髪の悩みは千差万別ですが、その中でも特にくせ毛で悩む人も多いはずです。

髪の量が多かったり、髪質が太かったりするとさらに大変。
特に雨の日などは髪がまとまらず、広がって
スタイリングもうまくいかないことが多いのではないのでしょうか。

そんな人にはあんず油が救世主なんです!
今回はそんなあんず油についてご紹介します。

これであなたの髪も悩み知らずです。

<Sponsored Link>

髪に良い自然由来の油

2015-04-25b

あんず油とは
あんず油とは、天然のあんずの種子から抽出したオイルのことで、
このオイルの中には、髪に潤いを与えるオレイン酸や、
髪を保湿する効果のあるリノール酸、他にもビタミン
ミネラルなどが多く含まれています。

またあんず油は髪に浸透しやすく、つけた感覚が軽いので、
ベタつかずに髪を保湿し、ダメージから保護する働きがあります。

椿油との違いは
髪にいいと言われている油は、
あんず油の他に椿油も有名ですが、両者の違いは何でしょう。

椿油は、植物油の中で最もオレイン酸の含有量が多いと言われており、
何と脂肪酸のなかで85%もオレイン酸が含まれています。

また、酸化しにくく、紫外線を防ぐ効果もありますが、
欠点としては少し粘性がありべたつきやすいことと、
独特の香りがあるので好き嫌いが分かれることです。

一方あんず油にも、椿油と同様、オレイン酸やリノール酸が含まれていますが
あんず油の方はこれらの含有量のバランスが良く、髪や地肌にやさしいオイルです。

また、べたつきが少なく、香りもうっすら柑橘系の爽やかな香りですので
椿油の欠点を補う様な印象です。

また、肌に良いとされているアーモンドオイルと成分が似ているものの、
あんず油の方が安価ですので、コストパフォーマンス的にも優れているのがあんず油です。

あんず油の使用方法


参照:http://item.rakuten.co.jp/

つける量に気を付けて
あんず油は他の油に比べてべたつきが少ないと言われていますが、
そうは言っても油ですので、つけすぎは禁物です。

ショートヘアの方で2~3滴、ロングヘアの方でも5~6滴で十分です。
これで足りるの?という量でもしっかりのびます。

適量を手に取り、少し手の温度で温めてから髪全体につけるようにしましょう。

お風呂前にも後でも、朝でもいつでも使える
あんず油は多様な使い方が出来ます。
お風呂前には、お風呂前トリートメント、オイルマッサージなどが挙げられます。

シャンプー前に髪を濡らした状態であんず油をつけ、
蒸しタオルで髪を覆って10分ほど置き、洗い流すと簡単オイルパックの完成です。

お風呂上がりにも、タオルドライの状態であんず油をつけ、
ドライヤーで乾かすとトリートメントになります。

この場合、洗い流す必要はありません。
これらをしておくことで、寝起きも髪のまとまりが違いますが、
朝、それでもうまくまとまらない場合は整髪料代わりにあんず油をつけると、
髪によく馴染み、スタイリングが楽になります。

あんず油のお探しはこちら

向いている髪質

あんず油は、ボリュームのある髪を落ち着け、
痛んだ髪をサラサラにする効果がありますので、
髪質が太く、量も多い方に向いています。

くせ毛のかたにも最適です。
くせ毛の原因は、髪の生え方によって
髪内部の水分量に偏りが出てうねってしまうことですので、
あんず油で保湿してあげることでくせ毛を和らげることが出来ます。

また、縮毛矯正やデジタルパーマ、カラーリングなどで
傷んでパサついた髪にもしっとりとした潤いを与えることが出来ますのでおススメです。



まとめ

2015-04-25c

あんず油は、べたつかずに髪に潤いとさらさらの質感を与えることがわかりました。

しかも、お風呂前や後のトリートメントとして、
または朝のスタイリング剤としても使用できることがわかりました。

値段も安価ですので、試してみる価値がありますね。