水疱瘡の初期症状は大人になってからの場合、
重症化しやすいとはいったいどのようなことなのでしょうか?

<Sponsored Link>

水疱瘡(みずぼうそう)とは、
2歳~10歳ぐらいの子供が最も感染しやすいウィルス性の病気で、
感染すると発熱とかゆみを伴う発疹全身に出るのが特徴です。

生命に関わるほどの病気ではないのですが、
非常に感染力が強く、もし家庭内で感染してしまうと
90%以上の確率でまわりにも感染すると言われています。

水疱瘡の潜伏期間は約2週間で、半日ぐらいかけて発疹が全身に出てきます。

水ぶくれの発疹は初め虫に刺されたような赤く小さな発疹なのですが、
1日ぐらいで膿を含んだ水ぶくれに変わっていきます。

この状態が最もかゆみを伴う時期で、
子供がかゆくてかきむしらないように気をつけてあげましょう。

3~4日ぐらい経てば水ぶくれは乾いてかさぶたになり、
自然とかゆみもおさまっていきます。

3週間も経てばかさぶたもはがれて、
数か月で跡もキレイに無くなるので心配しなくていいのですが、
かきむしったりして膿んでしまうと、跡が消えないこともあるので気を付けましょう。

水疱瘡の発熱は普通37~38度ぐらいなのですが、
発疹が異常に多いときは、39度ぐらいの熱が続く場合もあるようです。

小さい子供の頃に感染すると免疫ができるので、
後に発症することはないのですが、
大人になって抵抗力が落ちた時体内の免疫が活性化して
まれに感染してしまうこともあるのです。

水疱瘡は大人になってから感染した場合、
重症化する恐れがあるので要注意なのです。

予防方法としてはワクチンが効果的で、
ほとんどの人は子供の頃に予防接種を受けるのですが、
感染力がとても強いので学校などで発症すると集団感染してしまうのです。

ですから、体力の弱い子供や妊婦がいる家庭では、
いつも以上に気をつけないといけないのです。

水疱瘡に大人が感染してしまうと・・・

水疱瘡(みずぼうそう)は、正式には「水痘(すいとう)」と言われ、
ウイルス感染症の1つなのです 。

体のだるさ発熱に加えて、
強いかゆみを伴う水ぶくれ状の発疹(水疱)が体中にできる病気です。

非常に感染力が強く、接触感染だけでなく
空気感染でも簡単に感染してしまうため、
集団の中で感染した人がいると一気に感染が広がってしまうこともあります。

水疱瘡は季節的に12~7月頃が多く、
その他の期間では比較的少ないようです。
主に幼児が感染する病気で、感染者は1~2歳の赤ちゃんが最もが多いといわれます。

こんな水疱瘡は
「1度かかると2度とかからない」と思われているのですが、
体内にウイルスは残っているので、
大人になってからは「帯状疱疹」という違う病気になる恐れがあるのです。

また、体内の抗体がなくなった場合にも再発症することが多く、
大人になってからまた感染してしまうこともあるのです。

つまり、子供のときに一度感染したからといっても
免疫が切れていることがあるので、注意しなくてはいけないのです。

ただ水疱瘡は感染力が非常に強いので子供が学校などでもらってきたり
電車など公共の場で感染してしまうことがあるのです。

さらに、もし感染したとしても
健康な子供であれば軽症ですむことが多いのですが、
大人になってからの場合は重症化することが多く、
危険度は赤ちゃんや子どもの数倍ともいわれています。

したがって、即入院して隔離される場合もあるのです。

大人の水疱瘡の原因と初期症状

水疱瘡の原因は、ヘルペスウイルス科の
水痘・帯状疱疹ウイルス初感染と言われています。

感染経路としては、接触感染もあるのですが、
「すれ違っただけでもうつる」と言われるくらい感染力が強く、
唾液が飛ぶなどの飛沫感染だけでなく、空気感染でも感染しまうこともあるのです。

水疱瘡の潜伏期間は約2週間ぐらいで、
感染してから10~21日後に初期症状としてだるさや発熱、
食欲の低下、軽い頭痛などが起こります。

そして、お腹背中を中心に小さな発疹が次々に増えていき、
3~5日間ぐらいかけて頭の皮膚や口の中、まぶたの裏側など体中に広がります。

発疹は赤くポツポツとした小さなものが
24時間以内に水を含んだ水ぶくれになり、
真ん中から乾いて黒いかさぶたへと変わっていきます。

発疹が出るのは発症してから3日目ごろがピークで、
全てがかさぶたになったときに完治したとされ、普通は1週間ぐらいで完治します。

水ぶくれがある間はまわりに感染するので、
全ての発疹がかさぶたになるまではできるだけ外出は控えるようにしましょう。

このかさぶたは少しずつはがれていき、
はじめは白い痕が肌に残ってしまうのですが、
時間が経てばきれいに消えてしまうので心配することはないでしょう。

ただし、かさぶたを無理矢理はがしたり、
水ぶくれをつぶしたりすると痕が残ってしまうことがあるので気を付けましょう。

もし、どうしても気になってしまったり無意識に触ってしまうようであれば
ガーゼで患部を保護してあげましょう。

こちらのガーゼは傷口にくっつかない素材をしようしていますので
剥がす時の痛みや皮膚が向けてしまう心配もありません。

大人の水疱瘡が子供の水疱瘡より重症化してしまうのは、
子供に比べて顔や体への発疹の状態がひどかったり、
高熱が続いて脱水症状を起こしたりするからなのです。

さらに、発疹のかゆみや痛みが強く、の中にまで発疹ができてしまい
食べれなくなることや声帯と上気道に出きた発疹が、
呼吸困難を引き起こす恐れがあるからなのです。

ですから、たんに水疱瘡だと軽く考えず、発症したらすぐに病院に連絡して
(伝染病なので直接行くと他の患者さんの迷惑となる場合がある)
早急に治療してもらうようにしましょう。ぜひ参考にしてください!