なんだかくしゃみがよく出るし、頭痛もするし、鼻水も出る・・・
こんな症状があらわれる場合、実は寒暖差アレルギーかもしれないのです。
あまり聞きなれない寒暖差アレルギーという病気は、いったいどんな病気なのでしょうか?

今回はくしゃみや頭痛に鼻水の症状があらわれる
寒暖差アレルギーとはどんな病気なのかや症状と治療法について詳しく紹介していきます!

<Sponsored Link>

くしゃみや頭痛に鼻水・・・寒暖差アレルギーってどんな病気?

Woman Sneezing

くしゃみや頭痛に鼻水などの症状があらわれる「寒暖差アレルギー」というのは、
その名前の通り、急激な気温の変化の寒暖差によって鼻炎を引き起こしたり、
自律神経のバランスが崩れてしまい体調不良を起こしてしまうという病気です。

寒暖差アレルギーは別名で「血管運動性鼻炎」とも言われていて、
急激な気温の変化の寒暖差によって鼻腔内の血管が収縮することで、
鼻づまりや鼻水が止まらないなどの症状があらわれるのです。

そして、この寒暖差アレルギーの症状は花粉症の症状とよく似ているので、
きちんと適切な対処をすることができずに悩んでいる方も多いようなので、
まずは寒暖差アレルギーについての知識を身に付けることが完治させるための近道です。

寒暖差アレルギーはどんな症状があらわれるの?

寒暖差アレルギーの症状は花粉症の症状とよく似ているようなのですが、
上で紹介した鼻づまりや鼻水が止まらないなどの他にも症状はあらわれるのです。

寒暖差アレルギーの症状

  • 鼻づまり
  • 鼻水が止まらない
  • くしゃみ
  • 頭痛
  • 蕁麻疹(じんましん)
  • 肌のかゆみ
  • 食欲が出ない

寒暖差アレルギーによって食欲が出ないという症状があらわれるのは予想外ですね。

しかしながら、この他にも頭痛や咳、肌のかゆみ、
蕁麻疹などの症状に関しては、急激な気温の変化による寒暖差で
自律神経のバランスが崩れてしまうことであらわれる
ということなので納得ができると思います。

また、寒暖差アレルギーの特徴としては、花粉症の症状とは違って
目の炎症は起こらないので、目のかゆみや充血などの症状はあらわれません。


この他にも、鼻水の色が透明というのも大きな特徴の1つなので、
これらの特徴を参考して寒暖差アレルギーなのかどうかをきちんと判断するようにしましょう。

くしゃみや頭痛に鼻水・・・寒暖差アレルギーの治療方法は?

133541688

寒暖差アレルギーの特徴的な症状である鼻づまりや
鼻水を改善するための治療方法としては、鼻腔内の血管を
レーザーで焼くという方法があります。

しかしながら、この方法は対症療法で完全に治るというわけではないので、
寒暖差アレルギーの根本的な治療ということにはならないですし、
やはりなるべく治療費はかからない方法が良いと思います。

まず、寒暖差アレルギーというのは急激な気温の変化による寒暖差が原因で起こるので、
治療方法としてはなるべく寒暖差が起こらない環境にすれば良いということになります。

この方法としては、マスクで鼻と口を覆って喉と鼻の温度差をなるべく小さくする、
服を脱いだり着たりして場所によって体温の調節を心がける、
人肌ぐらいの温度で湯船につかるなどいろいろ挙げられると思います。

また、女性の場合は冷え性の影響によって、男性よりも寒暖差アレルギーが
起こってしまうことが多いようなので、より意識して寒暖差が起こらないような
環境にするように心がけていくことが大事になってきます。

ちなみに、この寒暖差アレルギーによる鼻水や鼻づまり、くしゃみ、
頭痛などの症状は、ウイルスやアレルギー物質によって
引き起こされているわけではないので、治療方法として基本的に薬は効果がないと言われています。


したがって、基本的には寒暖差が起こらないような環境にするということが
寒暖差アレルギーの対策では最も重要ということになります。

まとめ

最後になりますが、くしゃみや頭痛に鼻水などの症状があらわれている場合、
寒暖差アレルギーの可能性を疑うようにしましょう。

寒暖差アレルギーの症状は、花粉症とよく似ているのですが、
どちらなのか判断するポイントは目に炎症が起きているかどうかです。

また、寒暖差アレルギーは冬や春に起こりそうというイメージを
持つかもしれないのですが、実は夏こそ注意しないといけません。
夏の屋内と屋外の寒暖差というのは、エアコンの影響で
10度以上は気温差があるので、気を抜くことができないのです。

ですから、寒暖差がありそうな環境に行く場合、忘れずにきちんと対策を行なうようにしましょう。