なんだか目がかすむ・・・ぼやける・・・頭痛もする・・・
こんな場合は「眼精疲労」という病気の可能性があるようです。

目がかすむやぼやける、さらに頭痛もする眼精疲労を放置しておくと、
他の重い病気にかかる恐れもあるそうです・・・

ここでは眼精疲労とはどんな病気なのかや症状、
そして眼精疲労の治療・対策について詳しく紹介していきます!

<Sponsored Link>

目がかすむやぼやける、頭痛を引き起こす眼精疲労とは?

SONY DSC

眼精疲労は、目がかすむやぼやけるなどの症状があらわれ、
目に疲れがたまることによって頭痛、首や肩のこり、
微熱など全身にいろいろな症状を引き起こしてしまうものです。

目に疲れがたまる原因はいろいろとあるのですが、症状には以下のようなものがあります。

調節機能の低下

目の筋肉の疲労が原因で、焦点を合わせるのに必要な調節機能が低下してしまい、
ものを見ようとしても、かすんだりぼやけたりします。

筋肉の働きの異常

眼球を動かす筋肉に疲労がたまってしまい、眼球を正しい位置に動かすことが
できなくなってしまい、近くのものが見づらくなったり、ものがダブってみえます。

神経性の疲労

目を使いすぎると、目の筋肉だけではなく目の神経に疲労がたまってしまいます。
ここ最近はパソコンを使っている方に眼精疲労が増えていて、
これは長時間ディスプレイの光と色の刺激を目の神経が受け続けてしまうことで起こるからです。

他の病気の影響

結膜炎やものもらい、白内障、緑内障などの目の病気が原因で
目にかかる負担が増えることで疲労し、この場合は原因となる病気を
きちんと治療しなければ解消されません。

眼精疲労の症状とは?

眼精疲労による目の症状

  • 光がまぶしく感じるなど目がチカチカする
  • 小さな文字がかすんで見えるなど目がかすむ、ぼやける
  • 目の奥を押されるような痛みを感じる
  • 目のかゆみや乾き、ゴロゴロするなどドライアイの症状
  • 目の充血
  • まぶたがピクピクと痙攣する

眼精疲労による全身の症状

  • 頭痛や頭が重い
  • 肩こりがひどい
  • 微熱
  • 吐き気
  • イライラする
  • 集中力や持続力が低下する
  • 体全身がだるい
  • 食欲がなくなる
  • 不眠

以上のように眼精疲労による症状は、目だけではなく全身にいろいろなかたちであらわれます。
特に頭痛やひどい肩こりは眼精疲労の方に共通する症状なので、
いつもと違う頭痛やひどい肩こりが長い間続くようであれば、
一度眼精疲労を疑うようにしましょう。

眼精疲労をそのまま放置すると・・・

眼精疲労をそのまま放置すると、特に胃に関連する病気や精神的な
異常や神経症などの重い病気にかかる恐れがあります。
眼精疲労の症状が目だけではなく体全身にあらわれるということは、
重症化していることになるので、非常に危険な状態なのです。

精神的なストレスなどもその1つなのですが、中には
目と直接関係がないように見えるものもあるので、
まさか眼精疲労が原因だとは思わずに違う対策をしてしまうこともよくあるようです。

ですから、眼精疲労は全てに関係があるものとして意識しておくことが重要になります。

眼精疲労はどんな治療・対策をすればよいの?

o0432028811846818431

そのまま放置していると重い病気にかかる恐れもある眼精疲労の治療・対策を紹介します。

目の病気の有無を検査

まずは病院へ行きドライアイや緑内障、白内障などの病気の場合は
きちんと治療するようにしましょう。

眼精疲労の原因が特定できない場合でも、細胞の新陳代謝を助ける
ビタミン製の目薬で症状が改善することもあります。

メガネやコンタクトレンズをチェック

今使っているメガネやコンタクトレンズが自分の目に合っているかどうかを調べましょう。
老眼の場合、近視用メガネ、遠近両用メガネなどを
状況に合わせて使い分けると眼精疲労が改善する場合があります。

環境を改善

パソコンで作業するときは照明の明るさに気を付けたり、
窓からの光が画面に反射しないようカーテンやブラインドで
光を調整するようにしましょう。

それから、パソコンの画面は少し上から見下ろすようにして、
目からキーボードや資料の距離は画面と同じ距離になるようにすることをおススメします。

また、エアコンの風が直接目に当たってしまうドライアイを起こしやすくなるので注意するようにしましょう。

眼精疲労を対策として、パソコンで作業するときは1時間ごとに
5~10分間の休憩を入れるようにしましょう。
そして、画面を集中して見ているとまばたきの回数がどうしても減ってしまうので、
意識してまばたきの回数が減らないようにすることも大切です。

温冷リフレッシュ

疲れた目のまわりを濡れタオルで温めたり冷やしたりしてリフレッシュしましょう。
血行が良くなることで、目の疲れを和らげてくれます。

蒸気のアイマスクは目を休めるだけでなく
リラックス効果も高く、10秒で寝れる!とケンドーコバヤシさんが大絶賛していました。

また、趣味やスポーツなどでストレスを発散してリフレッシュするように心がけましょう。

まとめ

最後になりますが、目がかすむやぼやける、頭痛もする場合は眼精疲労の可能性があるので気を付けましょう。

眼精疲労をそのまま放置していると重い病気にかかる恐れもあるので、
ここで紹介した眼精疲労の治療・対策を参考していただき早めに改善するようにしましょう。