いきなりお腹が痛くなり、トイレに走ると出られないほどひどい下痢に襲われる、
そんな恐ろしい急性胃腸炎。誰でも一度くらいは経験があるのではないでしょうか。

そんな急性胃腸炎ですが、実はその後に発症してしまう場合のある
蕁麻疹も急性胃腸炎と無関係ではありません。

<Sponsored Link>

急性胃腸炎の原因と症状

2015-08-01b

急性胃腸炎はウイルスや細菌による感染症で、
下痢や嘔吐を引き起こす病気です。

症状が重くなると脱水症状を引き起こし、入院が必要になってきます。
発熱や頭痛を引き起こす場合もあり、感染後1~2日くらいで発症します。

原因となるのはサルモネラ菌
カンピロバクターノロウイルスやロタウイルスです。

他にも風邪などを含めても胃腸炎を引き起こす原因が存在しています。
ロタウイルスは下痢便が白く水のようになるのが特徴です。

体内に入ってしまったウイルスを
体外へ排出してしまえば、症状は治まってきます。

急性胃腸炎の原因は主に細菌やウイルスといわれていますが、
中にはストレスによるものも原因となっている場合があります。

ストレス性過敏性腸症候群とも言われています。
ストレスにより自律神経のバランスが崩れてしまうために起こってしまうのです。

こうした急性胃腸炎にかかってしまうと、腹痛や下痢、
頭痛や嘔吐以外にも蕁麻疹の症状が現れる場合もあります。

急性胃腸炎にかかると蕁麻疹が出てしまう理由とは

急性胃腸炎の症状の中に、蕁麻疹が出るという場合があります。
もちろん症状には個人差がありますので、蕁麻疹が発症しない人もいます。

蕁麻疹の症状が出てしまう人は、
どうしてこのようなことが起こってしまうのでしょうか。

それは胃腸炎と関係があります。
蕁麻疹の要因には皮膚に触れたものから、
食事などによって体の中に取り込んだものから起こる場合と様々な要因が考えられます。

普段食べても蕁麻疹が起こらないような食べ物でも、
胃腸炎を発症した後に蕁麻疹が起こりやすいのです。

胃腸が急性胃腸炎で弱っているところに、
消化の悪いものや刺激の強いものを入れてしまうと
蕁麻疹が発症してしまう場合があるのです。

急性胃腸炎にかかった後の胃腸は、
思っているよりもいつもの胃腸より弱っているのです。

ですからカフェインやスパイスなどの刺激物を避け、
しばらくは胃腸を休ませるためにも消化の良いものを摂取するように努めましょう。

急性胃腸炎を予防するためには

急性胃腸炎にかかるとそれに効く薬などは存在しません。
なぜならば体の中に入ってしまったウイルスを外へ排出しなければ症状がおさまらないからです。

ですから下痢止めや吐き気止めなどで止めてしまわずに、
安静にしていることが一番の薬になるといえます。

しかし、かかってしまうと下痢や吐き気、頭痛、嘔吐、蕁麻疹など、
さまざまな症状に悩まされてしまいます。

辛い思いをしないように、急性胃腸炎にかからないように予防することが大切になります。

外から帰って来たらまずは石鹸でしっかりと手を洗い、うがいもしましょう。
ただの水でもいいですが、殺菌効果のあるうがい薬を使用すると、より効果的です。

細菌が繁殖しやすい夏場の食べ物は要注意です。

しっかりと火を通してから食べるようにしましょう。
作り置きは菌が繁殖する危険性がありますので注意して下さい。

急性胃腸炎の原因にはストレスもありますので、
常にストレスをためないように解消するすべを考えておくことも大切になります。

急性胃腸炎にかからないために

2015-08-01c

急性胃腸炎は下痢や嘔吐、腹痛や頭痛などの症状の他に、
蕁麻疹も発症する場合があります。

胃腸が弱っている時は普段でない症状も発症してしまう場合があります。
特に急性胃腸炎で胃腸が弱っている時に、
スパイスの効いたものやカフェインを摂ってしまうと
刺激のために蕁麻疹を発症することがありますので注意して下さい。

急性胃腸炎には特効薬が存在しません。
体内に入ってしまったウイルスを体外へ排出しなければ治癒しないからです。

ですから急性胃腸炎にかからないように、普段から手洗いやうがい、
細菌が繁殖しないように食べ物に注意し、
ストレスを感じないように生活することが大切になります。