そして、マッサージを行うのですが
リンパ液を流すようにマッサージを行うようにしましょう。
疲労成分とも言われる乳酸などがリンパ管に溜まっていると、
疲労感が強く血行も悪くなってしまうのです。

そういう意味からも、リンパ管のつまりをリンパマッサージで取っていってあげましょう。
リンパ管は頸椎付近に多く集まっているので、
凝りだしたらとても辛い思いをすることもあります。

また、8キロ近い頭を支えている頸椎やその付近の筋肉の疲れも、
首の後ろの痛みの原因となります。

このようなときにも指4本を使って少し強めに
上から下へマッサージをしながらリンパを流すようにしましょう。

リンパマッサージするときに「かっさプレート」を使うと
手でリンパを流すよりも気持ちがいいですよ。

そして、リンパマッサージをするときは手で流す場合も、
かっさプレートを使う場合も必ずオイルなどをつけることをオススメします。

何もつけずにマッサージするとお肌に負担がかかります。
お肌の保湿なども考えて選ぶと、一石二鳥ですね(*^^*)

最後になりますが、リンパマッサージをすることで血行もよくなり、
老廃物も流れるので、どんどん首の後ろの痛みは減っていくと思います。