激しいかゆみを伴う水疱瘡は、ついついかきむしってしまいたくなるもの・・・

水疱瘡に感染してしまい初期症状で子供がかゆみを伴っている場合、
いったいどのように対処すればいいのでしょうか。

今回は水疱瘡とはいったいどんな病気なのかと
その感染原因や潜伏期間、初期症状にかゆみなどのの対処法について紹介していきます!

<Sponsored Link>

水疱瘡とは、いったいどんな病気? 

水疱瘡は、水疱瘡ウイルスに感染して発症し、
全身にかゆみを伴う発疹発熱が特徴の病気です。

水疱瘡ウイルスに感染しない子供はほとんどいないといわれるぐらい、
子供にはよく見られる病気なのです。

一般的に子供の頃にかかると軽症で、
乳児期の場合はそんなに気にしなくていいのですが、
とても強いかゆみを伴うので赤ちゃんにとってはつらい病気だといえます。

水疱瘡は、10歳ぐらいまでの子供によく見られる病気なのですが、
実は最もかかりやすいのは1~4歳の子供なのです。

生まれて間もない赤ちゃんは、
母親からもらった免疫があるのでかからないのですが、
ごくまれに生後1ヶ月過ぎの赤ちゃんでも感染してしまうことがあります。

小さい頃に感染した場合は、あまり高熱が出ることもなく、
発疹も少ないのですが、年を重ねるにつれて、
高熱が出やすく発疹も多くなる傾向にあるようです。

ですから、子供の頃に感染せず大人になってから感染してしまうと
症状はとても辛く発疹のが肌に残ることもあるようです。

また、妊娠中に水疱瘡ウイルスに感染してしまうと、
胎児に悪い影響を与えてしまうことがあるので、
まだ感染したことのない妊婦さんは、
もし水疱瘡の人に接触した場合はすぐ産婦人科へ行って相談するようにしましょう。

水疱瘡で子供の感染原因と潜伏期間と初期症状とは?

241af0170007937l

水疱瘡の感染原因としては、
水疱瘡の子供の咳やくしゃみでウイルスが広がる飛沫感染
つぶれた水ぶくれから出た液を通して接触感染があります

水疱瘡ウイルスの感染力は非常に強く、家庭内で1人が感染すると、
90%以上の確立でまわりのひとにうつるといわれており、
保育園などでは集団発生がよく起こります。

感染から発症までの潜伏期間は2~3週間ぐらいで、
発疹の出る1~2日前からすべての発疹がかさぶたになるまでの間、
とても強力な感染力があるのです。
初期症状としては、主に全身のかゆみを伴う発疹発熱です。

かゆみを伴う発疹
初めは虫さされみたいな小さく赤い発疹背中やお腹に2~3個でき、
時間が経つにつれて顔や頭部、腕、足などにできてきて、半日ぐらいで全身へと広がります。

また、口の中の粘膜やまぶた、結膜にもできることもあります。
最初の発疹から3~4日の間は、次々に新しい発疹ができ、
水を含んだ水ぶくれに変わっていきます。

そして、3~4日後には水ぶくれは自然に乾いてかさぶたになります。
発疹は水ぶくれ→かさぶたになるので、
発疹が出始めてから2~3日の間は皮膚に赤い発疹、水ぶくれ、かさぶたがある状態になります。

発疹がかゆみを伴うのは水ぶくれのときまでで、
かさぶたになると自然とかゆみはおさまってきます。

全てのかさぶたが自然にはがれ落ちるまでは、
だいたい3週間ぐらいかかります。

かさぶたの後が白く残ることもあるようなのですが、
時間が経つにつれて自然ときれいになっていくので気にしなくて大丈夫です。

ですが、かきむしったりしてしまうと
化膿してかさぶたの後が残ってしまうことがあるので、
絶対にかきむしらないようにしましょう。

発熱
水疱瘡に感染してしまうと、
かゆみを伴う発疹が出るのにあわせて、が出ます。

10歳くらいまでの子供は37~38度台の熱が3~4日ぐらい続き、
発疹の数が多いと39度を超える熱が1週間ぐらい続くこともあるようです。

この熱は新しい発疹が出なくなるころから少しずつ下がってきます。

水疱瘡の初期症状で子供のかゆみなどの対処法

かゆみ
水疱瘡の水ぶくれをつぶしてしまうと、
化膿して痕が残ることがあるので、
処方されたでちゃんとかゆみを抑えるようにしましょう。

外用薬(塗り薬)を塗るときは、
水ぶくれをつぶさないように気を付けながら1つずつ優しく丁寧に塗るようにしましょう。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

つぶれた水ぶくれから出た液が手などに付くと
二次感染を引き起こす恐れがあるので、
綿棒などを使って薬を塗ることをおススメします。

綿棒のお探しはこちら

薬を塗った後は、きちんと石鹸などで手を洗うようにしましょう。

そして、水ぶくれを自分でつぶさないように、
子供のは短く切ってあげましょう。
もし嫌がらないようであれば、手袋をはめておいてあげるのも良い方法だと思います。

また子供の手に液が付いてしまうとさらに感染が広がる恐れがあるので、
こまめに手を洗うようにしてあげましょう。

発熱
水疱瘡の感染による発熱はそれほど高くなく、
熱が出たとしても元気な場合が多いようです。

しかしながら、熱の出ている時は新しい発疹が出てくる時期なので、
できるだけ安静にし、体力を落とさないように気をつけてあげましょう。

そして、「こまめに水分補給をして、脱水症状を予防する」、
「体内に熱がこもらないように注意する」などして、
きちんと発熱時のケアをしてあげるようにしましょう。

食事
食欲があれば基本的に何を食べて大丈夫なのですが、
発疹があって口の中が痛むような場合は、
ヨーグルトやゼリー、うどんなど飲み込みやすい物にしてあげましょう。

清潔に保つ
清潔に保つといっても、
水ぶくれがかさぶたになるまでの間は、お風呂は控えるようにしましょう。

ただし、お尻にできた水ぶくれはつぶれてもかさぶたになりにくく、
不潔になりやすいのでお尻だけはきれいに洗い流すようにしてあげましょう。

また、水ぶくれがつぶれると服や寝具が汚れてしまいます。
下着やパジャマはこまめに着替えるようにし、
寝具のシーツや枕カバーも普段よりこまめに交換するようにしましょう。
洗濯はいつも通りして問題ないのですが、気になるようであれば別々に洗うようにしましょう。

まわりへの感染
水ぶくれがある間は、とても強力な感染力を持っています。
水ぶくれが全てかさぶたになるまでは登園外出は控えるようにましょう。
(幼稚園や学校などは水ぶくれが全部かさぶたになるまでは出席停止です)

つぶれた水ぶくれからもまわりの人にうつる恐れがあるので、
きちんとこまめに手を洗うようにしましょう。

合併症
「水ぶくれが化膿してきた」や「4~5日たってもかさぶたにならない」
というときは再度病院へ行くようにしましょう。

また、「熱が下がらない」や「けいれんしている」などのときは、
合併症を引き起こしている恐れがあるので、
早急に病院へ行って診察してもらいましょう。