風邪をひいて熱が出たり、疲れやストレスがたまって体が弱ったりするたびに、
唇のまわりに小さな水ぶくれがポツポツとできてしまう
と悩んでいる人は多いのではないでしょうか?
これは口唇ヘルペスです。

今回は口唇ヘルペスとはどんな病気なのかと
口唇ヘルペスと間違えやすい病気について紹介していきます!

<Sponsored Link>

唇に水ぶくれやかゆみを伴う口唇ヘルペスはどんな病気?

size_605_phm06_0013-s

ヘルペス(疱疹)とは「皮膚や粘膜に小さな水ぶくれが集まった状態」のことを言います。
一般的にヘルペスウイルスによる感染症をヘルペスといいます。

ヘルペスが他のウイルス性の病気と大きく違う点は、
一度感染すると症状がなくなった後もウイルスが神経節の中に潜んで生き延びている点です。
そして、抵抗力が低下すると潜伏してい
たウイルスが
神経節から出てきて増殖し、再発を繰り返してしまうのです。

ヘルペスウイルスには8種類あり、
その中で口唇ヘルペスの原因となるのは単純ヘルペスウイルス1型です。
単純ヘルペスウイルスには2型もあり、それぞれの特徴は以下ようになります。

  • 1型・・・ウイルスが顔の三叉神経節に潜むので、主に顔や上半身、
    とくに口唇に症状がでます。角膜炎や歯肉口内炎、咽頭炎、ヘルペス脳炎などの原因にもなります。
  • 2型・・・ウイルスが腰の部分の腰・仙骨神経節に潜むので、
    下半身に発症し、主に性器ヘルペスの原因になります。

疲れたり、体調を崩すとすぐにヘルペスができてしまう方もいると思います。
こちらは状態に合わせて、量を調節するサプリです。

ヘルペスの兆候がない普段から飲み、予防したり
ヘルペスができそうな気がしたときに飲んだり、
ヘルペスができてしまってから、量を多めに飲み回復のお手伝いをしてくれます。

単純ヘルペスウイルスに初めて感染したときは、
体中に症状が出るのですが、再発した場合は、1型はおもに上半身
2型は下半身に限定されます。

単純ヘルペスウイルス1型・2型以外の種類としては、
水ぼうそうや帯状疱疹の原因となる水痘・帯状疱疹ウイルス
突発性発疹などを引き起こすヒトヘルペスウイルス6型と7型
カポジ肉腫が起こるヒトヘルペスウイルス8型などがあります。

意外に多い口唇ヘルペス

日本人では10人に1人が口唇ヘルペスになったことがあると推計されています。

しかし、症状は出ていなくても原因である単純ヘルペスウイルスに
感染しているという人はもっと多く、20代~30代で感染している人は約半数、
年齢が高くなるにつれその感染率も高くなり、
60代以上ではほとんどの人が感染しているというデータもあります。

よって、自分が感染していることに気づいていない人もいると思います。

昔は、子供のときに誰もが知らないうちに口唇ヘルペスに感染して免疫を持っていました。
単純ヘルペスウイルスに感染して免疫ができると、発症しても軽症ですみます。
逆に、大人になってから初めて感染してしまうと、症状が重症化する場合があるのです。

ここ最近では、衛生状態の改善や核家族化の影響によって、
特に若い人の感染率が減り、免疫を持っていない人も増えてきています。

口唇ヘルペスと間違えやすい病気は?

nayami

水ぶくれやかゆみなどの症状は他の感染症や皮膚疾患などでも起こりやすく、
口唇ヘルペスと間違えやすいので注意することが必要になってきます。

口唇ヘルペスと間違えやすい病気を紹介していきます。

口角炎

口角炎は、口角(唇の端)の皮膚または粘膜にただれやひび割れ、
潰瘍ができてしまい、口を開けたときに痛みます。

細菌の感染や常によだれが出ていたり唇をなめる習慣ビタミンの欠乏
鉄欠乏性貧血などが原因と言われています。

接触性皮膚炎

接触性皮膚炎は、かゆみを伴うかぶれや赤い斑点、小さな水ぶくれ、
腫れなどが特徴です。何らかの物質が皮膚に接触し、
それが刺激となってアレルギー反応が起こすのが原因です。

定薬疹

固定薬疹は、抗生物質や消炎鎮痛薬、総合感冒薬など
特定の薬剤を服用するたびにアレルギー反応が起こり、
同じ場所に水ぶくれや赤い斑点ができるのが特徴です。

何度も繰り返すと次第に色素沈着が起こり、黒っぽいアザのようになってしまいます。

手足口病

手足口病は、乳幼児や子供によく見られる急性のウイルス感染症で、
口の中や手の平、足の裏などに2~3mmの水ぶくれや発疹が出ることが特徴です。
発熱(38℃以下)やのどの痛み食欲低下を伴うこともあり、
ほとんどの場合約1週間ぐらいで自然に回復します。

とびひ(伝染性膿痂疹)

とびひは乳幼児に多い黄色ブドウ球菌やレンサ球菌による皮膚感染症で、
水ぶくれや強いかゆみを伴うことが特徴です。
虫さされや湿疹をひっかいた傷の二次感染で起こることが多いです。

尋常性天疱瘡

尋常性天疱瘡は、いきなり口唇や口腔内の粘膜に大小の水ぶくれができ、
すぐに破れてただれて痛みを伴うことが特徴です。
ただれは治りにくく全身の皮膚に広がっていき、
自己免疫疾患の1つで中高年の方に多く見られます。

カンジダ症

カンジタ症は、口の中や消化管に生育する真菌(カンジダ)による感染症です。
口や膣の粘膜、性器と肛門周辺などに強いかゆみや痛み、灼熱感が起こることが特徴です。

免疫力が弱っているときに起こりやすく、
性行為によって感染する場合もあります。

梅毒(扁平コンジローマ)

梅毒じは、皮膚の傷や粘膜に梅毒トレポネーマという細菌が感染して発症する性感染症です。
初期症状としては痛みのないただれが性器や口に出ることが特徴です。

3ヵ月経つと陰部などにただれを伴う扁平隆起病変が多発して
リンパ節に広がり、全身にはしかのような発疹が出ます。

まとめ

最後になりますが、唇に水ぶくれができたりかゆいときは口唇ヘルペスはもちろん、
何か他の病気の恐れもあるので、それぞれの特徴を理解して間違わないようにしましょう。

そして、それぞれの病気にあった対処をきちんと行うようにしましょう。